【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?
2018年1月25日 更新

【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

妙円寺詣りとは、鹿児島市内から日置市伊集院町まで、約20kmの道のりを歩いて参拝する伝統行事のことです。これは、関ヶ原の戦いで敵中突破を果たした島津勢の苦難をしのび、当時の武士たちによって始められました。しかも、西郷隆盛と大久保利道も参加していたんです。今回は戦国ファンも幕末ファンも気になる、鹿児島三大行事のひとつ、妙円寺詣りをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

妙円寺詣りのきっかけは「島津の退き口」!?

伊集院駅前にある島津義弘像(鹿児島県日置市)

伊集院駅前にある島津義弘像(鹿児島県日置市)

駅前整備事業で交差点の位置を変えるため、昨年11月より西側に22m移動しています。
鹿児島には薩摩藩の頃から続く鹿児島三大行事があります。そのひとつが妙円寺詣りです。
鹿児島市内から妙円寺(現在は徳重神社)のある日置市伊集院町まで、約20kmの道のりを歩いて参拝するのですが、その妙円寺を菩提寺とするのが島津義弘です。

慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで豊臣方として徳川方と戦っていた島津勢でしたが、徳川方が優勢となり、退陣を余儀なくされました。
その際、島津勢は大胆にも敵陣の中央を突破。有名な「島津の退き口」です。
彼らは養老および鈴鹿山脈を越え、堺の港から無事、薩摩に帰還することができたのです。
関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)

関ヶ原合戦図屏風(六曲一隻)

関ケ原町歴史民族資料館蔵
そんな義弘の苦難をしのび、鹿児島城下の武士たちは、関ヶ原の戦い前夜の旧暦9月14日、往復40kmの道のりを鎧・兜に身を固め、夜を徹して妙円寺に参拝し始めました。
明治の廃仏毀釈で徳重神社に変わってからも参詣は続き、明治以降は庶民も参加できるようになりました。やがて、鹿児島三大行事として受け継がれたのです。

徒歩で40km、しかも甲冑を着て歩くとは、当時といえど、大変だったに違いありません。

西郷隆盛や大久保利通も参加

城山にある西郷隆盛像(鹿児島県鹿児島市)

城山にある西郷隆盛像(鹿児島県鹿児島市)

西郷隆盛誕生地(鹿児島県鹿児島市)

西郷隆盛誕生地(鹿児島県鹿児島市)

文政10年(1828)、下級藩士たちが住む下加治屋町(現・鹿児島市加治屋町)で、長男として生まれた西郷隆盛。一方、大久保利通は文政13年(1830)、川向こうの下高麗町に生まれ、幼少期に下加治屋町に引っ越してきました。

なんと、西郷や大久保も、この妙円寺詣りに参加していたのです。
大久保利通生い立ちの地(鹿児島県鹿児島市)

大久保利通生い立ちの地(鹿児島県鹿児島市)

「西郷隆盛誕生地」から、維新ふるさと館を挟んだ、目と鼻の先にある「大久保利通生い立ちの地」。近くには大山巌、村田新八、東郷平八郎などの誕生地もあります。
大久保の日記には、嘉永元年(1848)に、妙円寺詣りに行く途中に西郷と会い、共に参加して感銘を受けたことが記されています。

また、鎧が痛くて繕ってもらったこと、鹿児島城下の千石馬場には男女や身分を問わず多くの見物客が詰めかけていたこと、さらに「薩人の幸せ安泰、天下よく治まっている訳は、義弘公の有り余る徳があるからこそで、有志の士がこの日に安閑徒然と耽って歓談していることは、すなわち罪人である。」(『大久保利通文書』第九巻より)とまで書いています。

戦国武将の決死の行動に、やがて時代を動かす維新志士たちが感銘を受けていたのですから、歴史ファンにはたまらないものがありますよね。
明治元年頃の大久保利通

明治元年頃の大久保利通

現在の妙円寺詣りは毎年10月に開催

現在の妙円寺詣り

現在の妙円寺詣り

23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【須賀・愛加那・糸子】西郷隆盛が愛した3人の妻たちってどんな人?

【須賀・愛加那・糸子】西郷隆盛が愛した3人の妻たちってどんな人?

女性はもちろん、男性からも?モテたという「西郷どん」こと西郷隆盛には、3人の妻たちがいました。最初の妻は須賀、2番目の妻は奄美大島で出会った愛加那(あいかな)、そして3番目の妻は糸子です。大河ドラマでも盛り上がり必至の3人の女性たちとゆかりの地を、一足お先に予習しちゃいましょう。
西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島に続々オープン!大河ドラマ「西郷どん」関連の施設まとめ

西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島に続々オープン!大河ドラマ「西郷どん」関連の施設まとめ

大河ドラマ「西郷どん」の放送に合わせ、西郷隆盛の地元・鹿児島では関連施設が続々オープン。1月13日(土)には「西郷どん 大河ドラマ館」が、西郷ゆかりの温泉地である指宿市には「いぶすき西郷どん館」が1月12日(金)より開館します。ドラマがさらに楽しくなる!施設の見どころをご紹介します。
大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第3回】

大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第3回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。
温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きで知られる「西郷どん」こと西郷隆盛。西郷が愛した温泉のひとつが、鹿児島県霧島市にある日当山温泉です。鹿児島空港からすぐ近く、県外から訪れた方も気軽に立ち寄ることができおすすめの西郷ゆかりの湯。近くにある日本最大の西郷像が建つ「西郷公園」とあわせ、歴史タレント・小栗さくらさんがセットでご案内します。
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!