明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地
2018年7月17日 更新

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

細川ガラシャとして知られる明智光秀の娘・玉

「明智光秀像」

「明智光秀像」

桃山時代(17世紀)
本徳寺蔵
原本展示:9/3〜9/9
via 写真提供:熊本県立美術館
永禄6年(1563)、明智光秀と正室・熙子の三女として誕生した玉。
諱は「たま(玉/珠)」もしくは「玉子」といいます。

父の主・織田信長のすすめにより、玉は16歳で細川忠興と結婚します。
美男美女の二人は夫婦仲も良く、結婚してすぐに子供にも恵まれました。

玉が生まれたといわれる明智神社(福井県福井市)

明智神社

明智神社

最近はパワースポットとしても人気がある明智神社。近くには一乗谷朝倉氏遺跡もあります。
via 写真提供:福井市おもてなし観光推進課
父・光秀が越前の大名・朝倉家に仕えていた時の住居跡とされる場所にある明智神社。
玉はここで生まれたといわれています。

運命を変えた本能寺の変

京都・勝龍寺城跡にある細川忠興と玉(ガラシャ)の銅像。...

京都・勝龍寺城跡にある細川忠興と玉(ガラシャ)の銅像。光秀から助力を請われた忠興でしたが、加担することはなかったとか。

幸せな結婚生活を送っていた玉の運命を変えたのは、天正10年(1582)に起きた本能寺の変でした。
父・光秀が織田信長を討ったことで「逆臣の娘」となってしまった玉。
夫の忠興は離縁も考えたようですがやはりできず、やむなく彼女を幽閉したのです。

玉が幽閉された「細川忠興夫人隠棲地」(京都府京丹後市)

細川忠興夫人隠棲地

細川忠興夫人隠棲地

「細川忠興夫人隠棲地」の石碑があり、館の跡が残っています。
人里離れた山深い京丹後市弥栄町味土野の地に、玉はわずかな供を連れて移りました。
ここで約2年ほど幽閉生活を送りましたが、忠興はここまで訪ねてきたようです。

玉からガラシャへ・・・壮絶な最期

36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

『麒麟がくる』までに行きたい!福知山城、御霊神社…明智光秀ゆかりの地・京都府福知山市

織田信長の命で丹波を平定し、近江と合わせて34万石の大名となった明智光秀。福知山城を居城とし、善政を布いた光秀は領民にも愛されました。その痕跡は、現在もたどることができます。光秀が主人公の大河ドラマ『麒麟がくる』でさらに注目度アップ、ゆかりの地の中でも光秀への愛にあふれる京都府福知山市をご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。本能寺の変で織田信長を裏切った武将として有名すぎる彼ですが、その前半生は謎に包まれています。ドラマのロケ地になるかもしれない?明智光秀の出身地とされる岐阜県可児市や周辺のゆかりの地を、ひと足お先にご紹介します。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

下克上を成し遂げた武将として、司馬遼太郎の小説「国盗り物語」などで活躍が知られるものの、いまだ謎の多い斎藤道三。実は彼の美濃平定は父との二代で成し遂げたものだったという説が有力になってきました。明智家も仕えたとされる道三とはどんな人物だったのか。その真相に迫るとともにゆかりの地をご紹介します。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。