意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス
2018年1月10日 更新

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

江戸で開いた蘭学塾が起源

福沢諭吉

福沢諭吉

日本銀行発行紙幣の原画となった1891年(明治24)頃の写真。
福沢諭吉は、1835年(天保5)1月10日、豊前中津藩(現在の大分県中津市)の下級武士の子として、大阪にある中津藩蔵屋敷で生まれました。
2歳のときに父が亡くなり、中津に戻ることに。14歳で塾に通い始め、19歳で長崎に出て蘭学と砲術を学び、その後、大阪の蘭学者で医師である緒方洪庵の適塾(てきじゅく)で学ぶようになります。お金がなく、途中からは塾に住み込みで勉強していたそうです。
適塾(大阪市中央区)

適塾(大阪市中央区)

福沢諭吉の通った適塾は、現存する唯一の蘭学塾の遺構として重要文化財に指定されています。
1859年(安政6)、江戸の築地にあった中津藩中屋敷内に蘭学塾を開きますが、外国人は英語を使用しており、オランダ語が通用しないことにショックを受けたそうです。英語とオランダ語を対訳した辞書をもとに、独学で英語を学び始めます。

そして1860年(万延元)、幕府の遣米使節に志願して、咸臨丸で渡航しました。
アメリカでは、身分に関係なく、能力次第で活躍できることに感動したそうで、諭吉の自伝『福翁自伝』にも紹介されています。下級武士に生まれ、苦労が多かったからこそ、実感できたのかもしれません。
福沢諭吉

福沢諭吉

東京大学史料編纂所蔵

1862年(文久2)パリの国立自然史博物館にて撮影された写真。
1868年(慶応4)、33歳のとき、築地の蘭学塾を芝に移し、当時の年号にちなんで「慶應義塾」と名付けました。戊辰戦争で上野が戦場になったときも、大砲の音を聞きながら、講義を続けたといいます。
諭吉が発疹チフスに罹ったことから、1872年(明治4)初頭より、現在の三田への移転が始まりました。

見どころの宝庫・慶應義塾大学

慶應義塾大学

慶應義塾大学

via 撮影:ユカリノ編集部
慶應義塾大学の三田キャンパスは、歴史的建造物をはじめ、多くの記念碑や芸術作品など、見どころ満載!少人数であれば、自由にキャンパス内を見学できます(午前8時30分~午後5時。年末年始や試験日を除く)。
現在、ゴシック様式の洋風建築で有名な「慶應義塾図書館・旧館」は、改修工事中のため見学できませんが、今回は特に諭吉にゆかりの深い場所をご紹介します。

有名な一節が刻まれた東館

慶應義塾大学 東館

慶應義塾大学 東館

via 撮影:ユカリノ編集部
キャンパスの東側にある東館。校章の下には、『学問のすゝめ』で有名な一節「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」がラテン語で刻まれています。
実はこれ、諭吉自身の言葉ではなく、米国の独立宣言からの翻訳と考えられています。実際に『学問のすゝめ』には、「…造らずといへり」と、“云えり”が続けられており、このことから諭吉が考えた一節ではないといわれています。
誰が言ったかということより、それを広めてくれた諭吉に感謝したいですね。
『学問のすゝめ』(初版)

『学問のすゝめ』(初版)

1872年(明治5)から刊行が始まった『学問のすゝめ』。
庶民でも買いやすいように、17冊に分けて1冊の値段を安くしたり、漢字には読み仮名を振るなどして、大ベストセラーとなりました。

日本初の演説講堂・三田演説館

31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

岩崎弥太郎の長男で三菱第3代社長の久弥の本邸として造られた旧岩崎邸庭園(東京都台東区)。特に洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルの設計で、様々な様式が織り交ぜられた繊細なデザインが特徴です。また、併置された和館との巧みなバランスや別棟のビリヤード室など、見どころ満載。そんな明治を代表する貴重な建築・旧岩崎邸庭園の見どころをご紹介します!
干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

干支にちなんだ犬作品に釘付け!歴史好きモデル・加治まやが東京国立博物館に初もうで

ただいま東京国立博物館にて、お正月の恒例企画「博物館に初もうで」が2018年1月28日(日)まで開催されています。戌(いぬ)年の今年は、干支にちなんで犬にまつわる作品を集めた特集展示「博物館に初もうで 犬と迎える新年」に、国宝など貴重な作品が見られる新春特別公開も展開。日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、展覧会の見どころをご紹介します。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

「松陰先生」の最期をたどる【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第4回:東京にある吉田松陰ゆかりの地

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第4回は吉田松陰最期の地・江戸。思想家・教育者として、長州の志士たちに多大な影響を与えた松陰は、今でも「松陰先生」と慕われています。彼の足跡は全国にありますが、今回は松陰が命を落とした江戸に焦点をあて、その死の前後を追いたいと思います。
ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

ハニワや銅鏡だけじゃない【古墳のキホン】副葬品について:野毛大塚古墳

おすすめの古墳とともに、古墳の基本的な知識を紹介する「古墳のキホン」。今回は、近年、副葬品が重要文化財に指定された野毛大塚古墳(東京都世田谷区)を中心に、副葬品の種類とその役割をご紹介します。副葬品として埴輪や銅鏡が有名ですが、ほかにもいろいろな種類があり、埋葬者の地位や地域によって違いがあります。また、10月15日(日)に開催された「第10回野毛古墳まつり」のレポートもお届け!
セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

セレブのお墓!?【古墳のキホン】古墳のつくりとカタチ

日本全国に約160,000基ある古墳。その数は神社の2倍、コンビニの3倍とも言われています。そんな身近にある古墳ですが、なんと1500年くらい前につくられたもの。長い年月を経て、雨水などの自然によるものや人の手による整地などで少しずつ姿を変えてはいるものの、それだけ多くの古墳が現代にも残っているなんて驚きですね。こちらでは、そんな古墳の世界をご紹介いたします。まずはそのつくりとカタチから!
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!