函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る
2018年5月11日 更新

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

旧幕府軍の本拠地「五稜郭」(北海道函館市)

五稜郭タワー1階にある土方歳三像

五稜郭タワー1階にある土方歳三像

明治元年(1868)10月20日、土方歳三が属する旧幕府軍は蝦夷地(現・北海道)に上陸すると、まずは箱館(現・函館市)の五稜郭を占拠しました。
以降の約7カ月間、旧幕府軍と彼らが宣言した蝦夷共和国の本拠地となります。
五稜郭の特徴的な星型の全容は、五稜郭タワーの展望階から...

五稜郭の特徴的な星型の全容は、五稜郭タワーの展望階から眺めることができます。

元治元年(1864)にほぼ完成した五稜郭。
実は「五稜郭」という呼称は、近世ヨーロッパ式城郭の特徴である「稜堡」が5カ所に設置された五稜星形の通称で、当時の地名の「柳野」から「柳野城」という別称もありました。

敷地内にある箱館奉行所には、はじめは幕府直轄の箱館奉行が置かれていました。
大政奉還を受けて新政府の箱館裁判所へと引き渡され、その約半年後に旧幕府軍がやって来ます。
当時の建物を忠実に再現した箱館奉行所は、一見の価値あり...

当時の建物を忠実に再現した箱館奉行所は、一見の価値あり。中は資料館になっていて、幕末から明治期の北海道や箱館戦争の歴史を知ることができます。

via 写真提供:一般社団法人函館国際観光コンベンション協会

土方歳三が落城させた「松前城」(北海道松前郡)

五稜郭を占領した旧幕府軍は、隣接した松前藩に降伏を勧告します。
しかし、松前藩は勧告の使者を拒絶。これを受けて旧幕府軍は松前城へ侵攻しました。
総督の土方歳三は額兵隊などを率いて出陣。松前城は僅かな兵しか残っておらず、数時間で陥落します。
松前城

松前城

松前城の前身は、江戸初期に置かれた陣屋「福山館」です。初代松前藩主・松前慶広が築きました。
幕末の藩主・崇広の時代になると、諸外国に対する警備強化のため、幕府から築城を命じられます。

竣工したのは安政元年(1854)。最後に築かれた日本式城郭です。
国宝にも指定されていましたが、天守は昭和24年(1949)に焼失。昭和36年(1961)に再建され、現在は資料館として公開されています。

旧幕府軍の海の要だった軍艦を伝える「開陽丸記念館」(北海道檜山郡)

開陽丸

開陽丸

慶応3年〜明治元年(1867〜1868)頃の開陽丸。
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

絵師の父娘といえば葛飾北斎とその娘・応為が浮かびますが、幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎にも、絵師になった長女・暁翠がいたんです。そんな河鍋父娘の作品が見られる「暁斎・暁翠伝」が東京富士美術館にて開催中。近年人気を集める暁斎の魅力と、娘に引き継がれた画業を網羅した展覧会をご紹介します。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

明治維新期に薩長と肩を並べた勢力・肥前。その藩主だった鍋島直正は「肥前の妖怪」と呼ばれ恐れられた傑物でした。時代のはるか先を見据えていた彼が行った改革は、どの藩よりも先進的だったのです。そんな彼の功績とゆかりの地をご紹介したいと思います。
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

明治維新150周年を記念し、“西郷隆盛公”の礼装を現代風にアレンジした「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-」と、“書生スタイル”をイメージさせる「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」が高山CHOYAソーイング株式会社より発売。限定販売ということなので、気になる方はお早めにチェック!