ゴールデンカムイ、永遠のニシパ…阿寒湖アイヌコタンで話題のアイヌ文化を体験しよう
2018年12月3日 更新

ゴールデンカムイ、永遠のニシパ…阿寒湖アイヌコタンで話題のアイヌ文化を体験しよう

北海道の東、マリモの生息でも有名な阿寒湖にある「阿寒湖アイヌコタン」は、アイヌの歴史や文化を体感できる観光地として人気を集めています。近年では漫画『ゴールデンカムイ』や、嵐の松本潤さん主演のドラマ『永遠のニシパ』など、アイヌをテーマにした作品も続々登場。そんなアイヌ文化の魅力を体験できる阿寒湖アイヌコタンをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

阿寒湖アイヌコタンでアイヌ文化に触れよう

コタンの守り神である「コタンコロカムイ」(シマフクロウ)

コタンの守り神である「コタンコロカムイ」(シマフクロウ)

via 撮影:ユカリノ編集部
北海道の先住民族であるアイヌ。「アイヌ」とは“人間”、「コタン」とはアイヌの“集落”を意味しています。

北海道で一番大きなアイヌコタンである「阿寒湖アイヌコタン」には、民芸品やアイヌ料理が楽しめるお店などが20店ほど軒を連ねています。施設ではアイヌの伝統舞踊が見られるほか、体験イベントも開催。様々なかたちでアイヌ文化に触れることができるスポットです。

アイヌの生活や文化を知る!アイヌ生活記念館

撮影:ユカリノ編集部 (26250)

via 撮影:ユカリノ編集部
昔のアイヌの民家を再現したアイヌ生活記念館「ポンチセ(小さい家)」では、アイヌ民族の生活用具や衣服、装飾品などが展示されています。
『ゴールデンカムイ』好きなら「見たことある!」というものがたくさんありますよ。
樹皮の繊維を織って作ったアイヌの民族衣装「アットゥシ」...

樹皮の繊維を織って作ったアイヌの民族衣装「アットゥシ」と、カラフト・アイヌの伝統弦楽器「トンコリ」

袖や裾など開口部には、「アイヌ文様」と呼ばれる魔除けの意味を持つ文様が施されています。なかには1着100万円以上するものもあるのだとか!
「トンコリ」は『ゴールデンカムイ』で谷垣が演奏していましたね。同じく作品のなかでオソマが一緒に演奏していた口琴「ムックリ」も展示されています。
via 撮影:ユカリノ編集部
客に食べ物を乗せて出す「メノコイタ」

客に食べ物を乗せて出す「メノコイタ」

via 撮影:ユカリノ編集部
記念写真が撮れるポンチセもあります。

記念写真が撮れるポンチセもあります。

via 撮影:ユカリノ編集部

アイヌ古式舞踊が見られる阿寒湖アイヌシアター『イコロ』

「イコロ」とは“宝物”を意味する。

「イコロ」とは“宝物”を意味する。

via 撮影:ユカリノ編集部
阿寒湖アイヌシアター『イコロ』では、アイヌ古式舞踊や人形劇、イオマンテの火まつりなどの伝統芸能が見られます。

アイヌ古式舞踊は国の重要無形民俗文化財に指定、ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。
カムイ(神々)や祖先、自然に対しての敬意や感謝が表された踊りの数々、その種類は実に多彩!
作業しながら歌うものや、道具を投げ合ったりして遊ぶもの、なかには長い髪の女性たちが上半身を前後に折りたたみながら歌う心臓破りの踊りも・・・!
ちなみに、大勢で踊る際は観客も駆り出されるのでご覚悟ください(笑)

特に、民族衣装をハタハタさせながら歌い踊る「鶴の舞(サロルンリムセ)」は、この釧路地方に伝わる古式舞踊を代表するもの。『ゴールデンカムイ』でも主人公のアシリパさんが踊っていたので、読者ならピンとくるはず!とても可愛い踊りなので、漫画でしか知らない方はぜひ実際にご覧いただきたいです。

※時期により見られる内容が変わるので、必ず事前にHPをご確認ください。

アイヌ料理を味わおう!

アイヌ料理の店「民芸喫茶ポロンノ」さん

アイヌ料理の店「民芸喫茶ポロンノ」さん

via 撮影:ユカリノ編集部
コタンにある「民芸喫茶ポロンノ」さんでは本格アイヌ料理から独自の料理まで、アイヌ料理を味わえます。※チタタプはできません。
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。
アイヌの反乱、家中の争い、その後…松前城に伝わるミステリー

アイヌの反乱、家中の争い、その後…松前城に伝わるミステリー

江戸時代、外国同然だった蝦夷地(北海道)にあった唯一の藩・松前藩。寒冷地である蝦夷地での稲作は不可能だったため、アイヌとの独占交易による収入を財政基盤とする特異な藩運営が行われていました。そんな松前では、アイヌの反乱や家中の争いなどが相次ぎ、それに伴うミステリーも生まれました。
人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!
【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

偉人の銅像も!ご当地の歴史が学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。