夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺
2018年4月20日 更新

夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺

「小江戸」と呼ばれ、情緒あふれる城下町の雰囲気が今も残る埼玉県川越市。かつてこの地域の覇権をめぐり、激戦が繰り広げられました。4度に渡る「河越城の戦い」のうち、北条氏康らが大逆転勝利で討ち破った「河越夜戦」は、日本三大奇襲のひとつに数えられています。戦いの模様を戦場となった史跡とともにご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

関東の覇権をめぐる古河公方&関東管領vs.北条氏

北条早雲

北条早雲

北条氏の祖。2019年は没後500年を迎えます。
室町時代末期より関東地方では、かつて関東を統治していた鎌倉公方の流れをくむ古河公方の足利氏と、鎌倉公方の執事として関東の政治を総管した関東管領の上杉氏を中心に、激しい覇権争いが繰り広げられていました。
その間隙を縫って勢力を拡大していったのが、戦国大名の先駆けである北条早雲を始祖とする北条氏です。

特に2代当主・氏綱は、上杉氏が、本家筋の山内上杉と庶家の扇谷上杉とで内紛を起こし混乱するなか、扇谷上杉氏の居城で、武蔵国の最重要拠点とされた河越城を攻略。これに脅威を覚えた両上杉氏と、古河公方の足利晴氏が手を結んだことが、戦いの発端となりました。

そして、天文14年(1545)9月、古河公方の足利晴氏、山内上杉憲政、扇谷上杉朝定らは、8万余騎といわれる大連合軍を組織し、河越城を包囲するに至ります。

夜戦じゃなかった!?

北条氏康

北条氏康

北条氏3代当主。河越城の戦いでの勝利により、関東一帯の支配を確立します。
このとき河越城を守っていたのは、北条軍最強とうたわれた北条綱成。しかしその兵力は3000余騎と、圧倒的に劣勢だったことから、ひたすら籠城するほかありませんでした。

天文15年(1546)4月には、北条氏の3代当主・氏康が8000騎の援軍を率いて到着しますが、それでも兵力差は約8倍と不利な状況は変わらず。そこで氏康は、策略を用いて連合軍を油断させると、ついに4月20日子の刻(午前0~2時頃)、夜襲を仕かけることで、これを撃破することに成功しました。

この戦いは「河越夜戦」とも呼ばれますが、近年の研究では、このような夜戦は行われず、後世の軍記物による創作であることが推定されています。
ただし、連合軍側が北条軍より数的優位であったこと、大規模な戦闘があったことについては、史料などから確認されており、氏康らの戦いが高く評価されていることに変わりありません。

「河越夜戦」の戦場となった東明寺(埼玉県川越市)

東明寺にある川越夜戦跡

東明寺にある川越夜戦跡

この戦いにおいて最大の激戦地となったのが、城の北側にあった東明寺です。
この地域には当時、広大な寺領が広がっていましたが、その周辺からは後年、おびただしい数の人骨が出土しています。勝利した北条軍の死傷者が若干名だったのに対し、大敗した連合軍の死傷者は1万3000余名といわれ、戦いの凄まじさを物語っています。

東明寺の境内には、「川越夜戦跡」の碑が建てられており、戦いに破れた将兵の遺骸を納めた富士塚も残っています。

貴重な遺構が残る川越城(埼玉県川越市)

川越城の本丸御殿。本丸御殿大広間が現存しているのは、他...

川越城の本丸御殿。本丸御殿大広間が現存しているのは、他には高知城のみで、大変貴重な遺構です。

via 写真提供:小江戸川越観光協会
河越城(川越城)はその後、天正18年(1590)に起こった小田原の役を経て、徳川氏の城となりますが、江戸時代以降は江戸防衛の重要拠点として、代々、譜代大名が配置されました。

現在、城址の大部分は市街地となっていますが、本丸御殿の一部(大広間と玄関)が現存しており、往時をしのばせてくれます。
川越城 富士見櫓

川越城 富士見櫓

河越城(川越城)は室町時代、古河公方の足利氏に対抗する上杉氏の本拠地として、扇谷上杉氏の家宰の太田道真、太田道灌父子が築城を命じられ、自ら城主となりました。
江戸時代に入っても天守は建てられず、この富士見櫓が代わりになっていました。
via 写真提供:小江戸川越観光協会
三芳野神社

三芳野神社

本丸御殿に隣接する神社。この地には天神曲輪があり、また童歌「通りゃんせ」はこの神社の参道が舞台といわれています。
戦国時代の戦場というと、静岡より西のイメージがありますが、関東地方でもこのような激しい合戦が繰り広げられていました。
蔵造りの街並みが残る「小江戸」川越散策とあわせて、その礎となった合戦の地にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

(スノハラケンジ)
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

気づかないだけで、意外に東京のすぐ近くにもある戦国の「土の城」。今回は、そんな土づくりの城を実際に歩いてみたいという人のために、準備や持ちもの、歩く時に気をつけたいことを伝授。暖かくなったら出かけたい、戦国武将ゆかりの城とともにご紹介します。
【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」という言葉は、日本人なら馴染みのある言葉だと思います。実は、この言葉は稲葉一鉄という武将が語源といわれていることをご存知でしょうか。あの織田信長相手にも頑固を通した、剛毅な勇将の生涯とゆかりの地をご紹介します。
誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち

誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち

11月14日は埼玉県民の日です。漫画「翔んで埼玉」がついに映画化の運びとなり、いま大注目の埼玉。今回は、そんな埼玉が輩出した日本の偉人たちとゆかりの地をご紹介。もう「ダサイタマ」なんて言わせない!?埼玉県民が誇るべき埼玉県出身の人物とは…
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

かつて瀬戸内海において「日本最大の海賊」と言われた村上海賊。2016年、その本拠地である愛媛県今治市と広島県尾道市が共同で申請し、村上海賊のストーリーと「芸予諸島」に連なる43の構成文化財が日本遺産に認定されました。ただの“海賊”ではない彼らの活躍とは?小説の題材にもなり、近年さらに観光地として注目を集める村上海賊ゆかりの地とその文化をご紹介しましょう。
【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

豊臣秀吉の天下統一は、小田原征伐や奥州仕置で完了したわけではなかったのをご存知でしょうか。最後まで秀吉に抵抗した武将が、陸奥・九戸城主の九戸政実(くのへ まさざね)でした。誇り高き武将・九戸政実の生涯と「九戸政実の乱」の経緯、岩手にあるゆかりの地をご紹介しましょう。