【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編
2018年2月5日 更新

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。

高桐みつちよ高桐みつちよ

細川忠興

細川忠興

忠興の生涯を追いながらゆかりの地を紹介したこのシリーズも最終回!
今回は新天地・豊後中津への転封から始まります。

新天地・豊後。新たな時代に新たな街づくり

細川家は、関ヶ原の戦いで大変な痛みを受けながらも、その戦いが評価され、所領約2倍増の大加増されることになりました。
忠興の新しい所領は、豊前小倉(福岡県北九州市)、豊後中津(大分県中津市)、以前飛び地でもらった豊後杵築(大分県杵築市)。
この地は、関門海峡、豊予海峡を臨む九州の玄関口。九州から瀬戸内に出る際には必ず通る場所です。
そこの守りを任されるということは、家康が忠興をいかに信頼していたかがわかります。

豊後中津の先の領主は中編でも述べたように、終生のライバルといわれる黒田長政。黒田家は関ヶ原での戦いで小早川秀秋を東軍に引き入れた戦功により、九州一の商業都市、筑前博多(福岡県福岡市)へ転封となりました。

細川領の小倉と黒田領の福岡。現在はどちらも福岡県に属していることでお分かりかと思いますが、境界線を接するお隣同士です。どちらも幕府から九州の北の守りとして期待されており、仲良くやっていくべきところなのですが、このご近所付き合いは最悪の形で始まります。

細川家と黒田家の決裂を生んだ年貢持ち逃げ事件

黒田長政

黒田長政

このときまでは、細川家と黒田家の仲は良好だったそうで…。
この当時、「その年の年貢はすべて現地に置いて引き渡し、移動先でその地の年貢を受け取る」というのがマナーでした。
細川家も当然ながら宮津で得た年貢は次に入る京極家に引き渡して中津にやってきたのですが、中津で蔵を開けると空っぽ。なんと、黒田家はすべて持って行ってしまったのです。

引っ越し早々食べる米にも困った忠興は、この現状を家康に報告します。
家康の返答は「勝手次第(当事者で解決しろ)」。
そこで忠興は長政と交渉するのですが、長政からの回答は「すぐには渡せない」で、取り付く島のない長政に忠興の怒りが爆発します。

あわや宣戦布告!?の強硬手段に出た忠興

黒田家が上方に米を出荷する際、必ず通らないといけない場所が関門海峡。
ご立腹の忠興は、すぐに門司に番所を設けて黒田の米を乗せた船を止め、米を差し押さえることにします。
これはこの当時、宣戦布告に相当する強硬手段です。

いまだ社会情勢が不確かなご時世。九州の地でとはいえ、39万石VS52万石の戦が始まってはどうなるかわかりません。
そこで徳川家が慌てて仲裁に入り、黒田家に約2年にも及ぶ返済計画を出させて事を収めるのですが…。

忠興はかなり執念深い性格だったようで、政治的に解決しても感情的には納得しておらず、以降、「黒田家の者が無礼を働いたとき、こちらは慇懃(丁寧)にふるまう必要はない」(武家社会では余計な諍いを避けるために、お互いに冷静丁寧に対応することが礼儀)という命令を出しており、この後、「玄蕃出奔事件」「後藤又兵衛出奔事件」と互いの溝が大きくなるばかりで、忠興が亡くなった後も、慣例的不仲は続いていくのです。
金と食べ物の恨みは怖い…。

家臣の門閥化により家族に亀裂

松井康之

松井康之

幽斎、忠興に仕えた松井康之は、すぐれた茶人でもあったとか。
新しい国作りを開始するにあたり、家臣の知行分けと街づくりも同時に進めることになりました。すると今度は家族間で事件が起こります…。
  
転封して1年目、慶長7年(1602)のこと。
忠興は身内よりも有吉や松井といった家臣たちのほうが仲が良かったことは前編でも書きましたが、身内、特に弟の玄蕃はそれに不満を持っていました。

細川家は、家臣に松井家や米田家といった幽斎の足利将軍家時代の同僚がいて、また、忠興は娘や養女を重臣に嫁がせることで門閥化していたため、複雑な権力構造をしています。
玄蕃は血族である自分と、一家臣である松井康之が同格に扱われることがずっと不服でした。

玄蕃は関ヶ原の戦いの論功行賞で、本隊を率いて戦い主級を上げた自分が一門筆頭として扱われると思っていたのですが、ふたを開けてみれば、加増はされたものの松井と同格のまま。
ついに不服が爆発します。

弟の玄蕃が出奔!

細川幽斎

細川幽斎

京都で悠々自適な生活を送っていた幽斎。
62 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高桐みつちよ

高桐みつちよ

「歴史をポップに楽しみたい!」オタクカルチャーを交えて歴史コンテンツを発信する歴女ユニット「武蔵守歴女会LLP」所属。肥後細川家と石田三成をこよなく愛する歴史ライター時々マイ甲冑武者。関ケ原町を拠点とする甲冑武者団体「関ケ原組」での活動を経て、現在は甲冑劇の脚本演出を行っている。関ケ原合戦祭り『関ケ原合戦絵巻』(2014~)、関ケ原七武将物語(2015~)脚本演出。『真田幸村の系譜(河出書房新書)』執筆協力。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

【 勝竜寺城、宮津城…】家族運に恵まれなかった!?細川忠興ゆかりの地・前編

1563年(永禄6)11月28日は、天下一気が短い大名として名高い細川忠興の誕生日(新暦)。83歳まで生きた忠興は、山城勝竜寺から始まり、丹後宮津、豊前小倉、肥後八代と、時代の流れとともに居住地を変えていきます。武将としての輝かしい戦歴、外様大名としての政治力を持ちながらも、実はその人生は家族運に恵まれず、一家離散の危機ばかり。今回はその人生の前半戦、山城・丹後時代の縁の地をご紹介します。
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町(みたけちょう)で、2017年10月12日(木)~15日(日)の期間、関ヶ原の戦いで最も首を獲った男とされる「可児才蔵」の魅力に迫る『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催。才蔵ゆかりの願興寺・才蔵寺の住職によるトークショーなど、戦国好きならぜひ聞きたいイベントも。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!