東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選
2016年12月2日 更新

東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

好きな戦国武将のゆかりの地、行きたいけど遠すぎる…と諦めていませんか?実は意外と東京にも戦国武将ゆかりの地はあるんですよ。今回はその中から10か所を厳選して紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する東京都内戦国武将ゆかりの地はこちら

・八王子城跡(八王子市)
・江戸城/皇居(千代田区)
・永青文庫(文京区)
・増上寺(港区)
・上野東照宮(台東区)
・西念寺(新宿区)
・東光寺(板橋区)
・伝通院(文京区)
・広徳寺(練馬区)
・豪徳寺(世田谷区)

北条氏滅亡時の悲劇の舞台・八王子城跡(八王子市)

「堅固な山城だった八王子城」

「堅固な山城だった八王子城」

北条氏照(氏政の弟)が築城した広大な山城・八王子城は、豊臣秀吉の小田原征伐で北条方が籠城し激戦となった場所です。
「北条方の人々が身を投げたという御主殿の滝」

「北条方の人々が身を投げたという御主殿の滝」

落城を迎えると、氏照の正室以下多くの婦女や武将が御主殿の滝に身を投げました。滝から城下へ流れる水が三日三晩血で赤く染まったという言い伝えが残ります。

今も日本の中心!江戸城/皇居(千代田区)

太田道灌によって築城され、徳川家康によって大改修が加えられた江戸城は、現在は皇居となっています。国内最大の城郭で、見学できる場所も多いですよ。
「江戸城の富士見櫓」

「江戸城の富士見櫓」

富士見櫓は天守の代用とされていたそう。
現・本丸天守台

現・本丸天守台

天守台だけでもスケールの大きさがわかりますね。

細川家の家宝ざくざく!永青文庫(文京区)

永青文庫本館

永青文庫本館

「理事長は元首相・細川護熙氏」
58 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

戦で生き残った戦国武将は、普通は自分の領地で亡くなったと思いますよね。実は、意外にも江戸で息を引き取った人たちもいるんです。というのも、江戸時代に入って参勤交代が義務づけられると、各大名は自身の江戸屋敷に詰めていたから。意外な人物が江戸屋敷で亡くなっているのも驚きですが、その屋敷の跡地がどうなっているかというのもなかなか面白いですよ。さっそくチェックしてみてください。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。