土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売
2018年4月3日 更新

土偶ペンライトがやばい!特別展「縄文」限定グッズつき前売券が発売

「縄文の美」をテーマに、日本各地で育まれた優品が集まる特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が東京国立博物館にて開催。7月3日(火)の開催を前に、限定オリジナルグッズと前売一般鑑賞券がセットになった前売券が4月3日(火)より発売されます。土偶型のペンライトなど今までにないグッズは、土偶ファンならずとも見逃せません!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本各地で育まれた「縄文の美」が集結!

1万3000年前から約1万年間にわたって続いた縄文時代。人々が日々の暮らしの中で工夫を重ねて作り出した様々な道具は、高度な文化と技術を持っていたことが証明されています。

この特別展では「縄文の美」をテーマに、日本各地から集められた優品が約200件集結。
国宝の「火焔型土器」(十日町市蔵/十日町市博物館保管)など土器や石器のほか、国宝に指定されている縄文時代の土偶6件がすべて揃うのもポイントです(6件のうち「縄文のビーナス」「仮面の女神」の展示期間は7/31〜9/2)。
国宝「土偶 中空土偶」

国宝「土偶 中空土偶」

北海道函館市 著保内野遺跡出土
縄文時代(後期)・前2000~前1000年
函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)

全身が現存する中空土偶の中でも最大を誇り、北海道唯一の国宝でもあります。

軍手にペンライト?オリジナルグッズつき前売券発売!

縄文時代を「美」の視点から見つめた、かつてない特別展。4月3日(火)から発売される前売券とセットになったオリジナルグッズも、ヴィジュアル重視のユニークなものが揃いました。

ポスターにもなっている国宝「遮光器土偶」(青森県つがる市木造亀ケ岡出土/東京国立博物館蔵)がモチーフのグッズつき前売券は全3種。どれも数量限定なので、気になる方は早めのチェックをおすすめします。
A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

A.「発掘現場必携アイテム」セット券(限定1000セット)

発掘現場に便利な軍手と、開催時期の夏にうれしい保冷財とのセット券。「遮光器土偶」のイラストがポイント。2500円。
B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

B.「土偶ペンライト」セット券(限定1000セット)

「遮光器土偶」が神秘的に光るペンライトとのセット券。夜の上野公園散策のおともはもちろん、ライブやフェスでも使える?ただし、博物館展示室内では使えないのでご注意ください・・・。2500円。
C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定...

C.「土偶パペットタオル」セット券(セブンチケット限定2000セット)

ファスナーを締めればポーチになるハンドタオル「どっとぽーち(.POUCH)」の「遮光器土偶」バージョンがついたセット券。ポーチとしてはもちろん、人形にもなる優れもの。3200円。
開催が待ち遠しくなるオリジナルグッズ。土偶好きはもちろん、縄文などに触れてこなかった方の心にも響くのではないでしょうか?
迷ったら複数買いもあり!ぜひ、ゲットして夏の開催に備えましょう♪
販売期間:2018年4月3日(火)〜7月2日(月)、ただし数量限定
※A、Bは展覧会公式サイト(オンラインチケット)、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあで販売。Cはセブンチケットで販売。
※各グッズは、本展会期中・開館日・開館期間内に限り、本展会場内の特設ショップでの引き換えになります。
※「保冷剤」「軍手」「土偶ペンライト」「土偶パペットタオル」は、チケットに残数が発生した場合のみ、特設ショップでそれぞれ単品で販売いたします(チケットの販売が限定数に達した場合には、単品販売は実施いたしません)。

特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」

 (17257)

開催期間:2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
開催時間:午前9時30分〜午後5時
※会期中の金曜・土曜は〜午後9時、日曜および7月16日(月・祝)は〜午後6時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(7月16日、8月13日は開館)、7月17日
開催場所:東京国立博物館
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

パンダと一緒に古墳も見よう! 東京こんなところに古墳(上野・芝・代官山編)

東京の23区内にもけっこう残っている古墳。開発などで消えた古墳が多いですが、現在見に行ける古墳だってまだまだあります。今回は23区の中でも都心にほど近い上野と芝、そして代官山にある古墳を紹介いたします。全て最寄りの駅から歩いて5分程度の距離。知らずに通り過ぎていたら損ですよ!!
【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

東京の上野といえば、動物園や博物館、あるいは花見の名所として人気の行楽地をイメージする人が多いと思います。しかし、江戸から明治へ時代が移り変わろうとしていた頃、この上野を舞台に、激しい戦闘がくり広げられました。今回は、慶応4年5月15日(1868年7月4日)に起こった「上野戦争」と、この戦争にまつわる史跡について紹介していきます。
源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

毎年7月9日と10日、東京・浅草寺で開催される「ほおずき市」。江戸時代から続く、下町の夏の風物詩として有名です。そしてこのほおずき市のルーツには、あの源頼朝が関係しているのではないかと言われているのをご存知でしょうか。今回は、ほおずき市とその歴史についてご紹介します。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。