御朱印で巡る武将ゆかりの地~織田信長編~
2017年12月15日 更新

御朱印で巡る武将ゆかりの地~織田信長編~

6月2日は本能寺の変が起こった日! というわけで、「御朱印で巡る武将ゆかりの地」、今回は織田信長編をお届けします! 信長のルーツから始まり、本能寺の変を経て「神」として祀られていく様子を、御朱印を通してみていきましょう!

みのうち社みのうち社

織田家のルーツ・劔神社

劔神社

劔神社

via みのうち社
織田信長といえば尾張や美濃や近江のイメージが強いですが、越前にもゆかりの地はあります!
越前二の宮の劔神社は織田信長の先祖の故郷でもあり、信長の先祖が代々神官を務めてきたといいます。
まさに信長のルーツと言える場所です。
信長は劔神社を氏神として厚く信仰しました。
馬像

馬像

via みのうち社
劔神社の神紋は織田信長の家紋と同じ「織田木瓜」。
境内の至る所に信長の息吹を感じます。

主神は素盞嗚尊(スサノオノミコト)。
配神は気比大神(ケヒノオオカミ)と忍熊(おしくま)皇子です。

忍熊皇子は第14代仲哀天皇の皇子。
この地方の賊徒討伐を行った際、座ヶ岳の峰に素盞嗚大神を祀り、神の力の助けを得て無事に平定。忍熊皇子はこの恩に報いるためにこの地に劔神社を建て、手厚く信仰したと言われています。

その後、日本版ラスプーチンこと弓削道鏡の朝廷乗っ取りの野望を打ち砕くための願掛けが行われ、平清盛の嫡男・平重盛に信仰され、極めつけとして織田信長に信仰された劔神社。
間違いなくつよい…
織田一族発祥の地を伝える石碑。

織田一族発祥の地を伝える石碑。

via みのうち社
境内は広く、平重盛と織田信長を祀った小松建勲神社や旧神前院護摩堂などがあります。
劔神社の御朱印

劔神社の御朱印

via みのうち社
劔神社の御朱印はコチラ。神紋であり織田の家紋である織田木瓜が捺印されています!シンプルisベスト。
※デザインが変化している場合がございます。
織田信長像

織田信長像

via みのうち社
劔神社に来たら忘れてはいけないのが信長像!

神社の境内ではなく表参道側にあるので見落とし注意!
他の信長像よりも骨太感があって筆者は好きです。

信長といえば本能寺!(でも当時とは別の場所)

本能寺

本能寺

天正10年(1582)6月2日の早朝。本能寺に宿泊していた信長は、家臣の明智光秀の謀反にあい、志半ばで倒れます。

信長最期の舞台となった本能寺。
現在は地下鉄東西線「市役所前駅」を降りてすぐの場所にありますが、戦国時代は現在よりも南西の、中京区小川通蛸薬師元本能寺町にありました。
58 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

日本で唯一の畳供養!?京都・清浄華院で「畳寺の畳まつり」開催

“畳寺”の愛称で親しまれる京都の清浄華院。4月29日の「畳の日」にちなみ、今年は前日の4月28日(土)に「畳寺の畳まつり」が開催されます。当日は、日本唯一の「畳供養」をはじめ、限定御朱印の授与やスイーツのプレゼントも。幕末には会津藩主・松平容保も逗留したことがある名刹のレアな行事をご紹介します。
信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

あの織田信長に見込まれた戦国武将・蒲生氏郷。もう少し長生きしていれば…と歴史好きなら誰もがそう思う名将です。その才能を重宝した秀吉も、実は内心恐れていたのではないかとさえいわれているほどなんですよ。近江で生まれ、伊勢、会津と転封となった氏郷のゆかりの地を巡りながら、彼の生涯をご紹介します。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

武者行列に鉄砲演舞と、武将にちなんだおまつりが毎週ごとに開催される4月。各武将ゆかりの地での開催とあり、どれも地元愛あふれるものばかりです。武田信玄、上杉謙信、真田家など人気武将はもちろん、その土地で愛される武将のまつりもぜひチェックしてみてください。
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

2018年、始まったばかりと思ったらもう2月、もうすぐバレンタイン!何を贈るか考えていない、またはマンネリを打破したい方にオススメなのが歴史系チョコレート。武将をイメージしたアソートから、本物みたいな銅鏡チョコ、「西郷どん」ものまで、歴史好きなら自分も欲しい逸品をご紹介します。