誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち
2018年11月14日 更新

誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち

11月14日は埼玉県民の日です。漫画「翔んで埼玉」がついに映画化の運びとなり、いま大注目の埼玉。今回は、そんな埼玉が輩出した日本の偉人たちとゆかりの地をご紹介。もう「ダサイタマ」なんて言わせない!?埼玉県民が誇るべき埼玉県出身の人物とは…

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

深谷市出身:近代日本経済の父!渋沢栄一

渋沢栄一

渋沢栄一

徳川慶喜の弟に随行しパリを訪れたことが彼の大きな転機になった。
via 国立国会図書館デジタルコレクション
天保11(1840)年に武蔵国榛沢郡(深谷市)に生まれた渋沢栄一。豪農だった生家の家業を手伝い、優れた経済感覚の素地を身に付けたといいます。
新政府に出仕後は大蔵省に入省し、そこを退いてからは銀行など500にも及ぶ企業の設立に関わりました。

ゆかりの地「誠之堂」(深谷市)

誠之堂の名は、儒教の『中庸』にちなんで栄一自身が命名した。

誠之堂の名は、儒教の『中庸』にちなんで栄一自身が命名した。

via 写真提供:深谷市
誠之堂は、栄一の喜寿祝いとして、彼が頭取を務めた第一銀行の行員たちの出資によって建てられた家屋です。西洋風のレンガ造りで、内部の中国風のステンドグラスも有名ですよ。
深谷市には渋沢栄一記念館もあり、2017年には天皇皇后も訪れています。

熊谷市出身:日本初の女性医師!荻野吟子

荻野吟子

荻野吟子

いじめや女性差別に遭うなど苦労したが、医師への思いは何よりも強かったという。
via 国立国会図書館デジタルコレクション
嘉永4(1851)年に武蔵国幡羅郡(熊谷市)に生まれた荻野吟子は、夫から性病を移され、離婚されてしまいます。その時の診察での体験から、彼女は女医を志しました。
様々な苦難を経て、明治18(1885)年に日本初の公的資格を持った女医となった吟子は、女人禁制の医学界に風穴を開けたのです。

ゆかりの地「荻野吟子記念館」(熊谷市)

吟子が使った医学書や手紙などが展示されている荻野吟子記念館

吟子が使った医学書や手紙などが展示されている荻野吟子記念館

via 写真提供:熊谷市
吟子の生家の長屋門を模した記念館には、彼女の生涯の紹介や資料が展示されています。隣には記念公園があり、記念碑や彼女の像も建てられていますよ。

本庄市出身:盲目の国学者!塙保己一

36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺

夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺

「小江戸」と呼ばれ、情緒あふれる城下町の雰囲気が今も残る埼玉県川越市。かつてこの地域の覇権をめぐり、激戦が繰り広げられました。4度に渡る「河越城の戦い」のうち、北条氏康らが大逆転勝利で討ち破った「河越夜戦」は、日本三大奇襲のひとつに数えられています。戦いの模様を戦場となった史跡とともにご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
【意外な穴場も】2018年のGWおすすめ!全国の歴史イベント10選

【意外な穴場も】2018年のGWおすすめ!全国の歴史イベント10選

2018年のゴールデンウィークも全国では様々な歴史イベントが開催されます。有名人に会えるまつりや、GW後も楽しめるものまで、10のイベントを厳選してご紹介。今からでも間に合う国内の穴場的なイベント情報もあり!GWの旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

毎年2月3日は節分。節分といえば「鬼は~外、福は~内」という掛け声と共に豆まきをするのが習わしですよね。最近では「恵方巻」もすっかり定着しました。恵方巻に欠かせない海苔ですが、昔は冷たい海でしかとれない高級品!そんな海苔の繁殖を始めたのが徳川家康だったといわれています。今回は節分と恵方巻の由来から、板海苔の始まりまでをご紹介します。
【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

2018年の干支は戌(いぬ)。せっかくなら犬にまつわる神社にお参りしませんか?犬はお産が軽いことから安産の象徴とされ、安産祈願の神社に祀られています。また、犬が守ったという伝説から厄災除けにご利益のある神社や、犬そのものを祀る神社もありますよ。初詣だけでなくとも犬好きなら知っておきたい、犬にまつわる神社とお寺をご紹介します。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
【特別展「上杉家の名刀と三十五腰」記念講演】佐野美術館・渡邉妙子館長「上杉家と日本刀」レポート

【特別展「上杉家の名刀と三十五腰」記念講演】佐野美術館・渡邉妙子館長「上杉家と日本刀」レポート

ただいま埼玉県立歴史と民俗の博物館(大宮市)にて開催されている「上杉家の名刀と三十五腰」(〜2017年12月10日まで)。その記念として、数多くの名刀を所蔵することで知られる佐野美術館(静岡県三島市)の館長、渡邉妙子氏の講演会が開催されました。女性の日本刀研究者としての道を切り開いてきた渡邉氏の貴重なお話と共に、2018年1月7日から佐野美術館で始まる「上杉家の名刀と三十五腰」の見どころもお伝えします。