【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる
2018年7月24日 更新

【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる

7月24日は芥川龍之介の命日「河童忌」です。芥川が晩年を過ごした地・田端は、「田端文士村」と呼ばれ文豪が集い、交流の場となっていたことをご存知でしょうか。今回は田端文士村と芥川、そして彼と交流を持った文豪たちとのエピソードをご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『詩のみやこ』といわれた田端文士村

明治時代は静かな農村だった東京・田端。しかし、上野に東京美術学校(現・東京芸術大学)が開校されると、次第に芸術家が住む街となりました。
当初は画家の小杉放庵や陶芸家の板谷波山らが集まっていたのですが、波山の親友や弟子と交流を持った芥川龍之介、室生犀星らが移住し、文士村が形成されたようです。
文士村の中心にいた芥川龍之介

文士村の中心にいた芥川龍之介

大正3(1914)年、田端に引っ越してきた芥川は、この後「羅生門」や「鼻」など代表作を発表。これが夏目漱石の絶賛を浴びたため、多くの文士の注目を集め、彼らも田端へと足を運ぶようになったのでした。

芥川の書斎には、多くの文人や芸術家が集い、この様子を見た室生犀星曰く「田端は賑やかな詩のみやこ」であり、文士村の「王様は芥川龍之介」だということでした。他にも、菊池寛や堀辰雄らも一時居住していたといいます。

文士村からは多くの雑誌も創刊され、まさに明治末期から大正時代へかけての文学の黄金期が築かれたのでした。

文士村でのエピソード

 (22420)

芥川・室生と親しかった萩原朔太郎
芥川龍之介と室生犀星は親友であり、互いの家を行き来していました。そこに、室生の親友である詩人・萩原朔太郎が加わり、3人はとても人間臭いエピソードを残しています。

芥川は萩原の詩を「未完成の芸術」と評しました。しかし、ある朝突然、寝間着のまま萩原の家に飛び込んでくると、「寝床できみの詩を読んだらあまりに感動して、一直線にここまで来てしまった」と言ったそうです。萩原は芥川を「聡明」な「理智の人」であり「礼節の人」と評していましたが、この時ばかりは違ったようですね。
また、室生と萩原、芥川についてのこんなエピソードもあります。
雑誌の出版記念会で演説した萩原に対し、岡本潤という詩人がヤジを飛ばしました。その後、岡本が萩原に近寄るのを見ていた室生は、萩原が暴行されると思い込み、椅子を振り回して飛んできたのだそうです。
後日、芥川は室生に送った手紙に「椅子をふりまはせ 椅子をふりまはせ」と茶目っ気たっぷりに書いています。

田端文士村記念館の企画展示が見逃せない!

田端文士村記念館

田端文士村記念館

via 提供:田端文士村記念館
現在、田端文士村記念館では「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」という企画展が開催中。田端文士村の最盛期である大正時代に焦点をあて、芥川と室生がやり取りした手紙や原稿などが展示されています。

ここには芥川が住んだ当時の家の復元模型(30分の1)や、他にも文士村ゆかりの文豪や芸術家についての展示が随時行われています。しかも、なんと入場は無料です。
芥川邸復元模型(30分の1)

芥川邸復元模型(30分の1)

via 提供:田端文士村記念館
田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端...

田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾企画展「田端に集まる理由(ワケ)がある ~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」

期間:平成30年5月15日(火)~平成30年9月23日(日)
※入場無料
企画展は9月23日まで開催されています。
田端でのゆかりの地めぐりも兼ね、ぜひとも時間を見つけて訪れてみてください。

(xiao)
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

日本の玄関口、東京駅。平成24(2012)年に大改修が行われ、大正3(1914)年当時と変わらない姿に生まれ変わりました。辰野金吾が設計した駅舎には隠れた見どころがあり、その謎は遠く佐賀県にも関係があることがわかりました。この夏休み、東京駅を利用する際はぜひチェックしてみてください。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。