2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット
2018年5月2日 更新

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年放送の大河ドラマ『麒麟がくる』。主人公・明智光秀の謎めいた前半生に光をあてながら、最新の研究に基づいた英傑たちが描かれるとのことで、今から楽しみな方も多いはず。そこで気になるのが、タイトルの「麒麟」ではないでしょうか。あの首の長いキリンとは違う麒麟の正体と、麒麟にまつわる全国のスポットをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「麒麟」とは?

中国・明の時代に描かれた麒麟

中国・明の時代に描かれた麒麟

鳳凰、霊亀、応竜と共に「四霊」と総称されています。
まず「麒麟」とは、中国古代の想像上の動物です。
『礼記』によれば、王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物とされています。
その体形は鹿、蹄は馬、尾は牛に似て、頭に1本の角があり、翼を広げて空を飛び、全身から5色の光を放つといわれています。
あのキリンも「麒麟」が由来だった!?

あのキリンも「麒麟」が由来だった!?

明の時代の武将・鄭和が持ち帰ったキリン。
また、実存する動物「キリン」の名前の由来は、中国の明の時代にさかのぼります。
この時代、大船団を指揮してアフリカまで遠征した武将・鄭和(ていわ)は、当時の皇帝・永楽帝に彼の地で得た動物を献上しますが、その際、皇帝の善政を寿いで、この動物を「麒麟」と名づけたことが由来ともいわれています。

今回紹介する全国「麒麟」スポットはこちら!

・小説の影響で認知度アップ!日本橋の麒麟像(東京都中央区)
・江戸時代より伝わる「麒麟獅子舞」(鳥取県鳥取市)
・日本のスイスといわれる「麒麟山温泉」(新潟県東蒲原郡)
・「キリンビール」のラベルのもとになった「グラバー園」の狛犬(長崎県長崎市)
・グラバーのお気に入りだった太宰府天満宮の麒麟像(福岡県太宰府市)

小説の影響で認知度アップ!日本橋の麒麟像(東京都中央区)

日本橋の麒麟像

日本橋の麒麟像

東野圭吾原作の推理小説で映画にもなった『麒麟の翼』の影響により、さらに認知度が高まったのが、日本橋の照明灯を飾る麒麟像。
慶長8年(1603)に誕生して以来、20代目となる現在の日本橋は、明治44年(1911)に架けられたもので、高さ約1.5mの青銅製の麒麟像も、このとき設置されたといわれています。

原型製作は、日本近代彫刻の父と呼ばれた朝倉文夫の実兄にあたる、彫刻家の渡辺長男。
像の背中には、翼のようにも見えるヒレが生えていますが、「すべての道の起点である日本橋から、日本中へ飛び立っていけるように」という意味が込められているそうです。

江戸時代より伝わる「麒麟獅子舞」(鳥取県鳥取市)

宇倍神社の「麒麟獅子舞」

宇倍神社の「麒麟獅子舞」

「麒麟」の名がつく伝統芸能として知られるのが、鳥取県東部を中心とした因幡地方に伝わる「麒麟獅子舞」です。

麒麟をかたどった獅子頭をかぶり、胴幕に大人ふたりが入って舞う、独特の二人立ちの獅子舞の起源は江戸時代。鳥取藩主・池田光仲が、承応元年(1652)、日光東照宮の御神霊を祀る鳥取東照宮の祭礼の行列に、麒麟獅子舞を登場させたのが始まりだそう。光仲が能を愛好していたため、そこからヒントを得たともいわれています。

鳥取県の無形民俗文化財に指定されている伝統の舞いは、現在でも3月~7月、9月~11月を中心に、地域の祭礼行事などで見ることができます。
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

織田信長の命で丹波を平定し、近江と合わせて34万石の大名となった明智光秀。福知山城を居城とし、善政を布いた光秀は領民にも愛されました。その痕跡は、現在もたどることができます。光秀が主人公の大河ドラマ『麒麟がくる』でさらに注目度アップ、ゆかりの地の中でも光秀への愛にあふれる京都府福知山市をご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

夏といえばおまつり!2018年の夏休みも全国ではさまざまな歴史イベントが催されます。東京では特別展「縄文」が、京都では二条城の特別公開が開催。アツい武将まつりから涼しい水軍まつり、一度は行きたい伝統のまつりまで、10のイベントを厳選してご紹介。夏休みの国内旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。
2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

世界的なスポーツとなった柔道。その誕生に貢献した「柔道の父」嘉納治五郎は、日本のオリンピックへの参加を実現させたことから「オリンピックの父」とも呼ばれていました。2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では役所広司さんが演じ、主人公の金栗四三を見出した治五郎の功績と講道館を紹介します。