黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅
2018年9月10日 更新

黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

1951年の9月10日、黒澤明の「羅生門」がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞グランプリを受賞しました。日本初の海外映画祭グランプリ受賞という快挙は、昭和20年(1945)の敗戦によって打ちひしがれていた日本人に、大きな自信を与えました。そこで今回は「羅生門」を深堀りしながら時間旅行を楽しんでみましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

黒澤明の映画「羅生門」とは

「羅生門」は平安時代後期の乱世を舞台に、人間不信とエゴイズムを描いたちょっと難解な作品。
荒れ果てた羅生門で出会った3人の男達が、奇妙な殺人事件について語るのですが、加害者の盗賊・多襄丸、殺された被害者の妻、巫女に喚び出された被害者の霊、それぞれが三者三様に異なる証言をし、さらに一部始終を藪の中から見ていた男も、また違う証言をするという内容です。

脚本は橋本忍、主演は三船敏郎、大映製作・配給の88分のモノクロ映画です。橋本忍が芥川龍之介の「藪の中」を脚色、そこに黒澤が「羅生門」などの要素を加えました。

「世界のクロサワ」のクロサワたる由縁

明治43年(1910)、東京に生まれた黒澤明は、昭和18年(1943)に「姿三四郎」で映画監督デビュー。戦後にはいって「わが青春に悔なし」「酔いどれ天使」「野良犬」などを公開後、昭和25年に「羅生門」を発表しました。

「羅生門」はヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞の後、同年にアカデミー賞名誉賞も受賞。その後も「生きる」でベルリン国際映画祭上院特別賞、「七人の侍」でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞、「蜘蛛の巣城」でベルリン国際映画祭銀熊賞と監督賞受賞と、「世界のクロサワ」の名を不動のものにしました。

そして「隠し砦の三悪人」「悪い奴ほどよく眠る」「用心棒」「椿三十郎」「天国と地獄」「赤ひげ」などの名作を残し、晩年には「影武者」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールなどを受賞、そして「乱」でアカデミー賞ノミネート。

平成2年(1990)に再びアカデミー名誉賞を受賞した際は、あのジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグから、「現役の世界最高の監督、映画とは何かに応えてくれた数少ない映画人」と、最高の賛辞を贈られました。

原作になったのは、芥川龍之介の小説

芥川龍之介の肖像

芥川龍之介の肖像

この映画「羅生門」の原作になったのが、芥川龍之介(1892-1927)の小説「羅生門」(1915年)と「藪の中」(1922年)です。「羅生門」を発表した時、芥川龍之介はまだ23歳、東京帝国大学の学生でした。

「羅生門」も「藪の中」も、平安時代末期に成立したといわれる「今昔物語」を元にしたもの。

「羅生門」によって芥川は夏目漱石の門下にはいるきっかけをつかみ、25歳の時に発表した「鼻」で漱石に絶賛されます。その後も「芋粥」「蜘蛛の糸」「地獄変」「邪宗門」「杜子春」「トロッコ」「河童」「或阿呆の一生」などを発表し、今も多くのファンを魅了しています。

小説「羅生門」の元になった「今昔物語」とは?

鈴鹿本(鎌倉中期写)

鈴鹿本(鎌倉中期写)

それでは更に、芥川龍之介が原作にした古典の「今昔物語」を追ってみましょう。

今昔物語は平安時代末期に成立したといわれている日本最大の説話集。31巻(現存28巻)から成り、1040の物語が収録されています。作者は不明で、どの物語も「いまはむかし」という書き出しで始まり、「~と、なむ語り伝えたるとや」で結ばれています。

構成は、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(仏法)、本朝(世俗)の四部構成。まず因果応報などの仏教説話が紹介され、その後に物語が続きます。登場人物は多岐にわたり、貴族、僧、武士、農民、遊女、盗賊、乞食、鳥獣、妖怪変化まで登場します。

芥川の「羅生門」は、この今昔物語の中の、本朝世俗部巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語第十八」を基に、巻三十一「太刀帯陣売魚姫語第三十一」の内容を交えた加えたとなっています。

芥川は、擬態語を多用し、臨場感いっぱいの「今昔物語」の文体を、「美しいなまなましさ」「野蛮に輝いている」と評しています。

羅生門はどこにあった?

