皇居の四囲を護る〝守護者〟となった銅像たち「ニッポン銅像探訪記 第4回:皇居周辺」
2017年3月17日 更新

皇居の四囲を護る〝守護者〟となった銅像たち「ニッポン銅像探訪記 第4回:皇居周辺」

連載第4回目は東京の中心地・皇居周辺の銅像を紹介。歴史好きの皆様でしたら、天皇が住まう皇居は、江戸時代まで幕府が置かれた江戸城だったことは説明不要でしょう。維新後、天皇の住まいとなった皇居の周囲には、皇室とゆかりが深い歴史人物や、維新に功績があった軍人の銅像が多く築かれました。天皇家および日本の〝守護者〟となった像を訪ねてみましょう。

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

【楠木正成像】学校総出、10年がかりゆえのクオリティ

尊王の士であり、戦前は英雄視されていた楠木正成像。銅像...

尊王の士であり、戦前は英雄視されていた楠木正成像。銅像の人気投票をすれば、かなり上位にランクインするはず。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
まずは皇居の西側、皇居前広場に立つ楠木正成像。すぐそばに東京観光のマストスポットといえる二重橋があることもあり、正成像前はいつも国内外の観光客の記念撮影でにぎわっています。騎馬武者の勇壮な姿と、兜の影によって素顔がよく見えないそのミステリアスな雰囲気は、外国人にとっても「ohh!ワンダフル!!」となるのでしょう。

 楠木正成は鎌倉時代末期、幕府打倒の狼煙を上げた後醍醐天皇に味方し、建武の新政を支えた武士です。建武の新政が失敗に終わり多くの武士が後醍醐天皇に見切りをつける中、正成は最期まで天皇のために戦ったことから、皇室を守った忠臣として戦前は非常に高い人気を誇りました。銅像の制作者は明治を代表する彫刻家であり仏師である高村光雲。銅像造りは光雲が教授を務めた美術学校の専門家や生徒らも関わり、10年がかりで完成しました。それを聞くと、この銅像のクオリティの高さも納得です。
甲冑のディテールから服装のシワ、馬のたてがみまでじつに...

甲冑のディテールから服装のシワ、馬のたてがみまでじつにリアル。甲冑であれば甲冑の専門家、日本刀であれば日本刀の専門家が制作に参画した。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

【和気清麻呂像】皇居の鬼門はワシが守る!

道鏡の魔手から皇室を救ったとされる和気清麻呂。古風な衣...

道鏡の魔手から皇室を救ったとされる和気清麻呂。古風な衣冠に帯剣姿。楠木正成とともに「文武の二忠臣」と称されることもある。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
 楠木正成像を見たら、内堀通りを北へ。途中、大手門から入って江戸城散策をしたくなりますが、グッとこらえて大手濠沿いを進んでください。しばらく行くと、気象庁前の信号機の広場に、古風な服装の人物像が見えてくるでしょう。和気清麻呂(わけのきよまろ)像です。
内堀通りから見える桜田巽櫓(手前)と富士見櫓(奥)。江...

内堀通りから見える桜田巽櫓(手前)と富士見櫓(奥)。江戸城屈指の撮影ポイント。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
「和気清麻呂って誰?」という人も多いことでしょう。奈良時代後期、女帝であった孝謙天皇に寵愛されていた僧呂・道鏡が、皇位を奪おうとした事件が勃発しました(この事件については異説も多く、ここに書くと怒られてしまうトンデモ説もあったりするので、興味がある人は調べてみてください)。このとき、道鏡の野望を阻止して、続いて平安京への遷都を進言したのが和気清麻呂です。明治維新後は、楠木正成と同様に天皇家に尽くした人物として再評価され、全国の小学校に清麻呂像が立てられたといいます。

 気象庁前に立つこの銅像は、皇紀2600年(神武天皇の即位を元年とする)を記念して1940(昭和15)年に建立されました。設置された場所は、皇居の北東、つまり鬼門の位置にあたります。鬼門は忌むべき方向とされ、悪いことを絶つための鬼門除けとして、皇室を守り抜いた和気清麻呂が選ばれたのでした。銅像が立つ広場の内堀が内側に凹み、角が欠けているのも鬼門除けによるもの。ちなみに、この清麻呂像から北東の方角にある上野には、皇居(江戸城)の鬼門除けとして寛永寺と西郷隆盛像があります。江戸・東京が風水によって成り立っていることを感じることができるスポットです。
和気清麻呂像が立つ広場は、江戸城の鬼門除けである内堀の...

和気清麻呂像が立つ広場は、江戸城の鬼門除けである内堀の欠け(凹み)部分にあたる。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

【大村益次郎像】注釈はつきますが、いちおう日本初です

次は靖国神社を目指しましょう。全体に登りの行程となりますが、途中でへこたれないように。国立近代美術館工芸館の裏手には北白川宮能久親王像(明治の軍人で台湾出征で陣没)、北の丸公園には吉田茂像(総理大臣として戦後日本を牽引)が立ちます。また、九段坂公園にある大山巌像(日露戦争の陸軍総司令官)や品川弥二郎像(吉田松陰の弟子で明治政府高官)も是非鑑賞したいところ。
国立近代美術館工芸館に立つ北白川宮能久親王像。かつては...

国立近代美術館工芸館に立つ北白川宮能久親王像。かつては、この地にあった近衛師団司令部の正門を飾っていたが、1961年に建物の脇に移築された。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
北の丸公園の芝生にたたずむ吉田茂像。

北の丸公園の芝生にたたずむ吉田茂像。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
騎馬像である大山巌像。

騎馬像である大山巌像。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

かみゆ歴史編集部は「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。最近の編集制作物に『鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台』(学研プラス)、『開運・日本の神社と御朱印』(英和出版社)、『日本の山城100名城』(洋泉社)など。代表の滝沢は講演や講座、メディア出演も行う。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!
リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

坂本龍馬の銅像を追いかけて早くも3回目。さすがにしつこいという声が聞こえてきそうなので、今回で龍馬巡りは一区切り。1回目の土佐編、2回目の京都編に続き、第3回は北は北海道から南は鹿児島まで、全国に点在する龍馬像を紹介します。
建立から118年!なぜ上野にあるの?意外と知らない西郷隆盛像の制作秘話

建立から118年!なぜ上野にあるの?意外と知らない西郷隆盛像の制作秘話

浴衣姿で犬を連れ、凛々しい眼差しを注ぐ。全国的に有名な上野の「西郷隆盛像」は、明治31(1898)年12月18日に除幕式が行われました。今ではすっかり上野の顔になっている西郷隆盛像ですが、なぜ上野にあるのか?連れている犬は何なのか、ご存知ですか?
没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

現在、龍馬の没後150年ということで特別展覧会が全国各地で開かれています。(東京は2017年4月から江戸東京博物館にて開催)いつになっても龍馬は私たちを惹きつけてやみません。幕末、龍馬の活動場所は全国に及び、もちろん東京にもゆかりの地が各所にあるのです。今回は龍馬ゆかりの地・東京編をご紹介します。
セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

日本全国に約160,000基ある古墳。その数は神社の2倍、コンビニの3倍とも言われています。そんな身近にある古墳ですが、なんと1500年くらい前につくられたもの。長い年月を経て、雨水などの自然によるものや人の手による整地などで少しずつ姿を変えてはいるものの、それだけ多くの古墳が現代にも残っているなんて驚きですね。こちらでは、そんな古墳の世界をご紹介いたします。まずはそのつくりとカタチから!
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook