大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート
2018年2月17日 更新

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。

小栗さくら小栗さくら

真田氏崇敬の山家神社

山家神社拝殿

山家神社拝殿

via 提供:山家神社
戦国武将として活躍した「真田氏」が崇敬したという、山家(やまが)神社。
長野県と群馬県の県境にまたがる四阿山(あずまやさん)の山上には奥宮が、真田町には里宮があります。

上田の市街地から少し離れていますが、緑深く静かで「神域」を感じることのできる心地の良い神社です。
山家神社は今年開山1300年。歴史ある神社の節分祭に、昨年に続き、今年も出演させていただきましたので、お祭りの様子をお伝えしたいと思います!
ゲスト出演者

ゲスト出演者

今回は大河ドラマ「真田丸」のキャストお三方と一緒に出演させていただきました。
写真左から、矢沢三十郎役・迫田孝也さん、信之の妻こう役・長野里美さん、小栗さくら、河原綱家役・大野泰広さん。
お三方とはずっと「真田丸」トークショーでご一緒させていただいたので、上田でお会いするとその時のことが蘇ってきます。

白山大権現の掛け軸は、ドラマ中でも使われていたので見覚えのある方も多いはず!
via 提供:小栗さくら

真田氏と山家神社

山家神社鳥居

山家神社鳥居

via 提供:小栗さくら
真田氏が山家神社を崇敬した形跡は今でも見ることができます。
永禄5年(1562)に幸綱(真田昌幸の父)と信綱(昌幸兄)が修営したことが分かる「社殿の扉」は、特に有名なものではないでしょうか。
また、兵火で全焼した山家神社を真田信之が再建したり、その際に信之の妻が寄進した社があったりと、さまざまなところに真田氏の篤い信仰がうかがえます。
子安社

子安社

山家神社拝殿の右後方にある子安社。
こちらは「真田信之の奥方」が寄進したと伝わっています。

伝承では奥方とは本多忠勝の娘・小松殿だということですが、ここが真田氏代々が崇敬した神社と考えると、「真田丸」でいう「おこう」、つまり真田信綱の娘の方が自然な気がしますね。
子安社はその後、上田藩松平公家女により修営されたということです。
via 提供:小栗さくら

拝殿での儀式

押森宮司

押森宮司

山家神社の押森宮司。
諏訪大社で何年も修行をされた方で、まだお若いですが、山家神社のさまざまな行事を復活させていらっしゃいます。

ご来場の皆さんが社殿の周りで待機する中、豆まきの前に拝殿で厄払いの儀式を行いました。
via 提供:山家神社
山家神社拝殿

山家神社拝殿

今年はキャストのお三方がいらっしゃることもあってか、社殿の中がいっぱいになるほどの人数でした。外と違い中はとても暖か。
via 提供:山家神社
鬼たちが暴れまわる(?)社殿

鬼たちが暴れまわる(?)社殿

via 提供:青木卓郎
神社に厄払いに行ったことがある方はご存知だと思いますが、宮司さんが厄払いする方全員の住所・名前を読み上げるんですよね。
今回は人数が多かったため、読み上げる時間も当然長くなります。その間を埋めるように、赤鬼と緑鬼がずっと社殿の中で人々を楽しませてくれていました。
疲れる鬼たち

疲れる鬼たち

頑張っていた鬼たちでしたが、読み上げ時間が長すぎて途中休憩しちゃうところが可愛かったです。
via 提供:小栗さくら
鳴弦(めいげん)の儀

鳴弦(めいげん)の儀

追儺(ついな)弓神事の「鳴弦の儀」。
追儺とは鬼祓いの儀式のことで、直垂姿の射手が四方の邪気を祓います。
via 提供:山家神社
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

ご飯に湯をかける「湯漬け」は、手早く食べられることもあり、戦国武将に好まれていました。大河ドラマ『真田丸』で、北条氏政の汁かけ飯のシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。今回は、武将も好んで食べた「湯漬け」にまつわるエピソードと、その後お茶漬けがどのように誕生したのかをご紹介します。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
氏政役に高嶋政伸さんも登場!「小田原北條五代祭り」レポート

氏政役に高嶋政伸さんも登場!「小田原北條五代祭り」レポート

関東に君臨した戦国大名・北条氏5代を称える「小田原北條五代祭り」が5月3日(木)に開催。今年は「小田原開府五百年記念」にあたる記念すべき年。パレードには昨年に続き、北条早雲役に合田雅吏さん、北条氏政役には大河ドラマ『真田丸』で氏政を演じた高嶋政伸さんが登場。盛り上がりをみせた祭りの様子をお届けします。
妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

あの織田信長に気に入られながら、突然謀反を起こし、説得しようとした黒田官兵衛を幽閉、さらにひとりで逃亡と、とんでもない逸話ばかりが並ぶ武将・荒木村重。大河ドラマ『軍師官兵衛』では、逆にその人間臭さが話題になりました。今回は妻・だしの名前の由来になった?彼の居城・有岡城とともに、その晩年をご紹介します。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。本能寺の変で織田信長を裏切った武将として有名すぎる彼ですが、その前半生は謎に包まれています。ドラマのロケ地になるかもしれない?明智光秀の出身地とされる岐阜県可児市や周辺のゆかりの地を、ひと足お先にご紹介します。
400年の時を超えて実現!小栗さくらの「武将の末裔・ご当主対談“真田幸村と後藤又兵衛”」レポート

400年の時を超えて実現!小栗さくらの「武将の末裔・ご当主対談“真田幸村と後藤又兵衛”」レポート

3月18日(日)に宮城県刈田郡蔵王町で開催された、武将の末裔・ご当主対談「真田幸村と後藤又兵衛~大坂の陣二大英雄の生涯とその子孫たち~」。大坂の陣で豊臣軍として戦った、幸村こと真田信繁と、後藤又兵衛基次。その末裔のおふたりが、400年の時を超え、歴史的対談が実現しました。その司会を務めた小栗さくらさんが対談の模様をレポート。あわせて蔵王の魅力もご紹介します!
信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催

信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催

三方ヶ原の戦いで徳川家康を打ち破った後、甲斐に帰る途中で死去したと伝えられる武田信玄。諸説ある終焉地のうち、有力とされる根羽村横畑と阿智村駒場(ともに長野県下伊那郡)を訪ねるツアーが3月4日(日)に開催されます。地元の専門ガイドや住職から貴重な話が聞けるなど、信玄ファンにはたまらない特典も。地元で愛されるひな祭りも楽しめる、見どころ満載のツアー内容をご紹介します。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。