銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」
2017年8月25日 更新

銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

「9月15日は何の日?」と聞かれて答えられないあなたは、歴史好きとしてモグリです。そう、関ヶ原の戦いの決戦日ですね。今から417年前の旧暦の9月15日、美濃国(岐阜県)関ヶ原において戦国時代最大の合戦が勃発しました。毎年10月に「関ヶ原合戦祭り」が開催されるのは戦国ファンのよく知るところですが、今年は岡田准一主演の映画『関ヶ原』が公開されることもあり、にわかに盛り上がっています。今回は、石田三成を中心に関ヶ原参戦武将の銅像をたどってみましょう。

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

西軍リーダーの石田三成は銅像も「実直」「誠実」

豊臣秀吉と幼き石田三成の「出逢い像」。

豊臣秀吉と幼き石田三成の「出逢い像」。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
〝天下分け目〟と称される関ヶ原の戦い。東軍の大将である徳川家康は、豊臣秀吉死後の豊臣政権を乗っ取る気満々だったわけですが、西軍を率いた石田三成はもちろん自分の天下を望んでいたわけではありません。彼の目的は、自分を高く取り立ててくれた秀吉に報いるために、豊臣政権を家康の魔手から守ることにありました。
 
 三成の銅像は、滋賀県北東部、長浜と彦根の周辺に3体あります。まずは長浜駅前に立つ、秀吉と佐吉(三成の幼名)の「出逢い像」。銅像を見てすぐにピンとくるとおり、この銅像は「三献茶」の逸話をモチーフにしたもの。このエピソードは歴史好きなら言わずもがなだと思いますが、念のため。まだ秀吉が信長の家臣で長浜城主だった頃、秀吉は鷹狩りの帰り道に観音寺に立ち寄りました。観音寺に奉公していた佐吉は、1杯目は喉を潤すためにぬるめの湯をたっぷりと、2杯目は飲みやすいやや熱い湯を、3杯目は熱い湯を秀吉に差し出しました。この気遣いに感激した秀吉は、小姓として佐吉を迎え入れた、というあの話です。
1981年に長浜駅前に設置された。なお、1981年の大...

1981年に長浜駅前に設置された。なお、1981年の大河ドラマは『おんな太閤記』だが、関係があるかどうかは不明。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
聡明で生真面目な顔をしている三成。

聡明で生真面目な顔をしている三成。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
2体目は、長浜市の東部にある石田町に立ちます。今度は町名を聞いてピンとくるとおり、この町は三成の出生地。今も三成の産湯の井戸や石田一族の供養塔などが残り、町外れには三献茶の舞台である観音寺も建ちます。この町の一角に立つ三成像は、まるで江戸時代の官僚か学者かというような裃(かみしも)姿。戦国武将の銅像は甲冑姿がスタンダードなのですが、そのずば抜けた官僚的才覚と裏方センスによって秀吉の天下統一事業を支え続けた三成には、甲冑よりも正装がふさわしいということでしょうか。
出生地跡に立つ三成像。戦国武将らしからぬ肩衣に袴という...

出生地跡に立つ三成像。戦国武将らしからぬ肩衣に袴という出で立ち。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
顔は、発掘された本人の頭蓋骨を参考に鋳造されたという。

顔は、発掘された本人の頭蓋骨を参考に鋳造されたという。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
裃姿の三成像をもう1体。秀吉の天下統一後、三成は佐和山19万石を与えられ、佐和山城主となります。その佐和山城の山麓に建つ龍潭寺にも三成の銅像がたたずみます。誠実そのものな眼差し。三成の実直さをよく表していますが、銅像としての面白味はというと……。個を押し殺して秀吉に尽くし、ただ豊臣家のために挙兵して関ヶ原に望んだ三成の生き様を、この銅像は象徴しているのかもしれません。
龍潭寺境内の三成像。次に三成の銅像が造られるとしたら、...

龍潭寺境内の三成像。次に三成の銅像が造られるとしたら、黄金に輝く前立てに黒髪乱髪の甲冑姿を希望。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
三成が城主だった佐和山城。関ヶ原後、徹底的に破壊され、...

三成が城主だった佐和山城。関ヶ原後、徹底的に破壊され、建物や石垣は彦根城築城に転用された。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

三成を支えた小西行長と宇喜多秀家の運命

宇土城跡の小西行長像。没後380年を記念して建造された。

宇土城跡の小西行長像。没後380年を記念して建造された。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
三成とともに、西軍の主力として戦った武将を紹介しましょう。まずはキリシタン大名として知られる小西行長。元々は商人の出ですが、三成同様にその才覚を秀吉に買われて側に仕え、朝鮮出兵でも先鋒を務めました。関ヶ原の戦いでは西軍陣地のほぼ中央に陣取り、激しい戦いを繰り広げるも敗戦。落ち延びた伊吹山山中で捕らわれ、三成や安国寺惠瓊とともに斬首となります。江戸時代以降、仏教や神道を弾圧した奸物と蔑まれていましたが、近年では再評価する声もあります。

 行長の銅像があるのは、熊本県の宇土城。行長自らが設計した居城の本丸跡に立つ行長像は、日本刀を携え、首から十字架を下げています。甲冑の上に羽織・袴を纏った姿は、商人出身ながら戦場に生きた行長の矜恃が感じられます。
完成したばかりの頃は、地元民からの設置反対運動があり、...

完成したばかりの頃は、地元民からの設置反対運動があり、2年間トタン屋根がかぶせられていた。

via 撮影:滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

滝沢弘康(かみゆ歴史編集部)

かみゆ歴史編集部は「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。最近の編集制作物に『鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台』(学研プラス)、『開運・日本の神社と御朱印』(英和出版社)、『日本の山城100名城』(洋泉社)など。代表の滝沢は講演や講座、メディア出演も行う。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。今回紹介する西軍コースは、義のために集い、貫き通した石田三成と、盟友である大谷吉継、島津義弘に宇喜多秀家と、特に人気の高い武将の陣跡が揃い踏み。歩けば彼らの信念が感じられること必至です。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!
戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

「有史以来、もっとも有名な日本人は誰か?」なんて国民調査は行われたことがないですが、行われれば間違いなくTOP3には入る人物なのが、今回紹介する織田信長。「天下人」「魔王」「麒麟児」「革命家」など彼を讃える称号は多くありますが、どんな言葉であってもその範疇に収まらないほど、日本人として規格外の人物でした。今も日本人が大好きな人物ゆえ、銅像も数多く残っています。今回は彼の略歴や居城の変遷を追いかけながら、覇王の像を紹介していきましょう。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook