武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城
2017年9月12日 更新

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

加藤嘉明ってどんな武将?

加藤嘉明像

加藤嘉明像

加藤嘉明は、永禄6年(1563)年に三河(愛知県)で生まれました。父は松平時代の家康に仕えていましたが、一向一揆で背き、その後流浪の身となったと言います。嘉明は行商を手伝っている際に見込まれ、羽柴秀吉に推挙されて仕えるようになりました。羽柴秀勝の小姓にもなっています。

秀吉の元で、小牧・長久手の戦いや九州征伐、小田原征伐、朝鮮出兵など数々の戦いに参戦し、そのほとんどでめざましい武功を挙げました。また九州征伐からは淡路水軍を率いて戦うなど、陸だけでなく海戦でも見事な活躍を見せるのです。
加藤左馬之介嘉明(『太平記英勇伝』より)

加藤左馬之介嘉明(『太平記英勇伝』より)

朝鮮出兵では、淡路水軍を率いて日本水軍の副将格として各地で力戦した。
via 東京都立図書館蔵

関ヶ原は東軍に属し、徳川幕府でも存在を示す

しかし、武断派であった彼は秀吉の死後、石田三成ら文治派と対立。関ヶ原の戦いでは東軍として参戦し、ここでも戦功を挙げて、伊予(愛媛県)20万石の領地を得ます。この時、松山城の築城が始まりました。

そして江戸幕府内でも存在感を示すまでになり、家光の鎧着初(よろいきぞめ)の介添役や後水尾天皇の二条城行幸の警護役、福島正則改易に伴う広島城の接収役など、重要な役割を務めるようになりました。

そして寛永4年(1627)、松山城の完成を見ることなく、蒲生氏と入れ替わりで会津へ加増転封され、43万5500石の領地を得たのでした。それから4年後、病を発し、寛永8年(1631)9月12日に江戸で死去しました。享年69。麻布の善福寺で荼毘に付され、後に遺骨は京都の東本願寺大谷祖廟に葬られました。

「賤ヶ岳の七本槍」として活躍!

『賤ヶ嶽大合戦の図』

『賤ヶ嶽大合戦の図』

via https://ja.wikipedia.org/wiki/
嘉明の立身出世のきっかけは、天正11年(1583)に起きた、羽柴秀吉と柴田勝家が衝突した賤ヶ岳の戦いで戦功を挙げたことでした。

ここで活躍した秀吉子飼いの武将は、「賤ヶ岳の七本槍」とうたわれたました。面々は、脇坂安治、片桐且元、平野長泰、福島正則、加藤清正、糟屋武則、そして加藤嘉明でした。
秀吉による子飼いの武将の力の宣伝という意味合いもあって「七本槍」とされたそうですよ。
賤ヶ岳

賤ヶ岳

via https://ja.wikipedia.org/wiki/

加藤嘉明ゆかりの城・松山城(愛媛県松山市)

松山城

松山城

関ヶ原の戦いの後に伊予20万石に加増された嘉明は、慶長7年(1602)から松山城の築城に着手しました。翌年には地名を「松山」と改め、現在の松山の名付け親となっています。

ここで嘉明は内政に尽力し、城下町の整備や治水工事などを積極的に行いました。これが現在の松山の基盤となり、現在も地元で愛される理由のひとつとなっています。

嘉明自身は築城途中の寛永4年(1627)に会津へ移封となり、入れ替わりでやってきた蒲生忠知によって、二之丸などが完成しました。

現存12天守のうち、最も標高の高い天守

42 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【いよいよ桜シーズン到来!】あの武将も愛した!?戦国武将ゆかりの花見まとめ

【いよいよ桜シーズン到来!】あの武将も愛した!?戦国武将ゆかりの花見まとめ

桜の開花状況が気になる時期になってきましたね。戦国時代に生きた人々も同じようにワクワクしたのでしょうか!?3月下旬から見頃を迎える、戦国武将にゆかりのある桜とイベントをご紹介します!
【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

「築城の名手」とよばれた戦国武将・藤堂高虎。豊臣秀吉や徳川家康に才能を買われ、数多くの築城に関わりました。一方で、7度も主君を変えた「裏切者」という評価もついて回ります。高虎が人生の岐路に関わった名城をたどりながら、たくましく生きた人生をたどってみましょう。
【旧領回復は戦国武将ただ一人!】皆に愛された立花宗茂ゆかりの地

【旧領回復は戦国武将ただ一人!】皆に愛された立花宗茂ゆかりの地

現在も福岡県柳川市に残る立花家。柳川藩の祖である立花宗茂は、関ヶ原合戦で一度柳川を失い浪人したにも関わらず、陸奥棚倉で大名に復帰し、旧領・柳川の復帰を実現します。大友家、豊臣家、徳川家から絶大な信頼を得た宗茂の生涯をご紹介します。
100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

戦国屈指の山城であり、170年余間の尼子氏の衰弱の舞台となった月山富田城(島根県安来市)。戦国の山城と近世の石垣がみられる貴重な城であります。今回は月山富田城の魅力と、本拠地としていた尼子氏、また尼子氏の再興を願い、何度も戦った人気武将・山中鹿介を紹介します。
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook