お正月の風物詩!箱根駅伝と金栗四三の素敵な関係
2018年12月28日 更新

お正月の風物詩!箱根駅伝と金栗四三の素敵な関係

お正月の風物詩のひとつに、箱根駅伝を挙げる方も多いのではないでしょうか。学生たちの全力を尽くした走りには感動させられますよね。ところで、この箱根駅伝は大河ドラマ「いだてん」の主人公となる金栗四三の発案によるものだったことをご存知でしょうか。金栗がどのようにして箱根駅伝を実現させたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

オリンピックで苦汁を舐めた金栗四三の発案

「箱根駅伝だけではなく、日本女子スポーツの振興にも尽力...

「箱根駅伝だけではなく、日本女子スポーツの振興にも尽力した金栗」

via 写真提供:和水町
当時のマラソンの世界記録を出し、明治45(1912)年のストックホルムオリンピックには金メダル候補として出場した金栗四三。しかし、日射病により途中棄権という結果に終わってしまいます。
その後、オリンピック委員会の計らいにより、55年後にゴールテープを切った感動のエピソードが伝わっていますね。

それからも金栗はアントワープ大会やパリ大会に出場しますが、結果はふるいませんでした。この苦い経験から、金栗は世界と対等に戦えるマラソン選手の育成が必要だと感じ、駅伝競走の創設を提唱したのです。

金栗四三が創設に尽力した箱根駅伝

大正6(1917)年、日本初の駅伝である「東京奠都五十年奉祝・東海道駅伝徒歩競走」が京都・三条大橋と東京・上野不忍池間で行われました。関西組と関東組に分かれ、3日間昼夜兼行で走り継ぐというたすきリレーで、金栗は関東組のアンカーをつとめていました。レースは大成功を収め、これが箱根駅伝の原型となったのです。
京都・三条大橋にある駅伝発祥の石碑。

京都・三条大橋にある駅伝発祥の石碑。

via 撮影:ユカリノ編集部
金栗は大学や師範学校などに呼びかけ、大正9(1920)年に四大専門学校対抗駅伝競走を開催しました。
これが箱根駅伝の第1回大会となるもので、早稲田大学・慶應義塾大学・明治大学・東京高等師範学校(現・筑波大学)の4校が参加しました。

そして現在に至り、平成31(2019)年で第95回を迎えます。現在は21チームが競い合い、10区間217.1kmと学生の走る距離としては日本最長となっていますよ。最優秀選手には金栗四三杯が授与されます。

箱根駅伝コースの見どころ:その①「花の2区」権太坂

歌川広重が描いた「東海道名所之内 権太坂」

歌川広重が描いた「東海道名所之内 権太坂」

東海道五十三次で、箱根に次ぐ難所といわれた権太坂。
現在の箱根駅伝では違うルートを通るが、ランナー泣かせの勾配が続く。
via 国立国会図書館デジタルコレクション
「花の2区」と呼ばれるこの区間は、各校のエースランナーが顔をそろえる前半の見どころです。箱根駅伝の中でも最長の23.1kmを走り、鶴見中継所から戸塚中継所までの区間となっています。

権太坂は2区の難所で、ゆるやかな勾配が続くランナー泣かせの場所。ここを制したランナーこそ、真のエースの称号を手にするのです。

箱根駅伝コースの見どころ:その②「山登りの5区」

「芦ノ湖ゴール地点のそばにある箱根駅伝栄光の碑」

「芦ノ湖ゴール地点のそばにある箱根駅伝栄光の碑」

標高差が864mもある5区は、箱根の山中の天気が急変することも多く、波乱が多い区間です。
近年では山上りのヒーローが生まれ、「山の神」と呼ばれるランナーも出てきました。芦ノ湖を前にゴールテープを切るランナーの姿は必見です。

箱根駅伝を走ったランナーの中には、現在世界のマラソン競技で活躍する人たちがいます。金栗の思いがようやく結実したと言えるでしょう。年明け1月2日と3日の箱根駅伝は、金栗の思いを感じながらぜひご覧になってみて下さいね。

(xiao)
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

オリンピックを題材にした2019年の大河ドラマ『いだてん』。宮藤官九郎氏のオリジナル脚本で、早くも異色の大河ドラマとして話題になっていますね。 主人公は、日本初のオリンピック選手となった金栗四三。その金栗ゆかりの地である熊本県の玉名に、ついに大河ドラマ館がオープン!ドラマがもっと楽しくなる、大河ドラマ館の模様をレポートします。
マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主人公である、金栗四三の出身地として注目されている熊本県玉名郡和水町。現存する金栗の生家近くに、2019年1月11日(金)オープンしたのが『金栗四三ミュージアム』です。ここでは金栗を等身大の視点で紹介し、日本のマラソン界発展のために捧げた彼の生涯を体感できる、地元ならではのミュージアムとなっています。
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
金栗四三の足袋や妻・スヤとの写真も!ゆかりの品から見る「いだてん」主人公の人物像とは

金栗四三の足袋や妻・スヤとの写真も!ゆかりの品から見る「いだてん」主人公の人物像とは

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三。マラソンの父といわれ、日本のスポーツ界への功績は偉大です。一方、中村勘九郎さんが演じる金栗が、大河ドラマでどのように描かれるのか、その人物像も気になるところです。金栗ゆかりの地・熊本県玉名市に残る彼のゆかりの品から、その人物像を探ってみました。
大河ドラマ「いだてん」金栗四三ゆかりの地とロケ地をチェック

大河ドラマ「いだてん」金栗四三ゆかりの地とロケ地をチェック

2019年の大河ドラマは、日本マラソンの父といわれる金栗四三を主人公にした「いだてん」です。日本人で初めてオリンピックに参加し、箱根駅伝の創設者としても知られる金栗四三を中村勘九郎さんが演じます。今までにない大河ドラマとして期待の高まる「いだてん」の舞台と、金栗四三ゆかりの地・熊本をいち早くご紹介します。
2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

世界的なスポーツとなった柔道。その誕生に貢献した「柔道の父」嘉納治五郎は、日本のオリンピックへの参加を実現させたことから「オリンピックの父」とも呼ばれていました。2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では役所広司さんが演じ、主人公の金栗四三を見出した治五郎の功績と講道館を紹介します。
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年は亥年。猪のように猪突猛進に突き進んでいきたいですね。そこで今回は猪にゆかりのあるお城をチョイス。お城充をしながら干支のご利益にあやかってみてはいかがでしょうか。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?