函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る
2018年5月11日 更新

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

旧幕府軍の本拠地「五稜郭」(北海道函館市)

五稜郭タワー1階にある土方歳三像

五稜郭タワー1階にある土方歳三像

明治元年(1868)10月20日、土方歳三が属する旧幕府軍は蝦夷地(現・北海道)に上陸すると、まずは箱館(現・函館市)の五稜郭を占拠しました。
以降の約7カ月間、旧幕府軍と彼らが宣言した蝦夷共和国の本拠地となります。
五稜郭の特徴的な星型の全容は、五稜郭タワーの展望階から...

五稜郭の特徴的な星型の全容は、五稜郭タワーの展望階から眺めることができます。

元治元年(1864)にほぼ完成した五稜郭。
実は「五稜郭」という呼称は、近世ヨーロッパ式城郭の特徴である「稜堡」が5カ所に設置された五稜星形の通称で、当時の地名の「柳野」から「柳野城」という別称もありました。

敷地内にある箱館奉行所には、はじめは幕府直轄の箱館奉行が置かれていました。
大政奉還を受けて新政府の箱館裁判所へと引き渡され、その約半年後に旧幕府軍がやって来ます。
当時の建物を忠実に再現した箱館奉行所は、一見の価値あり...

当時の建物を忠実に再現した箱館奉行所は、一見の価値あり。中は資料館になっていて、幕末から明治期の北海道や箱館戦争の歴史を知ることができます。

via 写真提供:一般社団法人函館国際観光コンベンション協会

土方歳三が落城させた「松前城」(北海道松前郡)

五稜郭を占領した旧幕府軍は、隣接した松前藩に降伏を勧告します。
しかし、松前藩は勧告の使者を拒絶。これを受けて旧幕府軍は松前城へ侵攻しました。
総督の土方歳三は額兵隊などを率いて出陣。松前城は僅かな兵しか残っておらず、数時間で陥落します。
松前城

松前城

松前城の前身は、江戸初期に置かれた陣屋「福山館」です。初代松前藩主・松前慶広が築きました。
幕末の藩主・崇広の時代になると、諸外国に対する警備強化のため、幕府から築城を命じられます。

竣工したのは安政元年(1854)。最後に築かれた日本式城郭です。
国宝にも指定されていましたが、天守は昭和24年(1949)に焼失。昭和36年(1961)に再建され、現在は資料館として公開されています。

旧幕府軍の海の要だった軍艦を伝える「開陽丸記念館」(北海道檜山郡)

開陽丸

開陽丸

慶応3年〜明治元年(1867〜1868)頃の開陽丸。
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第16回は、戊辰戦争最後の地・函館にある、榎本武揚や土方歳三たち旧幕府軍ゆかりの地をご紹介します。2019年は箱館戦争終結、そして土方歳三没後150年の年。改めてその最期の舞台を巡ってみてください。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。