2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地
2017年9月13日 更新

2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地

2018年に放送されるNHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」。三谷幸喜さんの脚本とあって、期待が高まっている人も多いのでは?今回は主人公のひとりで、享保18年(1733)9月13日に生まれた杉田玄白の生涯とゆかりの地を紹介します。『解体新書』はどのように生まれたのか?前野良沢や平賀源内との関係とは?放送前にチェック!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

杉田玄白の生涯とゆかりの地

杉田玄白

杉田玄白

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
杉田玄白は享保18年(1733)9月13日、江戸牛込矢来の小浜藩下屋敷で生まれました。若狭国小浜藩は現在の福井県小浜市にあたります。
杉田玄白誕生の碑

杉田玄白誕生の碑

杉田玄白が生まれた小浜藩下屋敷があった矢来公園(東京都新宿区)。屋敷の周囲に竹矢来をめぐらせたことから、矢来町の名が付けらた。
玄白の父の杉田甫仙(ほせん)はオランダ流医学を学んだ藩医でしたが、本格的に医学を学ぶようになったのは玄白が17歳の時、オランダ流外科医の西玄哲(にしげんてつ)の門に入ってからでした。本人が希望して、父がそれを許可したと言われています。

西玄哲は当時幕府の奥医師をしており、高輪の二本榎(麻布の六本木だという説もあり)に住んでいました。玄白は牛込の矢来から、連日玄哲のもとに通い、医学を学びました。その甲斐あって、宝暦2年(1752)には主君のいる上屋敷に藩医として通うようになりました。

『ターヘル・アナトミア』との出会い

『解体新書』の原書『ターヘル・アナトミア』

『解体新書』の原書『ターヘル・アナトミア』

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
明和8年(1771)39歳のときに、小塚原(こづかっぱら)刑場での腑分け(解剖)に、玄白と同郷の蘭方医・中川淳庵、そして豊前国中津藩(大分県中津市)の藩医・前野良沢らで立ち会います。

この時、良沢が持参したオランダの医書『ターヘル・アナトミア』が極めて正確なことを知って驚き、その翻訳を思い立ちました。さっそく良沢らと豊前中津藩中屋敷で会読(読書会)を始めますが、この時玄白は、オランダ語はほとんどわからなかったそうです。オランダ語の知識が豊富な良沢が中心となって翻訳を進めました。
小塚原刑場の首切地蔵

小塚原刑場の首切地蔵

江戸時代から明治時代初期まで存在した刑場
via https://ja.wikipedia.org/wiki/
満足な辞書もない時代、翻訳はかなり苦労したようで、「眉というものは眼の上方にあるものなり」という一文すら、丸一日かかってもわからないほどだったと言います。

それでも1ヶ月に7回ほど集まって勉強し、動物の解剖を行ったり、通訳の者に聞いたりしながら、11回もの書き直しと足かけ3年の歳月をかけ、安永3年(1774)8月、『解体新書』5巻を完成させました。

なお、玄白たちが翻訳作業に励んだ中津藩の江戸屋敷は、現在の中央区明石町にあり、「蘭学事始の地」として碑が建っています。また、安政5年(1858)に、福沢諭吉が藩命により蘭学の福沢塾(後の慶応義塾)を開いた地でもあります。
『解体新書』

『解体新書』

via 適塾蔵
その後玄白は、安永5年(1776)、藩の中屋敷を出て、近隣の旗本・竹本権兵衛から土地を借り、そこで開業するとともに「天真楼」と呼ばれる医学塾を開きました。玄白は外科に優れ、晩年には藩から加増を受けて400石に達しました。

『解体新書』の苦労話に福沢諭吉が感動!

『蘭学事始』

『蘭学事始』

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
『解体新書』の翻訳がいかに大変だったかは、『蘭学事始』に記されています。
元は玄白が83歳の時、弟子の大槻玄沢に送った手記でした。江戸時代は写本のみで伝わりましたが、幕末の頃にこの写本を読んだ福沢諭吉が泣いて感動し、学問の継承、保存の為にこの本を世に出版。一般に読まれるようになりました。

文化14年(1817)年6月1日、玄白は85歳で死去します。玄白の墓は虎ノ門の栄閑院(通称・猿寺)にあり、墓碑には「九幸杉田先生之墓」(幸と杉は旧字)、9つの幸せに恵まれたと記されています。
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

江戸文化の象徴の一つであり、屈指の賑わいを誇った吉原。浅草の北、吉原のあった地域は、当時の道や区画が、ほぼ現代に引き継がれているのが特徴です。歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、吉原の光と闇と共に、ゆかりの地をご案内します。
【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

夏といえば聞きたくなるコワイ話。東京には古くは平将門の首塚や、『四谷怪談』『番長皿屋敷』など、江戸時代の有名な怪談のゆかりの地が残されています。怪談、首塚、幽霊から妖怪まで、今回は東京のミステリースポットをご紹介。まだまだ暑い日が続く中、都会の真ん中でひんやり、肝だめし体験しちゃいましょう!
こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。