日本一短時間でまわれる!?日本橋の七福神巡り
2018年3月2日 更新

日本一短時間でまわれる!?日本橋の七福神巡り

江戸時代より、商業や金融、文化の中心地として、たくさんの人や物が行き交い、大賑わいをみせた日本橋。今も歴史あるスポットや近代日本の面影を残す建物が残されています。見どころがたくさんある中、特におすすめなのが七福神巡り。短時間でご利益をいただけるお得な情報をお届けします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸で最も賑わう中心地・日本橋

「東海道五十三次之内 日本橋」歌川広重。日本橋を渡る大...

「東海道五十三次之内 日本橋」歌川広重。日本橋を渡る大名行列と、魚河岸で仕入れた魚を売りにいく行商の姿が描かれています。現在の築地市場の前身である魚河岸は、かつて日本橋のたもとにありました。

慶長8年(1603)、徳川家康が江戸幕府を開府してすぐ、江戸城を中心とした町人地として誕生した日本橋。街の象徴である日本橋が架けられたのは同年3月3日になります。

翌年、五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の基点とされ、川沿いには魚河岸も設けられ、多くの人や物が行き交うようになり、江戸で最も賑わう場所となりました。

商売、金融、文化の中心地に

「名所江戸百景 駿河町」歌川広重

「名所江戸百景 駿河町」歌川広重

駿河町とは現在の日本橋室町あたりのこと。越後屋の暖簾が描かれています。
日本橋の中央通りには、のちの三越となる「越後屋呉服店」などの大型商店や両替商が軒を連ね、現在の日本銀行のある場所には金座も設置。また町人文化も花開き、浮世草紙や錦絵、歌舞伎、人形浄瑠璃など、様々な芸術が誕生。日本橋は商業、金融、そして文化の中心地として栄え、発展を遂げたのです。

現在は20代目の日本橋

現在の日本橋

現在の日本橋

日本橋が最初に架けられたのは慶長8年(1603)。以来19回架け替えられ、現在の日本橋は20代目、明治44年(1911)に改架されました。19代目までは木橋でしたが、20代目は石造りになります。実は石が使われているのは外観だけで、内部にはコンクリートと煉瓦が充填されているそうです。

獅子や麒麟の像の意味

日本橋の麒麟像

日本橋の麒麟像

青銅でできた彫刻は、太平洋戦争中に供出の危機に見舞われましたが、終戦によって難を逃れたといわれます。
日本橋の燈柱には獅子や麒麟といった霊獣や、松と榎の浮き彫りなどの装飾が施されていますが、これらには意味が込められています。
麒麟は吉兆を示す伝説上の霊獣で、東京の繁栄を象徴しているそう。また、松と榎は、五街道の基点だったことに由来します。かつて各街道には1里(約4km)ごとに塚を築き、松や榎を植えられ、標識とされていました。

短時間で回れる日本橋の七福神

七福神

七福神

福の神として信仰される、恵比須・大黒・毘沙門・弁天・福禄寿・寿老人・布袋。
近代の建物や老舗のお店巡りなど、見どころ満載の日本橋ですが、なかでもおすすめなのが七福神巡りです。
日本橋人形町を中心に徒歩圏内でまわれるコースは、正月1日〜3日をのぞき、普段の日であれば約1時間半〜2時間で巡れます。
なかには武将や藩主ゆかりの神社もあるのもポイント。都会の中心で神頼みができるお得なスポット、ぜひチェックしてみてください。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

2月22日は猫の日。食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
長州も会津も共に盛り上がる!東京・世田谷の松陰神社で今年も幕末維新祭りが開催

長州も会津も共に盛り上がる!東京・世田谷の松陰神社で今年も幕末維新祭りが開催

幕末の偉人・吉田松陰。私塾「松下村塾」を開き、明治維新で活躍する多くの人物に影響を与えました。その吉田松陰が眠る東京・世田谷の松陰神社(商店街)で、今年も10月28日(土)、29日(日)に「第26回 萩・世田谷 幕末維新祭り」が開催されます。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

武将にゆかりのある寺社と御朱印をご紹介する「御朱印で巡る武将ゆかりの地」。今回は趣向を変え、歴史的人物ゆかりの神社でいただける“かわいい御朱印”をテーマにご紹介します。植物や動物をモチーフにしたものから、カラフルなものまで、思わず顔がほころぶ一枚をどうぞ! ※本稿の御朱印は全てみのうち社が現地に赴きいただいてきたものです。御朱印をいただく際は現地に赴き、神様へのお参りもお忘れなく! 
祭り好きなら見逃せない!関東三大奇祭「くらやみ祭」が今年も府中・大國魂神社で開催

祭り好きなら見逃せない!関東三大奇祭「くらやみ祭」が今年も府中・大國魂神社で開催

毎年ゴールデンウィークに行われる関東三大奇祭のひとつ「くらやみ祭」。武蔵国の国府が置かれた東京都府中市にある大國魂神社で行われます。国府祭を起源とする「くらやみ祭」は、古代の香りを感じられる格式ある神事と、「萬燈大会」や「山車行列」など華やかな行事とが織りなす盛大な祭りです。くらやみ祭がもっと楽しくなる大國魂神社の歴史と祭りをめぐるイロイロをご案内いたします。
警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。