【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷
2018年2月21日 更新

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

時代劇でもお馴染み、池波正太郎の傑作『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川宣以(のぶため)という実在の人物がモデルになっています。今回は、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、四谷(東京都新宿区)の寺町界隈を古地図で巡りながら、宣以の生涯とゆかりの地をご案内します。

岡田英之岡田英之

 (15100)

「平蔵」のモデル・長谷川宣以とは?

江戸時代、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川平蔵の「平蔵」はいわゆる通称で、名は宣以(のぶため)といいました。延享2年(1745)、400石の旗本・長谷川宣雄(のぶお)の長男として生まれています。

宣以は、西之丸御書院番(将軍の子の警護役)などを経て、西之丸御書院番御徒頭(将軍の子の警護、特に歩兵部隊長)、御先手組弓頭(先陣をきる部隊で弓兵部隊長)と出世します。

実は宣以の父も、長谷川「平蔵」として火付盗賊改役となり、活躍していました。
さらに宣以の子の宣義(のぶよし)も平蔵を名乗っていまして、書院番などを歴任し御先手弓頭になっています。なので、長谷川平蔵は3代にわたる名前なんですね。
決定版 鬼平犯科帳1

決定版 鬼平犯科帳1

池波正太郎著(文春文庫)

盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられた「鬼平」こと火付盗賊改方長官・長谷川平蔵が主人公の時代小説。映画、テレビドラマにもなり人気を博し、現在もさいとう・たかをさんが漫画を連載中です。

若い頃は遊び人だった宣以

しかし宣以は、若い頃はかなりの遊び人、いわゆる悪(ワル)であった様で、その評判は江戸でも知られたものでした。しかしそれが後の職務に大きな影響を及ぼしたと考えられます。

父宣雄の死去に伴い、30歳で家督を継いだ宣以でしたが、「通」の更に上をいく「大通」と呼ばれた独特のファッションで遊廓通いをするなど、いわゆる「かぶき者」として知られていました。ここから出世を重ねていくこととなります。
御先手組弓頭と出世した一方、世は泰平の時代になっていたので、平時は町奉行の手伝いや火消などで働くことも多くあったようです。ここで遊び人時代の人脈や人望、知名度が活きたのかも知れません。

それが功を奏してか、天明7年(1787)宣以が42歳の時、重罪を中心に取り締まる火付盗賊改役を兼務することとなりました。特にこの役職は前述の様な宣以にとっては天職であり、適任であったのです。
長谷川平蔵・遠山金四郎住居跡(東京都墨田区)

長谷川平蔵・遠山金四郎住居跡(東京都墨田区)

明和元年(1764)父の屋敷替えにより、築地から現在の都営地下鉄新宿線菊川駅の近くに移り住みます。

活躍するも出世はならず…

ただ、その経歴や性質ではさすがに現場では活躍できても、それ以上に出世することは難しかったようです。江戸を恐れさせた犯罪集団を壊滅させたり、凶悪犯を捕えて迅速に処刑したりと、江戸に名を轟かせることになりましたが、上役からの評判はかんばしくなかったとか。

特に、宣以の功績として知られる石川島(現在の東京都中央区佃二丁目付近)の人足寄場の設置に際しては、それを認めた時の老中、松平定信も予算を余り割かず、何と幕府からの資金を一か八かの相場である「投機」に出して予算を工面しています。また、時にその様なやり方をする宣以に対して、同僚たちからの視線も冷たいものがありました。
松平定信

松平定信

田沼意次の失脚後、老中首座に。祖父である8代将軍・吉宗の享保の改革を手本に、寛政の改革を行います。

宣以の人情の結晶・人足寄場

佐渡の金山などで働かされるという半ば刑罰的な施設はあったものの、犯罪者の更生施設がなかった時代。犯罪者の自立を目的とした人足寄場を設置したことは、宣以の人情味が結晶しているように思えますし、とても評価されるべきものだと感じます。

そして、寛政7年(1795)に亡くなる直前まで火付盗賊改役として勤めあげ、その仕事ぶりから江戸の人々の喝さいを受けました。『鬼平犯科帳』が時代小説として確固たる地位を築いたのも、その考証がしっかりしていることはもちろんですが、宣以の活躍と人柄ゆえのことだったのでしょう。
48 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡田英之

岡田英之

おかだひでゆき。1977年、神奈川県生まれ。株式会社歩き旅応援舎での古地図散歩や、SNSを活用した博物館散歩、鎌倉散歩といった街歩きなどのガイドを務める。特に、歴史ある「場所」「モノ」に対する、専門用語を使わない、わかりやすい解説を得意としている。テレビ朝日系列「羽鳥慎一のモーニングショー」のコーナー、「良純未来図」や、BS朝日の「テイバン・タイムズ」に歴史案内人として複数回出演。著書に『東京街かど タイムトリップ』(河出書房新社)がある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

ついに豊洲へと移転した築地市場。しかし場外市場は残っており、築地は今日も多くの観光客でにぎわっています。市場のほかにも見どころ満載の築地。古地図を片手に、新しい築地の観光スポットを見つけに出かけてみませんか?
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。