大政奉還150周年企画!長州藩邸ゆかりの地・京都ホテルオークラで「桂小五郎」「二条城」がテーマのオリジナルカクテルが楽しめる!
2016年12月12日 更新

大政奉還150周年企画!長州藩邸ゆかりの地・京都ホテルオークラで「桂小五郎」「二条城」がテーマのオリジナルカクテルが楽しめる!

2017年大政奉還150周年を記念して、幕末・明治維新の舞台である長州藩邸跡に立つ京都ホテルオークラでは「二条城」と「桂小五郎」をテーマとしたオリジナルカクテルシリーズの販売を開始します。幕末志士たちゆかりの地・京都で、グラスを傾けながら思いを馳せてみてはいかが?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

幕末好きならぜひ飲みたい!大政奉還150周年カクテルシリーズ

幕末・明治維新の舞台である長州藩邸跡に立つ京都ホテルオークラでは、大政奉還150周年を記念し、通年で特別企画を実施。
オープニング企画として、2017年1月4日(水)より2階バー「チッペンデール」、17階トップラウンジ「オリゾンテ」にて「二条城」と「桂小五郎」をテーマとしたオリジナルカクテルシリーズの販売が開始されるそうです。
大政奉還150周年カクテルシリーズ 2017年1月・2...

大政奉還150周年カクテルシリーズ 2017年1月・2月のカクテル

大政奉還が表明された「二条城」の松をカクテルにした『二の丸の松』(写真左)

大政奉還が表明された場所「二条城」、二の丸御殿前の松並木に雪が積もる様子をイメージしたカクテルが『二の丸の松』です。

京都の日本酒をベースに、京都産の抹茶で松の深い緑を表現した冬のカクテルだそうですよ。

桂小五郎と黒船の出会いをテーマにした『出あい~ARRIVAL of KUROFUNE~』(写真右)

写真右のカクテルは、現在の京都ホテルオークラの場所にあった「長州藩邸」にちなんで、維新三傑のひとりとされる桂小五郎をテーマにしたもの。
京都ホテルオークラの敷地内に立つ桂小五郎像

京都ホテルオークラの敷地内に立つ桂小五郎像

ペリー来航時、江戸へ剣術留学中だった桂小五郎はその威容を間近で目撃し、大いに刺激を受けたとされています。そんな黒船との出あいをカクテルにしたのが『出あい~ARRIVAL of KUROFUNE~』。
青い海に見立てた日本酒をベースに、船をかたどったチョコレートブラウニーを添えて、大海原を越えてはるばるやってきた黒船を表現しているのだそう。

年内先行発売も!桂小五郎をイメージしたカクテル『Rising Sun』

『Rising Sun』

『Rising Sun』

年明けまで待てない!という方に朗報です。
2016年12月14日(水)~2017年12月29日(金)の期間は、桂小五郎をイメージしたカクテル『Rising Sun』が先行発売されます。

こちらは丹後の米で仕込んだ焼酎をベースに、山口県産柑橘の香りを利かせキリッとした味わいのカクテル。見た目もきれいなので女性が好きそうですね。

京都ゆかりの地めぐりの拠点に!カクテルご利用券付きの特別宿泊プランも

また、京都ホテルオークラでは、ホテルを拠点に「二条城」をはじめとする京都市内の幕末・明治維新の舞台を自由にめぐる「京都観光1日乗車券」がセットになった宿泊プランを2017年1月から販売予定。

【 特 典 】 大政奉還150周年カクテルご利用券(1名様1枚)、京都観光1日乗車券(1名様1枚)
【予約受付】 京都ホテルオークラ 宿泊プラン予約ページより(http://okura.kyotohotel.co.jp/stay/)※2017年1月上旬公開予定
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

薩長同盟を締結!幕末維新の立役者・桂小五郎と幾松の献身

薩長同盟を締結!幕末維新の立役者・桂小五郎と幾松の献身

西郷隆盛、大久保利通と並び維新三傑に数えられる長州藩士・桂小五郎。敬遠の仲だった長州藩と薩摩藩が手を結んだ「薩長同盟」により、時代は討幕へ突き進んでいくこととなります。維新の立役者ともいえる長州藩士・桂小五郎は、幕府からその命を狙われながらも行動を起こし、また妻となる幾松も命がけで支えました。動乱の時代を生きたふたりと、ゆかりの地を紹介します。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

幕末に起こった尊王運動の先駆者であり、吉田松陰や西郷隆盛など多くの志士たちに影響を与えた高山彦九郎。京都御所を望拝する姿をモチーフにした通称「土下座像」が有名ですが、京都にはもうひとつ、ゆかりの地があるんです。強烈なエピソードとともに、彦九郎の祖先のライバル・足利尊氏の墓のある等持院をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。