この夏行きたい「日本遺産」3選!アイヌ、那須、星降る里…歴史の新たな一面に触れる旅
2018年6月1日 更新

この夏行きたい「日本遺産」3選!アイヌ、那須、星降る里…歴史の新たな一面に触れる旅

日本各地の文化や伝統を国内外に発信するべく文化庁が認定している「日本遺産」。まだ耳慣れない方もいると思いますが、実は歴史好きにもたまらない、知られざる日本の魅力に出会える遺産が揃っているんです。今回は2018年5月に新たに登録された13件の中から、夏の旅行先におすすめのものを3つご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (20495)

ストーリーを重視する「日本遺産」

日本遺産のロゴマーク

日本遺産のロゴマーク

日の丸の下に「Japan Heritage」と入っています。
2014年8月に創設、2015年4月に認定が始まった「日本遺産」。
「世界遺産」などとの違いは、地域の歴史や特色を通じて日本の文化や伝統を伝える「ストーリー」を重視していること。
そのストーリーの構築に欠かせない有形・無形文化財を活用し、地域活性化を測っていこうという試みです。

ただすごい、古い・・・というだけでなく、なぜそこにあるのかなどの歴史的背景や地域性も考慮されるため、たとえば栃木県・茨城県・岡山県・大分県「近世日本の教育遺産群〜学ぶ心・礼節の本源〜」など、県をまたいだ遺産もあるんです。

現在登録されている日本遺産は67件。歴史ファンや史跡巡り好きにもたまらない遺産もたくさんあります。
今回は2018年5月に新たに登録された13件のうち、特に夏におすすめの3つをご紹介いたします。

この夏おすすめ!「日本遺産」3選

・いま話題!大雪山の壮大なアイヌ文化(北海道)
・明治貴族が築いた知られざる近代遺産(栃木県)
・縄文文化が眠る「星降る里」(長野県・山梨県)

いま話題!大雪山の壮大なアイヌ文化(北海道)

神の里「カムイコタン」。石狩川の両岸に奇岩が盛り上がり...

神の里「カムイコタン」。石狩川の両岸に奇岩が盛り上がり、その間を大滝のように激流がほとばしる情景は、まさに神が住んでいるかのよう。

via 写真提供:上川町
やはり夏は涼しいところに行きたい・・・というわけで北海道からピックアップ!
「カムイと共に生きる上川アイヌ〜大雪山のふところに伝承される神々の世界〜」は、今も息づく上川アイヌの歴史や文化を紹介するものです。

上川で暮らすアイヌ民族は、ペニウンクル(川上に住む人)と呼ばれ、北海道最高峰である大雪山をカムイシモリ(神々の国)に最も近い場所と考えていました。
彼らは石狩川流域にコタン(集落)をつくり、河川の恵みによる交易で栄えるとともに、数々の伝説を語り継いできたのです。
上川アイヌの聖地「チノミシリ」嵐山

上川アイヌの聖地「チノミシリ」嵐山

via 写真提供:上川町
その伝説にならった遺産は、神秘的な場所が多いのが特徴です。
上川アイヌがチノミシリ(我ら祀る山)と呼んだ聖地・嵐山では、ふもとに火の神が祀られた母屋とクマ笹で葺かれた数軒のチセ(家)が立ち並び、かつての上川アイヌの暮らしを見ることができます。
神々の遊ぶ庭「カムイミンタラ」大雪山

神々の遊ぶ庭「カムイミンタラ」大雪山

via 写真提供:上川町
アイヌの人々にとって、神がもたらす豊かな食料の宝庫であり、また天災などで暮らしを脅かすものとされた大雪山は、その様子からカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼ばれたとか。
現在でも山に入る者の安全を祈る儀式などが行われ、自然と共に生きるアイヌの営みを感じることができます。

他と比べてもかなりスケールの大きい遺産。
『ゴールデンカムイ』など、いま注目されるアイヌ民族の見てきたものや暮らしぶりを体感できる、貴重な機会です。

明治貴族の知られざる近代遺産(栃木県)

32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

かつて武士たちは戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。合戦といえば怪我がつきもの。そんな武士たちの傷を癒やすために各国の領主たちが使わせたのが「隠し湯」といわれる温泉です。そんな隠し湯と周辺のゆかりの地をご案内いたします。
【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

【武田、上杉、真田…人気武将が続々】この春行きたい!武将まつりまとめ

武者行列に鉄砲演舞と、武将にちなんだおまつりが毎週ごとに開催される4月。各武将ゆかりの地での開催とあり、どれも地元愛あふれるものばかりです。武田信玄、上杉謙信、真田家など人気武将はもちろん、その土地で愛される武将のまつりもぜひチェックしてみてください。
第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第9回:戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

【 春の最強コンビ 】全国より厳選!桜がきれいな城10選

春といえば桜。かっこいい天守をもつ城と美しい桜という、日本ならではの最強コンビが楽しめる季節がやってきます。桜の名所としても名高い城を開花が早いと予想される地域から順にご紹介。祭りやライトアップなどイベントも盛りだくさん。ひと足お先に春を感じて見ませんか?
【 地元ゆかりの武将愛があふれる 】武者行列に鉄砲演武も!この春行きたい武将まつりまとめ

【 地元ゆかりの武将愛があふれる 】武者行列に鉄砲演武も!この春行きたい武将まつりまとめ

武将まつりと聞くと武者行列が頭に浮かぶのではないでしょうか?勇壮な武者行列はもちろんですが、武将の命日や、戦いで亡くなった人々への追悼の意も込められています。武将まつりの背景を知れば、もっと武将のことが好きになりますよ。何より実際に足を運んでみるのが一番!4月から5月に開催される武将まつりをご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

老若男女問わずブームとなっている御朱印。最近では寺社オリジナルの御朱印帳が作られたり、期間限定の御朱印などもできたりと盛り上がっています。 武将にゆかりのある寺社では、家紋や旗印をあしらった朱印も多く、歴史好きにはたまらないコレクトアイテムにもなっています。そこで戦国武将を中心に、歴史人物ゆかりの寺社でいただくことができる御朱印をご紹介。今回のテーマは「武田家ゆかりの神社」です。
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の火祭りです。神霊の送迎や火による清めなどの意味を持つ火祭りは、7~8月の盆行事の頃に行われます。その中でも特におすすめの3つをご紹介。火祭りの上手な撮影方法も伝授します!
全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

夏といえばおまつり!2018年の夏休みも全国ではさまざまな歴史イベントが催されます。東京では特別展「縄文」が、京都では二条城の特別公開が開催。アツい武将まつりから涼しい水軍まつり、一度は行きたい伝統のまつりまで、10のイベントを厳選してご紹介。夏休みの国内旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。