実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地
2018年9月3日 更新

実はスゴイ!龍馬の先を行った男・赤松小三郎、幕末を駆け抜けた生涯とゆかりの地

坂本龍馬の「船中八策」は、大政奉還や議会政治などの考えが盛り込まれた、当時としては画期的なものでした。しかし、議会政治などの考えを龍馬よりも先に唱えていた人物がいたのです。それが、赤松小三郎という上田藩士。議会開設や人民平等という先進的な考えを誰よりも先に持っていた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

龍馬よりも早く勝海舟のそばで学ぶ

天保2(1831)年、上田藩士・芦田勘兵衛の二男として誕生した小三郎。やがて、同じく上田藩士である赤松家の家督を継ぐため養子に入った彼は、藩校で学んだ後、18歳で江戸に出て蘭学や数学、兵学などを学びます。

そして安政2(1855)年には勝海舟に師事し、従者として長崎海軍伝習所に入ります。ここでは語学や航海術、洋式砲術など、後に彼が兵学者として名を成す基礎を培いました。
赤松小三郎肖像写真

赤松小三郎肖像写真

via 提供:上田市立博物館
安政6(1859)年に伝習所が閉鎖されてしまうと、小三郎は上田へ帰り家督を継ぎ、上田藩の藩兵の調練調方御用掛となります。
そして江戸で英語を学んでいた小三郎の優れた才能は、慶応元(1865)年に「英国歩兵練法」というイギリスの兵学書を訳した際に花開きます。
小三郎が訳した『英国歩兵練法』。この後出版した『重訂英...

小三郎が訳した『英国歩兵練法』。この後出版した『重訂英国歩兵練法』は、薩摩藩の管理下に置かれた。

via 提供:上田市立博物館
京都で英式の兵学塾を開いた小三郎は、多くの藩士らに講義を行いました。彼の評判は薩摩藩にも届き、やがて彼は薩摩藩に迎えられ、京都の薩摩藩邸で講義を行うまでになります。
この時の門下生には、中村半次郎(桐野利秋)や村田新八、東郷平八郎などがおり、その数は800人を超えたと言われています。

先進的な政治思想家としても活躍!「船中八策」に先だった建白書

「世界地図」

「世界地図」

via 提供:上田市立博物館
兵学者として名を挙げた一方で、小三郎は政治面に関しても先進的な思想を持っていました。

慶応3(1867)年5月には、松平春嶽に建白書を提出しています。
ここには、二院制議会の創設や、普通選挙による議会政治、議院内閣制の導入など、西洋の思想を取り入れた、当時としては実に先進的な考えが盛り込まれていました。また、人民に教育の機会を設けることや、人民の平等などを説きました。

坂本龍馬の船中八策も二院制議会政治について触れていますが、実は小三郎の方が先に言及しており、龍馬は彼の思想から影響を受けたのではないかという説もあるそうです。

かつての教え子・中村半次郎に暗殺される

兄宛小三郎書簡 ※慶応3年(1867)7月16日・慶応...

兄宛小三郎書簡 ※慶応3年(1867)7月16日・慶応3年(1867)8月17日)

小三郎が兄に宛てた手紙。薩摩や会津とも関わりがあり、何とか和を図ろうと奔走していた。
via 提供:上田市立博物館
小三郎は、薩摩藩とだけではなく幕府方とも接触し、薩長と幕府の衝突を避けようと交渉していました。その様子は兄へ宛てた手紙にも書かれています。

ただ、こうした動きを幕府のスパイとみなした薩摩藩士・中村半次郎らによって、小三郎は建白書を提出した同じ年の9月3日に暗殺されてしまったのでした。

故郷・長野県上田市に残る赤松小三郎ゆかりの地

小三郎の暗殺は、薩摩藩士・中村半次郎によるものだったことから、その裏に西郷隆盛の意図があったと憶測されることもあるそうです。ちなみに『人斬り半次郎』といわれた中村半次郎が暗殺した記録が唯一残っているのが小三郎だとか。
小三郎が暗殺された京都市下京区には、「贈従五位赤松小三郎先生記念」という碑が設置されています。

その後、36歳で無念の死を遂げた小三郎の遺骸は、京都の金戒光明寺に埋葬されました。遺髪は故郷である長野県上田市の月窓寺に埋葬されています。
赤松小三郎遺髪の墓(月窓寺)

赤松小三郎遺髪の墓(月窓寺)

via 写真提供:上田市マルチメディア情報センター
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

【生誕地・長野県松代にて祭神として祀られた】幕末の天才兵学者・佐久間象山

幕末を代表する兵学者であり、勝海舟、坂本龍馬などに多大な影響を与えた佐久間象山。「天才」とその才能を称賛されたにもかかわらず、暗殺され、佐久間家は断絶。しかし後にその功績が評価されるとともに、生誕地・長野県松代には彼を祭神として祀る象山神社が建てられました。天才ゆえにトラブルの絶えなかった象山の生涯と、象山神社をご紹介します。
「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載も、今回で最終回。2018年は、明治150年の記念の年であり、大河ドラマ「西郷どん」放送も手伝って、幕末から明治にまつわる歴史ニュースやイベントが絶えない1年となりました。幕末維新志士たちの生涯をゆかりの地とともに紹介した本連載と、小栗さくら自身が感じた今年の歴史トピックスを総括します!
【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

徳川秀忠の四男ながらもその存在を隠された保科正之は、典型的な「御落胤」でした。のちに保科家を継いだ彼は、家臣として将軍家を支え続け、後の会津松平家の祖となったのです。今も名君として伝わる保科正之の数奇な人生をゆかりの地とともにご紹介しましょう。
村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
沖田総司と2ショット撮影会も!期間限定「ねこねこ日本史コラボカフェ」が可愛すぎる

沖田総司と2ショット撮影会も!期間限定「ねこねこ日本史コラボカフェ」が可愛すぎる

そにしけんじ先生原作の人気歴史ねこコミック『ねこねこ日本史』が、現在有隣堂ららぽーと湘南平塚店にて期間限定のコラボカフェをオープンし話題を呼んでいます。可愛すぎる限定メニューはインスタ映え間違いなし!また、12月15日には沖田総司との2ショット撮影会も。ファン必見のイベントをお見逃しなく!
映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

2019年2月に公開される佐藤健さん主演の映画「サムライマラソン」。原作は土橋章宏氏の小説「幕末まらそん侍」ですが、そのテーマとなった「安政遠足(あんせいとおあし)」をご存知でしょうか?日本のマラソン発祥の地として、今も群馬県安中市で続く安政遠足の歴史とともに、映画でのキャストも気になる登場人物についてもご紹介します。
伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は特別編!明治150年記念で期間限定公開中の『明治記念大磯庭園』へ。神奈川県の大磯は、幕末から明治期の中心となった伊藤博文や大隈重信たちの邸宅があったゆかりの地。伊藤たちが過ごし「政界の奥座敷」と呼ばれた歴史的建造物をご紹介します。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

慶應3(1867)年11月15日、近江屋で暗殺された坂本龍馬。男も女も惚れる人柄だったという龍馬の人生には、常に女性たちの影がありました。龍馬を知る彼女たちは、彼の死後どんな道をたどったのでしょうか。彼女たちのその後とゆかりの地をご紹介します。
交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第24回は、初代内閣総理大臣にして、4回も総理大臣を務めた伊藤博文です。長州藩の農民から日本のトップまで上り詰めますが、最後は暗殺されてしまうという劇的な人生を送った博文。運を味方に、師や先輩たちに可愛がられた彼が出会った人々や、その評価について紹介します。