京都・平安京の羅城門

京都市南区にある羅城門遺址

京都市南区にある羅城門遺址

花園児童公園内に石碑が残っている。
羅生門は、本来は「羅城門」(らじょうもん)といい、羅生門と呼ばれるようになったのは後世になってのこと。

「今昔物語」に描かれた「羅城門」の舞台は現在の京都。かつて平安京にあった羅城門は、幅80mもあるメインストリートの朱雀大路の最南端にあり、ここが京の都の南の玄関口でした。

平安京の羅城門は弘仁7年(816)に強風で倒れ、その後再建されましたが、天元3年(980)の暴風雨で再び倒壊、以降、再建されることはありませんでした。
荒れるがままになった羅城門は、以後、狐狸妖怪や盗賊の住処となったようで…。

現在は東寺近くの公園の中に、「羅城門遺跡」と書かれた石碑が残るのみとなっています。
しかしJR京都駅の北口広場に、かつての10分の1の大きさの羅城門の模型が展示されていますので、京都に行ったら是非立ち寄ってみてくださいね!
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
『応天の門』の舞台背景を知る!太宰府天満宮の講演会「応天門を往く」レポート

『応天の門』の舞台背景を知る!太宰府天満宮の講演会「応天門を往く」レポート

福岡県の太宰府天満宮にて開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。好評につき、その関連講演会「応天門を往くー菅原道真を語る」が2月10日に開催されました。満員御礼となった講演、気になるその内容とは?当日参加できなかった方も、ぜひご一読ください!
幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

NHK大河ドラマ『いだてん』でも取り上げられ、2020東京五輪でも注目の競技・マラソン。日本人にとって馴染み深いマラソンが江戸時代にも行われていたことをご存知でしょうか?2月22日公開予定の映画『サムライマラソン』は日本初のマラソンを題材とした映画。その内容をマラソンランナーのごとく俊足レビューでお届けします!
太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

太宰府天満宮で開催中!人気歴史コミック『応天の門』展の世界をレポート

福岡県の太宰府天満宮宝物殿企画展示室で開催中の人気歴史コミック『応天の門』展。若き菅原道真公を描き人気を博している本作の展覧会には、作者・灰原薬氏による原画などが展示中です。実際に菅原道真公ゆかりの品々もあわせて見られる、ファン必見の展覧会の模様をレポート!
【男だけど女になり切って】土佐日記に詠まれた和歌のゆかりの地

【男だけど女になり切って】土佐日記に詠まれた和歌のゆかりの地

紀貫之による土佐日記は、彼が女性に仮託して書き上げた一種の旅行記です。旅のつれづれが描かれ、それを彩る50首以上の和歌が特徴ですね。今回は、土佐日記に登場する和歌とゆかりの地をいくつかご紹介したいと思います。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家落人伝説の地のひとつ、栃木県日光市の湯西川温泉。湯西川の冬の風物詩として人気を集めているのが、日本夜景遺産にも認定された「かまくら祭」です。近年ではSNS映えスポットとしても注目されています。冬の湯西川で、平家の落人伝説を辿りつつ、幻想的な夜を楽しんでみませんか?
映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

2019年2月に公開される佐藤健さん主演の映画「サムライマラソン」。原作は土橋章宏氏の小説「幕末まらそん侍」ですが、そのテーマとなった「安政遠足(あんせいとおあし)」をご存知でしょうか?日本のマラソン発祥の地として、今も群馬県安中市で続く安政遠足の歴史とともに、映画でのキャストも気になる登場人物についてもご紹介します。
人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!