土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売
2018年4月3日 更新

土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売

「縄文の美」をテーマに、日本各地で育まれた優品が集まる特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が東京国立博物館にて開催。7月3日(火)の開催を前に、限定オリジナルグッズと前売一般鑑賞券がセットになった前売券が4月3日(火)より発売されます。土偶型のペンライトなど今までにないグッズは、土偶ファンならずとも見逃せません!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本各地で育まれた「縄文の美」が集結!

1万3000年前から約1万年間にわたって続いた縄文時代。人々が日々の暮らしの中で工夫を重ねて作り出した様々な道具は、高度な文化と技術を持っていたことが証明されています。

この特別展では「縄文の美」をテーマに、日本各地から集められた優品が約200件集結。
国宝の「火焔型土器」(十日町市蔵/十日町市博物館保管)など土器や石器のほか、国宝に指定されている縄文時代の土偶6件がすべて揃うのもポイントです(6件のうち「縄文のビーナス」「仮面の女神」の展示期間は7/31〜9/2)。
国宝「土偶 中空土偶」

国宝「土偶 中空土偶」

北海道函館市 著保内野遺跡出土
縄文時代(後期)・前2000~前1000年
函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)

全身が現存する中空土偶の中でも最大を誇り、北海道唯一の国宝でもあります。

軍手にペンライト?オリジナルグッズつき前売券発売!

縄文時代を「美」の視点から見つめた、かつてない特別展。4月3日(火)から発売される前売券とセットになったオリジナルグッズも、ヴィジュアル重視のユニークなものが揃いました。

ポスターにもなっている国宝「遮光器土偶」(青森県つがる市木造亀ケ岡出土/東京国立博物館蔵)がモチーフのグッズつき前売券は全3種。どれも数量限定なので、気になる方は早めのチェックをおすすめします。
A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

発掘現場に便利な軍手と、開催時期の夏にうれしい保冷財とのセット券。「遮光器土偶」のイラストがポイント。2500円。
B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

「遮光器土偶」が神秘的に光るペンライトとのセット券。夜の上野公園散策のおともはもちろん、ライブやフェスでも使える?ただし、博物館展示室内では使えないのでご注意ください・・・。2500円。
C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定...

C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定2000セット)

ファスナーを締めればポーチになるハンドタオル「どっとぽーち(.POUCH)」の「遮光器土偶」バージョンがついたセット券。ポーチとしてはもちろん、人形にもなる優れもの。3200円。
開催が待ち遠しくなるオリジナルグッズ。土偶好きはもちろん、縄文などに触れてこなかった方の心にも響くのではないでしょうか?
迷ったら複数買いもあり!ぜひ、ゲットして夏の開催に備えましょう♪
販売期間:2018年4月3日(火)〜7月2日(月)、ただし数量限定
※A、Bは展覧会公式サイト(オンラインチケット)、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあで販売。Cはセブンチケットで販売。
※各グッズは、本展会期中・開館日・開館期間内に限り、本展会場内の特設ショップでの引き換えになります。
※「保冷剤」「軍手」「土偶ペンライト」「土偶パペットタオル」は、チケットに残数が発生した場合のみ、特設ショップでそれぞれ単品で販売いたします(チケットの販売が限定数に達した場合には、単品販売は実施いたしません)。

特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」

 (17257)

開催期間:2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
開催時間:午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜・土曜は〜午後9時、日曜および7月16日(月・祝)は〜午後6時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日
開催場所:東京国立博物館
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

東京の23区内にもけっこう残っている古墳。開発などで消えた古墳が多いですが、現在見に行ける古墳だってまだまだあります。今回は23区の中でも都心にほど近い上野と芝、そして代官山にある古墳を紹介いたします。全て最寄りの駅から歩いて5分程度の距離。知らずに通り過ぎていたら損ですよ!!
国立公文書館「温泉 〜江戸の湯めぐり〜」レポート

国立公文書館「温泉 〜江戸の湯めぐり〜」レポート

2019年3月9日(土)まで国立公文書館で開催されている企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」。日本人は古代より温泉と親しみ利用してきました。戦乱の世を経て江戸時代になり平和が訪れると、大名から一般庶民に至るまで湯治の旅に出かけることができるようになり、温泉に対する関心も高まります。江戸時代の書物・名所図会・紀行文や書状を中心に、温泉と歴史の深いつながりを楽しむことができる企画展を、温泉×歴史ナビゲーターの志真うたがレポートします。
これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

好評につき、ユカリノ主催・女子限定城歩きイベントの第3弾が決定しました!今回は、誰もが知っている「江戸城」の意外な見どころを探します。城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…という城めぐり初心者の女子の皆様、この機会にぜひご参加ください。