坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】
2018年8月25日 更新

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。

小栗さくら小栗さくら

龍馬も訪れた「技の千葉」玄武館

玄武館跡(右文尚武の碑)

玄武館跡(右文尚武の碑)

都営新宿線・岩本町駅下車。
岩本町交番のすぐ近くに碑があります。
via 提供:小栗さくら
北辰一刀流の開祖・千葉周作は、千葉家の北辰夢想流と、一刀流を併せて北辰一刀流を創始しました。
はじめ日本橋品川町に玄武館の道場を開き、のちに神田お玉ヶ池(現在の岩本町)に道場を移します。周作は、古い因習にとらわれず合理的な剣術を目指し、また武士に限らず町人や商人にも教えたといわれています。
嘉永3年(1850)の切絵図(説明板より)

嘉永3年(1850)の切絵図(説明板より)

via 提供:小栗さくら
周作の子である栄次郎は、父を超える剣術の達人だったとか。
幕末の三舟の一人・山岡鉄舟は、若い頃に仲間と10人ほどで栄次郎に闇討ちをかけ、返り討ちにあって玄武館に入門したなんて逸話もあります。
3,000人を超える門弟の中には、新選組の前身・浪士組を結成させた清河八郎もいましたし、新選組の藤堂平助や山南敬助も北辰一刀流を学んでいます。

同じく北辰一刀流の坂本龍馬も玄武館には訪れたようですが、実際に学んでいたのはここではない千葉道場でした。

龍馬が学んだ「小千葉」

日本橋堀留町一丁目付近

日本橋堀留町一丁目付近

via 提供:小栗さくら
玄武館・千葉周作の弟、千葉定吉(さだきち)の道場は、玄武館が「大千葉」というのに対し、「小千葉」といわれていました。坂本龍馬が通っていたのは、通説ではこの千葉定吉道場といわれています(場所や道場については諸説あり)。

龍馬は、嘉永6年に19歳で千葉定吉道場に入門したといわれますが、この頃千葉道場は桶町にはなく、当時の切絵図には、千葉定吉の名が新材木町(現在の堀留町一丁目周辺)に記されているそうです。
千葉定吉道場跡の説明板より

千葉定吉道場跡の説明板より

こちらは桶町千葉道場(現在の八重洲)の説明板にある、当時の切絵図。
via 提供:小栗さくら
その後道場は桶町へ移転されたようです。一度目の修行は新材木町で、二度目は桶町と考えられますが、こちらも諸説あります。
龍馬の剣術皆伝書は焼失し残っていません。ですが、皆伝書が坂本家に伝わっていたことが分かる史料は2015年に見つかっています。それによると、龍馬は「北辰一刀流兵法皆伝」「北辰一刀流兵法箇条目録」「北辰一刀流長刀(なぎなた)兵法皆伝」を受けていたようです。

また、修行時代の龍馬の話として有名なのは、千葉定吉の娘である佐那(さな子)との恋のお話。佐那は剣術・馬術・長刀、学術に優れた才女だったとか。その美女ぶりは、宇和島藩の伊達宗城が絶賛するほど!そんな女性を射止めるとは、やはり龍馬には人間的魅力があったのでしょうね。
桶町千葉定吉道場跡

桶町千葉定吉道場跡

写真後ろの大星八重洲ビルの前に道場跡の説明板が建っています。
via 提供:小栗さくら
今回は江戸三大道場を中心に紹介しましたが、彼らはここで剣の修業をしただけでなく、学を身につけ、仲間たちと国事について語らい、時には意見が衝突することもあったと思います。
それがのちに時代を動かしたのかもしれない…と想像しながら、道場めぐりをしてみてはいかがでしょうか?
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

地名にはそれぞれ由来がありますが、徳川幕府が置かれてから急速に発展した東京は、日本の歴史上、新しく生まれた地名が多く、由来が解明しやすいのが特徴です。今回は、東京23区民の足ともいえる山手線の駅名にちなんだ由来とゆかりの地をご紹介します。
没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

没後150年、新しい龍馬像を見に行こう!東京にある坂本龍馬ゆかりの地

現在、龍馬の没後150年ということで特別展覧会が全国各地で開かれています。(東京は2017年4月から江戸東京博物館にて開催)いつになっても龍馬は私たちを惹きつけてやみません。幕末、龍馬の活動場所は全国に及び、もちろん東京にもゆかりの地が各所にあるのです。今回は龍馬ゆかりの地・東京編をご紹介します。
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

慶應3(1867)年11月15日、近江屋で暗殺された坂本龍馬。男も女も惚れる人柄だったという龍馬の人生には、常に女性たちの影がありました。龍馬を知る彼女たちは、彼の死後どんな道をたどったのでしょうか。彼女たちのその後とゆかりの地をご紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。