甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」
2018年5月8日 更新

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

福岡藩ゆかりの人物の肖像画や甲冑が多数展示

戦国時代中頃~桃山時代にかけて、鉄板を張り合わせた「頭形兜」(ずなりかぶと)と、鉄板などを張り重ねた「桶側胴」(おけがわどう)で作る当世具足(とうせいぐそく)が発達しました。

その当世具足を着用した武将の絵画として有名なのが、福岡藩初代藩主・黒田長政の馬上像です。
本展でも見ることができる「黒田長政像」には陣羽織に黒糸威の桶側胴、そして一の谷形兜という頭形兜で典型的な当世具足の姿が描かれ、まさに江戸時代初期の武将の姿といえます。
重要文化財 黒田長政像

重要文化財 黒田長政像

via 提供:福岡市博物館
そんな江戸時代の甲冑を中心に、福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども展示されているのが福岡市博物館で開催中の「甲冑にみる江戸時代展」です。
当時の甲冑はもちろん、黒田長政をはじめ黒田二十四騎の甲冑像なども見ることができる、甲冑好きにはたまらない本展。その気になる見どころを、福岡市博物館の学芸員さんに伺いました。

見どころ① 乱世に生まれた当世兜と桶側胴の典型

瓦頭立置手拭形兜・紺糸威五枚胴具足 1領(写真左)、鉄...

瓦頭立置手拭形兜・紺糸威五枚胴具足 1領(写真左)、鉄錆地桃形鬼面前立兜・紺糸威五枚胴具足 1領(写真右)

via 提供:福岡市博物館
写真右の「鉄錆地桃形鬼面前立(てつさびじももなりきめんまえたて)兜・紺糸威(こんいとおどし)五枚胴具足」は、福岡藩の家老・三奈木黒田家に仕えた加藤家に伝来した甲冑です。鉄板を張り合わせて作った桃形兜で、側面が刀剣や鉄砲玉を滑らせるなどの防御力にも優れています。戦国中頃~桃山時代に流行した当世兜の代表的なものです。

また写真左は、三奈木黒田家の重臣所用の当世具足「瓦頭立置手拭形(かわらずたておきてぬぐいなり)兜・紺糸威五枚胴具足」です。
胴は上方の甲冑師の一族・春田氏の製作で、細長い鉄板を鋲で止めて重ね合わせた桶側胴となっています。兜も鉄板を張り合わせて頭の頂上の部分を厚くした「置手拭形」と呼ばれるものです。

どちらも5つのパーツに分けられて製作しやすいため、戦国時代中頃から普及しました。

見どころ② 先祖伝来の古風な筋兜、星兜たち

武家で伝来していた星兜、筋兜

武家で伝来していた星兜、筋兜

via 提供:福岡市博物館
日本の兜は細い鉄板を張り合わせており、繋ぐために鋲で止めて頭の形の鉢に作りますが、室町時代までは、星に見立てた大型の鋲で止めていたため「星兜」と呼ばれました。
室町時代中頃には鋲が小さくなったため、その頭をつぶし張り合わせた鉄板が長い筋に見えるようにした「筋兜」が主流となったのです。

見どころ③ 殿様が命じた正確な肖像・甲冑調査

黒田二十四騎図巻(二十四臣之図)1巻 ※文化15(18...

黒田二十四騎図巻(二十四臣之図)1巻 ※文化15(1818)年/木邨信周筆/福岡市博物館蔵

via 提供:福岡市博物館
江戸時代後期に第10代藩主・斉清の命によりつくられた「黒田二十四騎画帖」。上の写真は、その写しです。黒田二十四騎の子孫の家々に残る肖像画や甲冑を実際に細かく調査し、実物の甲冑を着た姿に近い、二十四騎の一人一人の肖像が描かれた画帖が黒田家にあり、本展で展示している「黒田二十四騎図巻」でも、写真のように後藤基次や母里友信・小河信章・栗山利安の姿を見ることができます。

甲冑好きにとってはたまらない本展。甲冑の歴史を知れば、武将たちの肖像画の見方も変わるかもしれませんよ。

「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」

開催:平成30年4月24日(火)~6月24日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日:毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
【8月10日は妖怪出没注意】百鬼夜行日の逢魔刻に『妖怪ナイト』が開催

【8月10日は妖怪出没注意】百鬼夜行日の逢魔刻に『妖怪ナイト』が開催

福岡市博物館では、現在『幽霊・妖怪画の世界』展を開催中。その注目作品である「百鬼夜行絵巻」にちなみ、妖怪が出没すると言われる8月10日「百鬼夜行日」の逢魔刻に『妖怪ナイト』を開催。暑い夏の夜の思い出に、妖怪たちの世界を覗いてみませんか?
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。