聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ
2018年11月20日 更新

聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

古代の都であり、大化の改新の舞台としても知られる奈良県明日香村。2018年10月20日(土)21日(日)に「古都飛鳥文化祭2018」が開催されます。明日香村は聖徳太子ゆかりの地や古墳など、見どころがたくさん!レンタサイクルなどで気軽に古代巡りができるのも魅力です。この機会に行ってみたい、明日香村のオススメスポットをご紹介します。

みのうち社みのうち社

聖徳太子ゆかりのスポット

聖徳太子を描いたといわれる「唐本御影」

聖徳太子を描いたといわれる「唐本御影」

聖徳太子(厩戸皇子・うまやどのおうじ)は、現在の明日香村で574年に生まれたとされています。
推古天皇の時代に、蘇我馬子と政治を行いました。現代でもお札になったり、書籍などで大活躍の聖徳太子。その面影が残る場所が明日香村に残っています。

生まれたのは橘寺!?

元々は欽明天皇(きんめいてんのう)の別宮だったとされる橘寺(奈良県高市郡明日香村)。
こちらは聖徳太子の出生にまつわる伝説の地であります。

欽明天皇の皇女である穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が散歩中に産気づき、厩戸(馬小屋)の付近で聖徳太子をご出産したという逸話から、“厩戸皇子”という名前がついたと言われています。このお話し、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
橘寺は、まさにその舞台なのです。
橘寺

橘寺

飛鳥寺は古代のスクープ現場!!

蘇我馬子により、6世紀末から7世紀初頭にかけて創建された飛鳥寺。
日本では最初期の本格寺院だったそうです。中国の文化が入ってきた当時は、時代を先どる最先端の場所だったのでしょうね。
本尊の釈迦如来坐像(飛鳥大仏)が有名ですが、聖徳太子の少年時代の姿といわれる像がありますよ。
こちらは大化の改新で有名な中大兄皇子と中臣鎌足の出会いの地でもあります。
撮影:みのうち社 (25156)

via 撮影:みのうち社
7世紀に造られた釈迦如来坐像は、なんと約1400年前の飛鳥時代からこの場所にあったのだとか。
そのお顔は左右で表情が違ってみえるそう。撮影自由なので、お気に入りの角度を見つけてお写真を撮ってみて。
タイミングが合えば、大仏様の前でお寺の方のお話を聞くことができますよ。
撮影:みのうち社 (25158)

もしかしたら聖徳太子もこの大仏をご覧になったかも?
via 撮影:みのうち社
聖徳太子孝養像

聖徳太子孝養像

室町時代につくられた聖徳太子孝養像は、聖徳太子の父である用明天皇の病気回復を祈願をした姿とされています。聖徳太子がお若い頃のお姿とのこと。
via 撮影:みのうち社

大化の改新の舞台でもある

歴史の授業ではじめて年号を覚えたのは『大化の改新(645年)』という方も多いのではないでしょうか。その大化の改新の舞台がここ、明日香村にあります。

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子と中臣鎌足、ふたりの出会いは前述の飛鳥寺です。飛鳥寺にある木の下で、中大兄皇子が蹴鞠に興じていたときに勢い余って沓(くつ)がぬげてしまい、それを中臣鎌足がひろったのが出会いとされています。

蘇我入鹿が暗殺された飛鳥宮跡

45 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

2012年に完成から1300年を迎えた『古事記』、そして2020年には『日本書紀』も完成から1300年を迎えます。『古事記』と『日本書紀』が編纂された奈良県では、2020年までの間『記紀・万葉プロジェクト』が立ち上げられ、関連イベントも開催中。悠久の時を越え、奈良で古代ロマンに触れてみませんか?
【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地

【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地

東大寺の大仏を建立したことでも有名な聖武天皇の娘として生まれた孝謙天皇。史上6人目の女帝であり、2度の即位を果たした人物でもあります。寵愛する人物を側近に置き、時には入れ込みが過ぎるなど、波乱に満ちた彼女の生涯とともに、ゆかりの地を追ってみました。最期には、愛した道鏡との伝説も…?
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

藤原氏の歴史は、大化の改新で功績を残した中臣鎌足が、天智天皇から「藤原」の氏(うじ)を授かったことに始まります。平安時代は、朝廷の最高位である「摂政」「関白」となり、摂関政治を行うなど、不動の地位を築きます。武士の台頭により力は衰えますが、ブランド力は衰えず、戦国時代はあの織田信長も藤原氏を名乗っていたそうです。今回はそんな藤原氏の歴史とゆかりの地を紹介します。全人口の約1割を占めると言われる、藤原さん&○藤さんは必見です!
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

1951年の9月10日、黒澤明の「羅生門」がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞グランプリを受賞しました。日本初の海外映画祭グランプリ受賞という快挙は、昭和20年(1945)の敗戦によって打ちひしがれていた日本人に、大きな自信を与えました。そこで今回は「羅生門」を深堀りしながら時間旅行を楽しんでみましょう。
関ヶ原で起きたもう1つの天下分け目の戦い!壬申の乱【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第4回】

関ヶ原で起きたもう1つの天下分け目の戦い!壬申の乱【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第4回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第4回は「壬申の乱」です。西暦672年に起きた、この古代日本最大の内乱は、関ヶ原の戦いと同じく岐阜県関ケ原町が舞台となっていることから“もう1つの天下分け目の戦い”としても有名です。今回はそのゆかりの地を、足軽さんとともにレポートします。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

日本古代史の謎のひとつ・邪馬台国の場所。それを決定づける証拠として注目されるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。奈良県にある纒向遺跡の箸墓古墳を筆頭に、今年3月に福岡県赤村で見つかった古墳らしき地形も話題になりました。さらに静岡県沼津市にあるという説も…この中に本物はある?