2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地
2017年9月13日 更新

2018年NHK時代劇で話題!『解体新書』杉田玄白ゆかりの地

2018年に放送されるNHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」。三谷幸喜さんの脚本とあって、期待が高まっている人も多いのでは?今回は主人公のひとりで、享保18年(1733)9月13日に生まれた杉田玄白の生涯とゆかりの地を紹介します。『解体新書』はどのように生まれたのか?前野良沢や平賀源内との関係とは?放送前にチェック!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

杉田玄白の生涯とゆかりの地

杉田玄白

杉田玄白

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
杉田玄白は享保18年(1733)9月13日、江戸牛込矢来の小浜藩下屋敷で生まれました。若狭国小浜藩は現在の福井県小浜市にあたります。
杉田玄白誕生の碑

杉田玄白誕生の碑

杉田玄白が生まれた小浜藩下屋敷があった矢来公園(東京都新宿区)。屋敷の周囲に竹矢来をめぐらせたことから、矢来町の名が付けらた。
玄白の父の杉田甫仙(ほせん)はオランダ流医学を学んだ藩医でしたが、本格的に医学を学ぶようになったのは玄白が17歳の時、オランダ流外科医の西玄哲(にしげんてつ)の門に入ってからでした。本人が希望して、父がそれを許可したと言われています。

西玄哲は当時幕府の奥医師をしており、高輪の二本榎(麻布の六本木だという説もあり)に住んでいました。玄白は牛込の矢来から、連日玄哲のもとに通い、医学を学びました。その甲斐あって、宝暦2年(1752)には主君のいる上屋敷に藩医として通うようになりました。

『ターヘル・アナトミア』との出会い

『解体新書』の原書『ターヘル・アナトミア』

『解体新書』の原書『ターヘル・アナトミア』

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
明和8年(1771)39歳のときに、小塚原(こづかっぱら)刑場での腑分け(解剖)に、玄白と同郷の蘭方医・中川淳庵、そして豊前国中津藩(大分県中津市)の藩医・前野良沢らで立ち会います。

この時、良沢が持参したオランダの医書『ターヘル・アナトミア』が極めて正確なことを知って驚き、その翻訳を思い立ちました。さっそく良沢らと豊前中津藩中屋敷で会読(読書会)を始めますが、この時玄白は、オランダ語はほとんどわからなかったそうです。オランダ語の知識が豊富な良沢が中心となって翻訳を進めました。
小塚原刑場の首切地蔵

小塚原刑場の首切地蔵

江戸時代から明治時代初期まで存在した刑場
via https://ja.wikipedia.org/wiki/
満足な辞書もない時代、翻訳はかなり苦労したようで、「眉というものは眼の上方にあるものなり」という一文すら、丸一日かかってもわからないほどだったと言います。

それでも1ヶ月に7回ほど集まって勉強し、動物の解剖を行ったり、通訳の者に聞いたりしながら、11回もの書き直しと足かけ3年の歳月をかけ、安永3年(1774)8月、『解体新書』5巻を完成させました。

なお、玄白たちが翻訳作業に励んだ中津藩の江戸屋敷は、現在の中央区明石町にあり、「蘭学事始の地」として碑が建っています。また、安政5年(1858)に、福沢諭吉が藩命により蘭学の福沢塾(後の慶応義塾)を開いた地でもあります。
『解体新書』

『解体新書』

via 適塾蔵
その後玄白は、安永5年(1776)、藩の中屋敷を出て、近隣の旗本・竹本権兵衛から土地を借り、そこで開業するとともに「天真楼」と呼ばれる医学塾を開きました。玄白は外科に優れ、晩年には藩から加増を受けて400石に達しました。

『解体新書』の苦労話に福沢諭吉が感動!

『蘭学事始』

『蘭学事始』

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
『解体新書』の翻訳がいかに大変だったかは、『蘭学事始』に記されています。
元は玄白が83歳の時、弟子の大槻玄沢に送った手記でした。江戸時代は写本のみで伝わりましたが、幕末の頃にこの写本を読んだ福沢諭吉が泣いて感動し、学問の継承、保存の為にこの本を世に出版。一般に読まれるようになりました。

文化14年(1817)年6月1日、玄白は85歳で死去します。玄白の墓は虎ノ門の栄閑院(通称・猿寺)にあり、墓碑には「九幸杉田先生之墓」(幸と杉は旧字)、9つの幸せに恵まれたと記されています。
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

【将門首塚、四谷怪談、番長皿屋敷……】江戸のミステリースポットで肝だめし⁉︎

夏といえば聞きたくなるコワイ話。東京には古くは平将門の首塚や、『四谷怪談』『番長皿屋敷』など、江戸時代の有名な怪談のゆかりの地が残されています。怪談、首塚、幽霊から妖怪まで、今回は東京のミステリースポットをご紹介。まだまだ暑い日が続く中、都会の真ん中でひんやり、肝だめし体験しちゃいましょう!
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。記念すべき第1回は、新選組副長・土方歳三の出身地である日野(東京都)をご案内。ファンにとっては「聖地」であり、歳三や井上源三郎のご子孫もいらっしゃる日野の魅力を丸ごとお届け!さらに天然理心流ゆかりの府中もご紹介します。
直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

戦で生き残った戦国武将は、普通は自分の領地で亡くなったと思いますよね。実は、意外にも江戸で息を引き取った人たちもいるんです。というのも、江戸時代に入って参勤交代が義務づけられると、各大名は自身の江戸屋敷に詰めていたから。意外な人物が江戸屋敷で亡くなっているのも驚きですが、その屋敷の跡地がどうなっているかというのもなかなか面白いですよ。さっそくチェックしてみてください。
【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

【相撲だけじゃない】すみだ北斎美術館と江戸東京博物館のある両国でアートめぐり

東京でアートめぐりをするなら、上野、青山、六本木が定番ですが、新たに注目されているのが両国です。昨年11月にオープンしたすみだ北斎美術館に、歴史好きにはおなじみの東京都江戸東京博物館、来年1月には刀剣博物館が移転など、かなりの盛り上がりを見せています。今回はイベントを中心に、両国の新たな魅力を紹介します。
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook