東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選
2018年1月24日 更新

東京にもあります!あの戦国武将ゆかりの地10選

好きな戦国武将のゆかりの地、行きたいけど遠すぎる…と諦めていませんか?実は東京にも戦国武将ゆかりの地はたくさんあるんですよ。今回はその中から意外な10か所を厳選して紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する東京都内戦国武将ゆかりの地はこちら

・八王子城跡(八王子市)
・江戸城/皇居(千代田区)
・永青文庫(文京区)
・増上寺(港区)
・上野東照宮(台東区)
・西念寺(新宿区)
・東光寺(板橋区)
・伝通院(文京区)
・広徳寺(練馬区)
・豪徳寺(世田谷区)

北条氏滅亡時の悲劇の舞台・八王子城跡(八王子市)

「堅固な山城だった八王子城」

「堅固な山城だった八王子城」

北条氏照(氏政の弟)が築城した広大な山城・八王子城は、豊臣秀吉の小田原征伐で北条方が籠城し激戦となった場所です。
「北条方の人々が身を投げたという御主殿の滝」

「北条方の人々が身を投げたという御主殿の滝」

落城を迎えると、氏照の正室以下多くの婦女や武将が御主殿の滝に身を投げました。滝から城下へ流れる水が三日三晩血で赤く染まったという言い伝えが残ります。

今も日本の中心!江戸城/皇居(千代田区)

太田道灌によって築城され、徳川家康によって大改修が加えられた江戸城は、現在は皇居となっています。国内最大の城郭で、見学できる場所も多いですよ。
「江戸城の富士見櫓」

「江戸城の富士見櫓」

富士見櫓は天守の代用とされていたそう。
現・本丸天守台

現・本丸天守台

天守台だけでもスケールの大きさがわかりますね。

細川家の家宝ざくざく!永青文庫(文京区)

永青文庫本館

永青文庫本館

「理事長は元首相・細川護熙氏」
61 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

直江兼続、毛利秀元、立花宗茂…実は東京で亡くなっていた!戦国武将終焉の地

戦で生き残った戦国武将は、普通は自分の領地で亡くなったと思いますよね。実は、意外にも江戸で息を引き取った人たちもいるんです。というのも、江戸時代に入って参勤交代が義務づけられると、各大名は自身の江戸屋敷に詰めていたから。意外な人物が江戸屋敷で亡くなっているのも驚きですが、その屋敷の跡地がどうなっているかというのもなかなか面白いですよ。さっそくチェックしてみてください。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

「関ヶ原合戦」に新事実!?『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』が話題

誰もが知る天下分け目の戦い・関ヶ原合戦。実は、主戦場は関ヶ原ではなく、家康も三成もいなかった!?話題の書籍『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは』を、高橋陽介氏とともに上梓した乃至政彦が、本書のポイントをご紹介。一次史料から見直す「関ヶ原合戦」の真相とは?
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。