日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催
2018年4月11日 更新

日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

“畳寺”の愛称で親しまれる京都の清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ、今年は前日の4月28日(土)に「畳寺の畳まつり」が開催されます。当日は、日本唯一の「畳供養」をはじめ、限定御朱印の授与やスイーツのプレゼントも。幕末には会津藩主・松平容保も逗留したことがある名刹のレアな行事をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

会津藩主・松平容保も逗留した清浄華院

清浄華院

清浄華院

長い歴史のある名刹・清浄華院。
平安時代、清和天皇の勅願により、最澄の弟子である円仁が開基したといわれる浄土宗の総本山・清浄華院(しょうじょうけいん)。
京都御所に隣接する現在の場所にうつったのは室町時代とされ、その立地の良さから皇室や公家のほか、幕府や武家の帰依を受けるようになり、「鎮西一流の本山」とも称されました。

その後も上洛する幕府の要人や大名の宿所となり、享保期には徳川吉宗への献上品としてベトナムから渡来したゾウも泊まったとか。
さらに幕末には、御所警備を担当した熊本藩や徳島藩、薩摩藩、会津藩などの藩士の宿所となり、特に会津藩は藩主の松平容保が半年ほど逗留しました。
会津藩主・松平容保

会津藩主・松平容保

動乱の幕末期、京都守護職を務めた容保。

“畳寺”で行われる日本唯一の「畳供養」

「畳供養」

「畳供養」

境内の中核に約120畳もの壮大な「大殿」があることから、“畳寺”との愛称で親しまれている清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ「畳寺の畳まつり」が開催され、今年は前日の4月28日(土)に行われます。
まつりの中でもいちばんの目玉は午後2時から開催される、日本唯一の「畳供養」です。

「畳供養」とは、1000年以上続く畳文化を次世代へ継承するために行われるもの。
全国の畳職人の願いが込められた“畳の護摩ゴザ”を、古畳で作った「畳の菰(こも)」に入れ、清浄華院の僧侶が祈願成就を行います。“畳の護摩ゴザ”には、来場者も願い事を記入することができますよ。
さらに「畳供養」終了後は、畳の縁で作ったお守りが先着100名までいただけます。

当日限定の御朱印を忘れずに!

「畳まつり」限定御朱印(左)と「戌」の御朱印

「畳まつり」限定御朱印(左)と「戌」の御朱印

また当日は「畳まつり」限定の御朱印も授与。清浄華院の「大殿」のイメージと“畳寺”の文字を合わせた御朱印に、今年の干支である「戌」の御朱印も合わせて押印します。
さらに来場者には、「京菓子處 鼓月」の協力で、「千寿せんべい」に“畳寺”の御朱印をデザインした「畳寺オリジナルスイーツ」」(1枚)のプレゼントも。先着順なのでお早めに!
「畳寺オリジナルスイーツ」

「畳寺オリジナルスイーツ」

人気の京菓子「千寿せんべい」に“畳寺”の御朱印をあしらった限定スイーツ。

畳文化を様々な角度から知る

畳の「手縫い製作」を実演!

畳の「手縫い製作」を実演!

江戸時代前期より伝わる畳の技術が目の前で見られるチャンスです。
ほかにも畳を使って製作した楽器で演奏される「畳ライブ」、SNS映えする畳グッズの展示など、1日中楽しめるのも魅力です。

洋式の生活が多くなったとはいえ、日本人とは切り離せない畳。
「畳寺の畳まつり」はそんな畳文化を様々な角度から楽しめる貴重な催しです。ゴールデンウィークに京都方面に出かける方はぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
開催日:2018年4月28日(土)
開催時間:午前10時〜午後4時頃
開催場所:浄土宗大本山 清浄華院
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

幕末に起こった尊王運動の先駆者であり、吉田松陰や西郷隆盛など多くの志士たちに影響を与えた高山彦九郎。京都御所を望拝する姿をモチーフにした通称「土下座像」が有名ですが、京都にはもうひとつ、ゆかりの地があるんです。強烈なエピソードとともに、彦九郎の祖先のライバル・足利尊氏の墓のある等持院をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。