こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催
2018年5月22日 更新

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸中の「悪」が集結!

 (19806)

歴史上の人物はもちろん、ドラマや映画、小説などでも主人公を凌ぐほどの魅力を放つ悪役たち。
江戸時代では、世間を騒がせた大盗賊が捕まると、市中引き回しになる姿を一目見ようと街道は群衆で埋め尽くされたとか。
また「忠臣蔵」で知られる赤穂事件などの大事件はすぐに芝居になり、吉良上野介は稀代の悪人としてのイメージを定着させました。
そんな今も昔も変わらない、抗いがたい「悪」の魅力を浮世絵で探る展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が開催されます。
月岡芳年「東錦浮世稿談 神田伯勇 幡随院長兵衛」

月岡芳年「東錦浮世稿談 神田伯勇 幡随院長兵衛」

個人蔵
展示:後期

民衆にとっては英雄だった?侠客の元祖・幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)。
via 写真提供:太田記念美術館
2015年に開催され、好評を博した同名の展覧会がさらにパワーアップ。
鼠小僧次郎吉などの盗賊、幡随院長兵衛などの侠客、悪女に悪の妖術使いに至るまで、江戸の「悪い人」たちが大集合。
今回は特に江戸時代に人気を博した悪人を5人、紹介します。

1:大盗賊といえばこの人!石川五右衛門

歌川国芳「木下曽我恵砂路」個人蔵 展示:後期

歌川国芳「木下曽我恵砂路」個人蔵 展示:後期

via 写真提供:太田記念美術館
安土桃山時代の大盗賊・石川五右衛門。
その出自は謎に包まれており、伊賀忍者の抜け忍という説もあります。
権力者やお金持ちばかりを狙っていたため、民衆にとっては英雄的存在でもありました。
最期は捕らえられ、市中引き回しのうえ釜茹でにされるのですが、盗賊としての処刑ではなく、豊臣秀吉の暗殺を企てた罪で処刑されたという説も・・・真相はいかに?

2:親切心が仇に?女盗賊・鬼神のお松

月岡芳年「新撰東錦絵 鬼神於松四郎三郎を害す図」太田記...

月岡芳年「新撰東錦絵 鬼神於松四郎三郎を害す図」太田記念美術館蔵 展示:後期

via 写真提供:太田記念美術館
石川五右衛門、自来也と並び、「日本三大盗賊」として描かれる女盗賊。資料があまりないため、架空の人物ともされています。
この浮世絵はお松の正体を知らない旅の武士・四郎三郎が、彼女を背負って川を渡ろうとしている場面。
当のお松は短剣を振りかざし、四郎三郎に切りかかっています。せっかく親切にしたのに・・・合掌。

3:極悪非道の悪医者・村井長庵

月岡芳年「長庵札ノ辻ニテ弟ヲ殺害之図」太田記念美術館蔵...

月岡芳年「長庵札ノ辻ニテ弟ヲ殺害之図」太田記念美術館蔵 展示:前期

via 写真提供:太田記念美術館
実録本『大岡仁政録』に登場する悪徳医師。
実弟を殺し、その妻を友人に殺させ、娘ふたりを吉原に売るという、極悪非道のオンパレード。最後は名奉行大岡越前守忠相に裁かれます。
この浮世絵は村井長庵が弟を惨殺した場面。立体感あふれる構図がキマっています。

4:筋金入りのストーカー・清玄

41 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。
天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は三菱財閥の2代目・岩﨑彌之助とその息子・小彌太の集めた美術品を所蔵する静嘉堂文庫美術館です。江戸をはじめとする日本や東洋の貴重な美術品のなかでも国宝「曜変天目」の所蔵で知られる美術館の魅力をお届けします。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。