【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10
2017年12月14日 更新

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回紹介する2018年の展覧会はこちら!

①国宝「圧切長谷部」に会える!(福岡市博物館・2018/1/5〜)

②西郷どんの額字は必見!(九州国立博物館・2018/2/10〜)

③南画の大成者・池大雅の回顧展(京都国立博物館・2018/4/7〜)

④若冲など、日本美術の名宝が勢揃い(東京国立博物館・2018/4/13〜)

⑤生誕150年、「生々流転」も展示!横山大観展(東京国立近代美術館・2018/4/13〜)

⑥春日大社のお宝が見られる(奈良国立博物館・2018/4/14〜)

⑦東北初の「東大寺」展(東北歴史博物館・2018/4/28〜)

⑧改めて感じる「縄文」の美(東京国立博物館・2018/7/3〜)

⑨没後50年、藤田嗣治の大規模な回顧展開催!(東京都美術館・2018/7/31〜)

⑩京博初の本格的な刀剣展(京都国立博物館・2018/9/29〜)

①2018/1/5〜2/4 黒田家名宝展示 国宝 刀 名物「圧切長谷部」、1/7〜2/12 新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」(福岡市博物館

国宝 刀 名物「圧切長谷部」

国宝 刀 名物「圧切長谷部」

福岡市博物館蔵
via 写真提供:福岡市博物館
大人気の刀剣、国宝「圧(へし)切長谷部」の公開が決定!さらにそれに合わせて、黒田官兵衛の武具や、長政の兜をはじめとする、黒田家ゆかりの甲冑・刀剣と、歴代福岡藩主や重臣の甲冑を一堂に展示する「黒田家の刀剣と甲冑展」が開催されます。

さらに「圧切」関連の黒田家記録もあわせて展示。福岡の桃山から江戸時代の武の装いの歴史を知ることで、「圧切」の鑑賞がより楽しくなるように構成されています。
新年早々、貴重な刀剣、甲冑鑑賞はいかがでしょうか?
朱漆塗合子形兜 黒糸威五枚胴具足 小具足付

朱漆塗合子形兜 黒糸威五枚胴具足 小具足付

福岡市博物館蔵

「如水の赤合子」と恐れられた官兵衛の甲冑。
via 写真提供:福岡市博物館
黒田家名宝展示 国宝 刀 名物「圧切長谷部」
開催期間:2018年1月5日(金)〜2月4日(日)
開催時間:午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催場所:福岡市博物館企画展示室2(黒田記念室)

新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」
開催期間:2018年年1月7日(日)〜2月12日(月・祝)
開催時間:午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催場所:福岡市博物館特別展示室B

②2018/2/10〜4/8 「王羲之と日本の書」(九州国立博物館)

妹至帖

妹至帖

1幅
(搨摸)唐時代・7〜8世紀
(原跡)王羲之筆 東晋時代・4世紀
九州国立博物館蔵
via 九州国立博物館蔵
4世紀の中国の貴族で、楷書・行書・草書の各書体を洗練させ、現在に到るまで書法の最高の規範となったことから「書聖」と呼ばれる王羲之(おうぎし)。その自筆はすべて失われていますが、唐時代に精密に再現された複製が、彼の書の真価を今に伝えています。

「王羲之と日本の書」では、そんな王羲之を源泉とする日本の書の豊かな流れをご紹介。空海に最澄、能書家として三蹟に数えられる藤原行成から、嵯峨天皇、後鳥羽天皇など、錚々たる面々の肉筆が見られる、またとない機会です。さらに、西郷隆盛の額字「敬天愛人」も展示。こちらもお見逃しなく!
額字「敬天愛人」

額字「敬天愛人」

西郷隆盛筆
1面
明治時代・19世紀
東京国立博物館蔵
(2月10日〜3月11日展示)

「天を敬い、人を愛す」は、西郷隆盛の人生観の結晶ともいえる言葉です。
開催期間:2018年2月10日(土)〜4月8日(日)
開催時間:午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜・土曜は午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(2月12日は開館、2月13日は休館)
開催場所:九州国立博物館

③2018/4/7〜5/20 特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」(京都国立博物館)

59 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

2018年の干支は戌(いぬ)。せっかくなら犬にまつわる神社にお参りしませんか?犬はお産が軽いことから安産の象徴とされ、安産祈願の神社に祀られています。また、犬が守ったという伝説から厄災除けにご利益のある神社や、犬そのものを祀る神社もありますよ。初詣だけでなくとも犬好きなら知っておきたい、犬にまつわる神社とお寺をご紹介します。
【きっかけは伊達家!?】仙台初売りと福袋の始まり

【きっかけは伊達家!?】仙台初売りと福袋の始まり

お正月といえば、初売りの福袋を楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?毎年豪華な福袋がテレビなどで話題になりますが、その中でも特に豪華で有名な仙台初売りは、伊達家が1月2日に城下で買い初めをしていたのがきっかけとされています。今回は仙台初売りの始まりと豪華すぎる理由、さらに福袋の始まりにも迫ってみたいと思います。
【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

幕末の会津藩主・松平容保。動乱の中で京都守護職となり、孝明天皇と徳川家茂の公武合体政策を支え、京都の治安維持に貢献します。大政奉還後は、朝敵とされながら新政府軍と戦った、悲劇の藩主でもありました。新選組や、白虎隊との繋がりも深かった松平容保の生涯とゆかりの地を紹介します。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!