【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる
2018年7月24日 更新

【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる

7月24日は芥川龍之介の命日「河童忌」です。芥川が晩年を過ごした地・田端は、「田端文士村」と呼ばれ文豪が集い、交流の場となっていたことをご存知でしょうか。今回は田端文士村と芥川、そして彼と交流を持った文豪たちとのエピソードをご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『詩のみやこ』といわれた田端文士村

明治時代は静かな農村だった東京・田端。しかし、上野に東京美術学校(現・東京芸術大学)が開校されると、次第に芸術家が住む街となりました。
当初は画家の小杉放庵や陶芸家の板谷波山らが集まっていたのですが、波山の親友や弟子と交流を持った芥川龍之介、室生犀星らが移住し、文士村が形成されたようです。
文士村の中心にいた芥川龍之介

文士村の中心にいた芥川龍之介

大正3(1914)年、田端に引っ越してきた芥川は、この後「羅生門」や「鼻」など代表作を発表。これが夏目漱石の絶賛を浴びたため、多くの文士の注目を集め、彼らも田端へと足を運ぶようになったのでした。

芥川の書斎には、多くの文人や芸術家が集い、この様子を見た室生犀星曰く「田端は賑やかな詩のみやこ」であり、文士村の「王様は芥川龍之介」だということでした。他にも、菊池寛や堀辰雄らも一時居住していたといいます。

文士村からは多くの雑誌も創刊され、まさに明治末期から大正時代へかけての文学の黄金期が築かれたのでした。

文士村でのエピソード

 (22420)

芥川・室生と親しかった萩原朔太郎
芥川龍之介と室生犀星は親友であり、互いの家を行き来していました。そこに、室生の親友である詩人・萩原朔太郎が加わり、3人はとても人間臭いエピソードを残しています。

芥川は萩原の詩を「未完成の芸術」と評しました。しかし、ある朝突然、寝間着のまま萩原の家に飛び込んでくると、「寝床できみの詩を読んだらあまりに感動して、一直線にここまで来てしまった」と言ったそうです。萩原は芥川を「聡明」な「理智の人」であり「礼節の人」と評していましたが、この時ばかりは違ったようですね。
また、室生と萩原、芥川についてのこんなエピソードもあります。
雑誌の出版記念会で演説した萩原に対し、岡本潤という詩人がヤジを飛ばしました。その後、岡本が萩原に近寄るのを見ていた室生は、萩原が暴行されると思い込み、椅子を振り回して飛んできたのだそうです。
後日、芥川は室生に送った手紙に「椅子をふりまはせ 椅子をふりまはせ」と茶目っ気たっぷりに書いています。

田端文士村記念館の企画展示が見逃せない!

田端文士村記念館

田端文士村記念館

via 提供:田端文士村記念館
現在、田端文士村記念館では「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」という企画展が開催中。田端文士村の最盛期である大正時代に焦点をあて、芥川と室生がやり取りした手紙や原稿などが展示されています。

ここには芥川が住んだ当時の家の復元模型(30分の1)や、他にも文士村ゆかりの文豪や芸術家についての展示が随時行われています。しかも、なんと入場は無料です。
芥川邸復元模型(30分の1)

芥川邸復元模型(30分の1)

via 提供:田端文士村記念館
田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端...

田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端に集まる理由(ワケ)がある ~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」

期間:平成30年5月15日(火)~平成30年9月23日(日)
※入場無料
企画展は9月23日まで開催されています。
田端でのゆかりの地めぐりも兼ね、ぜひとも時間を見つけて訪れてみてください。

(xiao)
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

世界的に人気のある江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760−1849)。北斎ゆかりの地・東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」では、2018年9月11日(火)から11月4日(日)まで、企画展「北斎の橋 すみだの橋」が開催。身近な橋の歴史と魅力を、北斎目線で楽しみませんか?
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。