第4回:雲海だけじゃない!天空の城・竹田城【月刊 日本の城】
2018年3月30日 更新

第4回:雲海だけじゃない!天空の城・竹田城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城 写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第4回は天空の城として名高い竹田城をご紹介します。寒暖の差の大きな10~12月頃に城のまわり一帯に霧が立ち込め、竹田城の石垣が霧の雲海の上に顔を出します。また見どころは決して雲海だけではなく、400年以上前に築かれた武骨で荒々しい石垣もまた竹田城の魅力です。そんな竹田城のオススメのポイントを写真を中心に紹介していきます。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸時代以前に築かれた石垣がそのまま残る竹田城

竹田城(兵庫県朝来市)は、かつての但馬国(現在の兵庫県の北部)にある城です。戦国時代、竹田城は但馬国を支配した山名氏の有力家臣の居城でしたが、やがて羽柴秀吉が攻略し支配下に置きます。

天正13年(1585)には秀吉配下の赤松広秀が城主に任じられ、今見られる石垣はこの広秀が城主の時代に築いたものです。秀吉は石垣造りの城を全国に広めますが、竹田城もそのひとつで、石があまり加工されていない武骨な石垣が特徴です。

広秀は関ヶ原合戦後に切腹し、竹田城もその後廃城となりました。そのため、建築物はなくなってしまいますが、石垣は今に至るまでほぼそのままの状態で保たれている貴重なものです。
それでは、遥か山上に築かれた石垣の姿を堪能すべく、竹田城に、いざ出陣!

竹田城へのアクセス方法

竹田城は近年知名度が急上昇し、数多くの観光客が訪れるようになりました。竹田城までは山麓から山道を30~40分ほど登ると到着しますが、多くの方は山の中腹まで車道が通じているのでバスまたはタクシーでアクセスするようです。
なお、竹田城がある地は寒冷地で、冬は雪が積もる地方でもあり、季節により入城が規制されるのでご注意ください。

ただいま2017年12月1日〜2018年1月3日は、午前10時〜午後2時(最終登城午後1時)になります。

撮影ポイント1:訪城者を迎える大手門

【竹田城入口】いよいよここから竹田城に入る

【竹田城入口】いよいよここから竹田城に入る

via 写真提供:日本の城 写真集
山腹駐車場まで到着したら、そこから徒歩20分ほどで大手門跡に到着します。ここが竹田城めぐりのスタート地点。坂と階段を登って城内へ進みましょう。やがて大きな荒い石を積んだ石垣が見えてきます。このような石垣の積み方を野面積と呼びます。
【坂を登ると石垣が見えてくる】この先に大手門が待ち構える

【坂を登ると石垣が見えてくる】この先に大手門が待ち構える

via 写真提供:日本の城 写真集
【野面積の石垣】下から見上げると迫力がある

【野面積の石垣】下から見上げると迫力がある

via 写真提供:日本の城 写真集
【大手門枡形】大手門の枡形を見下ろす

【大手門枡形】大手門の枡形を見下ろす

via 写真提供:日本の城 写真集

北側の守りを固める北千畳

大手門を入ると北千畳という曲輪に入ります。北千畳は竹田城の北端の曲輪で、城内随一の広さがあります。
【北千畳】遥か山麓を望むことができる

【北千畳】遥か山麓を望むことができる

via 写真提供:日本の城 写真集
47 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三が生まれた地として注目されている熊本県和水町ですが、この地には歴史ファンにとってもう一つの見どころがあります。それが、戦国時代に和仁氏が居城とした田中城です。肥後国衆一揆で壮絶な抵抗を繰り広げた和仁三兄弟の伝説と合わせて、ご紹介しましょう。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

戦国武将にも筆まめな人は数々いるのですが、中でも恋文もといラブレターを残した武将がいることはご存知でしょうか?愛する人への思いは誰でも同じ。戦に明け暮れ、次の日の生死すら予測できない日々において、彼らが書き送ったラブレターはどんなものだったのでしょうか?
妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

あの織田信長に気に入られながら、突然謀反を起こし、説得しようとした黒田官兵衛を幽閉、さらにひとりで逃亡と、とんでもない逸話ばかりが並ぶ武将・荒木村重。大河ドラマ『軍師官兵衛』では、逆にその人間臭さが話題になりました。今回は妻・だしの名前の由来になった?彼の居城・有岡城とともに、その晩年をご紹介します。