大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート
2018年2月17日 更新

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。

小栗さくら小栗さくら

雁金をどり

雁金をどり

via 提供:青木卓郎
豆撒きが終わったあとは、社務所で「直会(なおらい)」です。
直会とは、祭祀の最後に神事に参加した人たちで御神酒や神饌をいただくこと。地元のお母さま方が朝早くから作ってくださった美味しいお料理や、演奏・踊りも楽しみました。

最後は可愛らしい巫女さんたちのお誘いで「雁金をどり」!
昨年の夏に、真田町の「真田まつり」でひたすら踊ったことを思い出すひとときでした。

私も長年上田に訪れていますが、こうして山家神社や真田の里が活気づいているのを見るのはとても嬉しいです。
歴史があって、景色が良くて、お料理もお酒も美味しい最高の上田。
ドラマ放送中はゆっくり見られない史跡もあったかと思いますが、今ならたっぷり楽しめますので、一度行った方もぜひ訪れてみてくださいね。

「桜田門外の変」に加わった人物の銃が見つかる!

実は山家神社では、つい最近意外なものが見つかり大きなニュースとなりました!
それは、幕末の大事件、大老・井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」関連人物のものです。なんと、事件に加わっていた水戸藩・杉山弥一郎の銃が見つかったのです。
杉山弥一郎の火縄銃

杉山弥一郎の火縄銃

水戸藩士・杉山弥一郎は、桜田門外の変に加わり負傷します。その後熊本藩邸に自首し、翌年処刑されました。

銃は1840〜50年代の製造と見られ、長さは約1メートル、口径は19mmとのこと。
via 提供:山家神社
神社に伝わった経緯は分からないそうですが、氏子が奉納したと宝物台帳に記されていたそうです。
見つかったときはかなり錆びていたそうですが、信州真田鉄砲隊の方々が修復すると、杉山の刻銘が見つかったということです。

これから神社の資料を調べるようなので、経緯が分かることを期待したいですね!
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

ご飯に湯をかける「湯漬け」は、手早く食べられることもあり、戦国武将に好まれていました。大河ドラマ『真田丸』で、北条氏政の汁かけ飯のシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。今回は、武将も好んで食べた「湯漬け」にまつわるエピソードと、その後お茶漬けがどのように誕生したのかをご紹介します。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は真田の六連銭です。2016年大河ドラマ『真田丸』で一躍有名となった真田家の家紋は、本来は六連銭、しかも幸村(信繁)は大坂の陣で使っていなかった?気になる六連銭のルーツに迫ります。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。