土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売
2018年4月3日 更新

土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売

「縄文の美」をテーマに、日本各地で育まれた優品が集まる特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が東京国立博物館にて開催。7月3日(火)の開催を前に、限定オリジナルグッズと前売一般鑑賞券がセットになった前売券が4月3日(火)より発売されます。土偶型のペンライトなど今までにないグッズは、土偶ファンならずとも見逃せません!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本各地で育まれた「縄文の美」が集結!

1万3000年前から約1万年間にわたって続いた縄文時代。人々が日々の暮らしの中で工夫を重ねて作り出した様々な道具は、高度な文化と技術を持っていたことが証明されています。

この特別展では「縄文の美」をテーマに、日本各地から集められた優品が約200件集結。
国宝の「火焔型土器」(十日町市蔵/十日町市博物館保管)など土器や石器のほか、国宝に指定されている縄文時代の土偶6件がすべて揃うのもポイントです(6件のうち「縄文のビーナス」「仮面の女神」の展示期間は7/31〜9/2)。
国宝「土偶 中空土偶」

国宝「土偶 中空土偶」

北海道函館市 著保内野遺跡出土
縄文時代(後期)・前2000~前1000年
函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)

全身が現存する中空土偶の中でも最大を誇り、北海道唯一の国宝でもあります。

軍手にペンライト?オリジナルグッズつき前売券発売!

縄文時代を「美」の視点から見つめた、かつてない特別展。4月3日(火)から発売される前売券とセットになったオリジナルグッズも、ヴィジュアル重視のユニークなものが揃いました。

ポスターにもなっている国宝「遮光器土偶」(青森県つがる市木造亀ケ岡出土/東京国立博物館蔵)がモチーフのグッズつき前売券は全3種。どれも数量限定なので、気になる方は早めのチェックをおすすめします。
A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

発掘現場に便利な軍手と、開催時期の夏にうれしい保冷財とのセット券。「遮光器土偶」のイラストがポイント。2500円。
B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

「遮光器土偶」が神秘的に光るペンライトとのセット券。夜の上野公園散策のおともはもちろん、ライブやフェスでも使える?ただし、博物館展示室内では使えないのでご注意ください・・・。2500円。
C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定...

C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定2000セット)

ファスナーを締めればポーチになるハンドタオル「どっとぽーち(.POUCH)」の「遮光器土偶」バージョンがついたセット券。ポーチとしてはもちろん、人形にもなる優れもの。3200円。
開催が待ち遠しくなるオリジナルグッズ。土偶好きはもちろん、縄文などに触れてこなかった方の心にも響くのではないでしょうか?
迷ったら複数買いもあり!ぜひ、ゲットして夏の開催に備えましょう♪
販売期間:2018年4月3日(火)〜7月2日(月)、ただし数量限定
※A、Bは展覧会公式サイト(オンラインチケット)、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあで販売。Cはセブンチケットで販売。
※各グッズは、本展会期中・開館日・開館期間内に限り、本展会場内の特設ショップでの引き換えになります。
※「保冷剤」「軍手」「土偶ペンライト」「土偶パペットタオル」は、チケットに残数が発生した場合のみ、特設ショップでそれぞれ単品で販売いたします(チケットの販売が限定数に達した場合には、単品販売は実施いたしません)。

特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」

 (17257)

開催期間:2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
開催時間:午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜・土曜は〜午後9時、日曜および7月16日(月・祝)は〜午後6時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日
開催場所:東京国立博物館
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

東京の23区内にもけっこう残っている古墳。開発などで消えた古墳が多いですが、現在見に行ける古墳だってまだまだあります。今回は23区の中でも都心にほど近い上野と芝、そして代官山にある古墳を紹介いたします。全て最寄りの駅から歩いて5分程度の距離。知らずに通り過ぎていたら損ですよ!!
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
縄文グルメ、ブラボー!『縄文ハンバーグ』を作ってみた【偉人が愛した肉料理:第6回】

縄文グルメ、ブラボー!『縄文ハンバーグ』を作ってみた【偉人が愛した肉料理:第6回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。昨今のジビエ&縄文ブームから、縄文人が食べていたといわれるイノシシ肉を使った料理に注目。第6回は、縄文時代も作られていたとみられる『縄文ハンバーグ』を実際に再現してみました!気になるその味とは…?
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。