【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10
2017年12月14日 更新

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回紹介する2018年の展覧会はこちら!

①国宝「圧切長谷部」に会える!(福岡市博物館・2018/1/5〜)

②西郷どんの額字は必見!(九州国立博物館・2018/2/10〜)

③南画の大成者・池大雅の回顧展(京都国立博物館・2018/4/7〜)

④若冲など、日本美術の名宝が勢揃い(東京国立博物館・2018/4/13〜)

⑤生誕150年、「生々流転」も展示!横山大観展(東京国立近代美術館・2018/4/13〜)

⑥春日大社のお宝が見られる(奈良国立博物館・2018/4/14〜)

⑦東北初の「東大寺」展(東北歴史博物館・2018/4/28〜)

⑧改めて感じる「縄文」の美(東京国立博物館・2018/7/3〜)

⑨没後50年、藤田嗣治の大規模な回顧展開催!(東京都美術館・2018/7/31〜)

⑩京博初の本格的な刀剣展(京都国立博物館・2018/9/29〜)

①2018/1/5〜2/4 黒田家名宝展示 国宝 刀 名物「圧切長谷部」、1/7〜2/12 新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」(福岡市博物館

国宝 刀 名物「圧切長谷部」

国宝 刀 名物「圧切長谷部」

福岡市博物館蔵
via 写真提供:福岡市博物館
大人気の刀剣、国宝「圧(へし)切長谷部」の公開が決定!さらにそれに合わせて、黒田官兵衛の武具や、長政の兜をはじめとする、黒田家ゆかりの甲冑・刀剣と、歴代福岡藩主や重臣の甲冑を一堂に展示する「黒田家の刀剣と甲冑展」が開催されます。

さらに「圧切」関連の黒田家記録もあわせて展示。福岡の桃山から江戸時代の武の装いの歴史を知ることで、「圧切」の鑑賞がより楽しくなるように構成されています。
新年早々、貴重な刀剣、甲冑鑑賞はいかがでしょうか?
朱漆塗合子形兜 黒糸威五枚胴具足 小具足付

朱漆塗合子形兜 黒糸威五枚胴具足 小具足付

福岡市博物館蔵

「如水の赤合子」と恐れられた官兵衛の甲冑。
via 写真提供:福岡市博物館
黒田家名宝展示 国宝 刀 名物「圧切長谷部」
開催期間:2018年1月5日(金)〜2月4日(日)
開催時間:午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催場所:福岡市博物館企画展示室2(黒田記念室)

新春特別企画「黒田家の刀剣と甲冑展」
開催期間:2018年年1月7日(日)〜2月12日(月・祝)
開催時間:午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催場所:福岡市博物館特別展示室B

②2018/2/10〜4/8 「王羲之と日本の書」(九州国立博物館)

妹至帖

妹至帖

1幅
(搨摸)唐時代・7〜8世紀
(原跡)王羲之筆 東晋時代・4世紀
九州国立博物館蔵
via 九州国立博物館蔵
4世紀の中国の貴族で、楷書・行書・草書の各書体を洗練させ、現在に到るまで書法の最高の規範となったことから「書聖」と呼ばれる王羲之(おうぎし)。その自筆はすべて失われていますが、唐時代に精密に再現された複製が、彼の書の真価を今に伝えています。

「王羲之と日本の書」では、そんな王羲之を源泉とする日本の書の豊かな流れをご紹介。空海に最澄、能書家として三蹟に数えられる藤原行成から、嵯峨天皇、後鳥羽天皇など、錚々たる面々の肉筆が見られる、またとない機会です。さらに、西郷隆盛の額字「敬天愛人」も展示。こちらもお見逃しなく!
額字「敬天愛人」

額字「敬天愛人」

西郷隆盛筆
1面
明治時代・19世紀
東京国立博物館蔵
(2月10日〜3月11日展示)

「天を敬い、人を愛す」は、西郷隆盛の人生観の結晶ともいえる言葉です。
開催期間:2018年2月10日(土)〜4月8日(日)
開催時間:午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜・土曜は午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(2月12日は開館、2月13日は休館)
開催場所:九州国立博物館

③2018/4/7〜5/20 特別展「池大雅 天衣無縫の旅の画家」(京都国立博物館)

59 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

幕末を代表する兵学者であり、勝海舟、坂本龍馬などに多大な影響を与えた佐久間象山。「天才」とその才能を称賛されたにもかかわらず、暗殺され、佐久間家は断絶。しかし後にその功績が評価されるとともに、生誕地・長野県松代には彼を祭神として祀る象山神社が建てられました。天才ゆえにトラブルの絶えなかった象山の生涯と、象山神社をご紹介します。
刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

国宝・重要文化財の刀剣を所蔵し、その保存と研究に励む「刀剣博物館」が墨田区両国に移転、2018年1月にオープンしました。新しくなった刀剣博物館の魅力と現在開催中の企画展「現代刀職展」の見どころを、「歴☆女子会」主宰で、刀剣にも詳しい磯部深雪さんがたっぷりご紹介します。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
第8回:時代に翻弄された皇女和宮と大奥の女性たち【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第8回:時代に翻弄された皇女和宮と大奥の女性たち【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第8回は、皇女和宮ゆかりの地。幕末には、多くの人が時代の流れに翻弄されましたが、それは大名や志士たちだけではなく天皇家や公家も例外ではありませんでした。今回は、許嫁との婚約を破棄して徳川に嫁ぐこととなった、皇女和宮の生涯とゆかりの地とともに、大奥の女性たちについてもご紹介します。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。