可児才蔵ゆかりの地、広島市の才蔵寺に伝わる意外な合格祈願とは?
2018年6月24日 更新

可児才蔵ゆかりの地、広島市の才蔵寺に伝わる意外な合格祈願とは?

槍の使い手として知られた、戦国通好みの豪傑・可児才蔵。その可児才蔵ゆかりの地・広島県広島市にある才蔵寺には合格祈願で有名なお地蔵様がいるのをご存知でしょうか。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「笹の才蔵」こと可児吉長

才蔵が生まれ育った美濃可児郡にある大寺山願興寺

才蔵が生まれ育った美濃可児郡にある大寺山願興寺

可児才蔵の本名は「可児吉長」と言い、「才蔵」は通称です。天文23(1554)年に美濃国可児郡に生まれました。
宝蔵院流槍術を学んだ彼は、槍の使い手として名を馳せるようになります。柴田勝家、明智光秀、前田利家、織田信孝のほか、森長可に仕えたこともあると伝わっています。

その後、豊臣秀次にも仕えましたが、小牧・長久手の戦いの際に対立し、浪人となりました。逃げる際に馬で通りかかった才蔵を徒歩の秀次が呼び止め、馬をよこせと求めると、才蔵は「これは雨の日の傘に候(=雨の日の傘のように今の自分に必要なものなので譲れません)」と答えて走り去ってしまったことが亀裂を生んだとか。

しかし彼の武勇は知れ渡っており、最終的には福島正則に仕えるようになりました。
福島正則

福島正則

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで、才蔵は福島軍の先鋒隊長として参加します。
才蔵は、関ヶ原の戦いで17(20とも)もの首を挙げたといいます。全部の首を持ってくるのは重すぎるので、彼は首の口に笹の葉を含ませて目印としました。取った首の数は自己申告制だったので、これが手堅い証拠となったわけです。
また、背負う旗指物を笹にしていたため、これらのことから「笹の才蔵」との異名を取りました。
『笹の才蔵』らしく背中に笹を指している可児才蔵(関ケ原...

『笹の才蔵』らしく背中に笹を指している可児才蔵(関ケ原合戦図屏風)

主君の安芸広島転封に従った才蔵は、慶長18(1613)年に60歳でこの世を去ります。
自身の予言通り、信仰していた愛宕権現の縁日当日に、甲冑を着けて床机に座った姿で亡くなったと伝わっています。

ゆかりの地・才蔵寺に伝わるミソ地蔵とは?

才蔵寺に平成16年建立された可児才蔵の石像。

才蔵寺に平成16年建立された可児才蔵の石像。

広島県広島市には、才蔵を祀る才蔵寺があります。
福島家が改易になった際に戦いに備え味噌を集めたことにちなんで、境内にはミソ地蔵がいるのですが、ちょっと変わったお地蔵様参りが伝わっているんですよ。

それは、ミソ地蔵の頭に願い事を書いた紙を貼った味噌の袋を載せて拝み、それから自分の頭に乗せると願いが叶うというもの。
ミソ地蔵が脳の病などに効果があるということ、ミソが脳みそに通じることから、今では合格祈願の受験生も多く訪れるそうです。
才蔵の好物が味噌だった、味噌作りを才蔵が広めたなど、彼と味噌との関わりについては多くの伝承があるようです。
また、「みそ合戦」なる伝説もあります。攻め込まれた際に敵に熱い味噌汁をぶっかけたり、兵糧攻めにされた際には「お地蔵様に、味噌と米を載せた笹の葉を供えておけば願いが叶う」という噂を才蔵が広めさせて兵糧をゲットしたり、なんて伝説もあるのだとか。
試合を申し込まれても実戦の装いで現れ、「自分の試合はすべて実戦だ」といった豪傑ぶりが伝わる可児才蔵。ぜひ彼のゆかりの地を訪れ、そのスケールの大きさに触れてみたいですね。

(xiao)
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

かつて瀬戸内海において「日本最大の海賊」と言われた村上海賊。2016年、その本拠地である愛媛県今治市と広島県尾道市が共同で申請し、村上海賊のストーリーと「芸予諸島」に連なる43の構成文化財が日本遺産に認定されました。ただの“海賊”ではない彼らの活躍とは?小説の題材にもなり、近年さらに観光地として注目を集める村上海賊ゆかりの地とその文化をご紹介しましょう。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」男色が原因で滅亡した!?戦国大名の生涯

「日本男色史巡り 第9回:大内義隆」男色が原因で滅亡した!?戦国大名の生涯

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第9回は、中国・朝鮮にまで名がとどろき、その全盛期は日本で最強最大の戦国大名だった「大内義隆」。6カ国の守護をつとめ、毛利元就も恐れはばかった男が、最も愛した少年とは!?
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

豊臣秀吉の天下統一は、小田原征伐や奥州仕置で完了したわけではなかったのをご存知でしょうか。最後まで秀吉に抵抗した武将が、陸奥・九戸城主の九戸政実(くのへ まさざね)でした。誇り高き武将・九戸政実の生涯と「九戸政実の乱」の経緯、岩手にあるゆかりの地をご紹介しましょう。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史

天ぷらのルーツも南蛮から!日本で愛されている料理の意外な歴史

日本に初めて伝来した西洋料理、それが南蛮料理です。天文12年(1543)、種子島に鉄砲が伝来すると、戦国大名たちは競って海外からの文化を取り入れました。南蛮料理もそうした南蛮文化のひとつ。主にポルトガル人によってもたらされたといわれています。日本食だと思っていたあの料理も、実は南蛮が由来だった…!?
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。