【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる
2018年7月24日 更新

【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる

7月24日は芥川龍之介の命日「河童忌」です。芥川が晩年を過ごした地・田端は、「田端文士村」と呼ばれ文豪が集い、交流の場となっていたことをご存知でしょうか。今回は田端文士村と芥川、そして彼と交流を持った文豪たちとのエピソードをご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『詩のみやこ』といわれた田端文士村

明治時代は静かな農村だった東京・田端。しかし、上野に東京美術学校(現・東京芸術大学)が開校されると、次第に芸術家が住む街となりました。
当初は画家の小杉放庵や陶芸家の板谷波山らが集まっていたのですが、波山の親友や弟子と交流を持った芥川龍之介、室生犀星らが移住し、文士村が形成されたようです。
文士村の中心にいた芥川龍之介

文士村の中心にいた芥川龍之介

大正3(1914)年、田端に引っ越してきた芥川は、この後「羅生門」や「鼻」など代表作を発表。これが夏目漱石の絶賛を浴びたため、多くの文士の注目を集め、彼らも田端へと足を運ぶようになったのでした。

芥川の書斎には、多くの文人や芸術家が集い、この様子を見た室生犀星曰く「田端は賑やかな詩のみやこ」であり、文士村の「王様は芥川龍之介」だということでした。他にも、菊池寛や堀辰雄らも一時居住していたといいます。

文士村からは多くの雑誌も創刊され、まさに明治末期から大正時代へかけての文学の黄金期が築かれたのでした。

文士村でのエピソード

 (22420)

芥川・室生と親しかった萩原朔太郎
芥川龍之介と室生犀星は親友であり、互いの家を行き来していました。そこに、室生の親友である詩人・萩原朔太郎が加わり、3人はとても人間臭いエピソードを残しています。

芥川は萩原の詩を「未完成の芸術」と評しました。しかし、ある朝突然、寝間着のまま萩原の家に飛び込んでくると、「寝床できみの詩を読んだらあまりに感動して、一直線にここまで来てしまった」と言ったそうです。萩原は芥川を「聡明」な「理智の人」であり「礼節の人」と評していましたが、この時ばかりは違ったようですね。
また、室生と萩原、芥川についてのこんなエピソードもあります。
雑誌の出版記念会で演説した萩原に対し、岡本潤という詩人がヤジを飛ばしました。その後、岡本が萩原に近寄るのを見ていた室生は、萩原が暴行されると思い込み、椅子を振り回して飛んできたのだそうです。
後日、芥川は室生に送った手紙に「椅子をふりまはせ 椅子をふりまはせ」と茶目っ気たっぷりに書いています。

田端文士村記念館の企画展示が見逃せない!

田端文士村記念館

田端文士村記念館

via 提供:田端文士村記念館
現在、田端文士村記念館では「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」という企画展が開催中。田端文士村の最盛期である大正時代に焦点をあて、芥川と室生がやり取りした手紙や原稿などが展示されています。

ここには芥川が住んだ当時の家の復元模型(30分の1)や、他にも文士村ゆかりの文豪や芸術家についての展示が随時行われています。しかも、なんと入場は無料です。
芥川邸復元模型(30分の1)

芥川邸復元模型(30分の1)

via 提供:田端文士村記念館
田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端...

田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端に集まる理由(ワケ)がある ~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」

期間:平成30年5月15日(火)~平成30年9月23日(日)
※入場無料
企画展は9月23日まで開催されています。
田端でのゆかりの地めぐりも兼ね、ぜひとも時間を見つけて訪れてみてください。

(xiao)
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

好評につき、ユカリノ主催・女子限定城歩きイベントの第3弾が決定しました!今回は、誰もが知っている「江戸城」の意外な見どころを探します。城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…という城めぐり初心者の女子の皆様、この機会にぜひご参加ください。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

恵比寿神・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋尊・寿老人・福禄寿と、神道・仏教・道教の神仏をお参りするユニークな巡礼「七福神巡り」。日本独自の信仰で、一番身近な神仏習合かもしれません。今回は、ちょうど良い距離感で、街並みの変化や多彩な神社仏閣を堪能できる、都心の「新宿山ノ手七福神巡り」をご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!