【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係
2018年6月27日 更新

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

大物の片鱗を感じさせる幼少時代

「幼い頃から学問を好んだという池田光政」

「幼い頃から学問を好んだという池田光政」

池田光政は、慶長14(1609)年、姫路藩2代藩主・池田利隆と徳川秀忠の養女・鶴姫との間に誕生しました。池田輝政は祖父に当たり、鶴姫の実父・榊原康政の実の外祖父となります。

5歳の時に徳川家康に謁見すると、家康は側近の孫ということもあり、「立派に成長せよ」と脇差を与えました。すると幼い光政はその場で脇差を抜き放ち、「これは本物じゃ」と臆することなく言ったため、家康は後で「あの目つき、只者ではないぞ」と驚いたとか。

元和2(1616)年、父の死去に伴い家督を継ぎますが、幼すぎるとの理由で姫路から因幡鳥取へと減転封されてしまいます。それから約16年、光政は藩主として鳥取の地を治めますが、城を改築したり城下町の拡張をしたりするなど、内政に励みました。

名君・池田光政誕生

「旧閑谷学校講堂(国宝)」

「旧閑谷学校講堂(国宝)」

via 写真提供:岡山県観光連盟
寛永9(1632)年、叔父である岡山藩主・池田忠雄が亡くなりますが、その跡継ぎが幼いとのことで、24歳になっていた光政は岡山の地を任され移封されました。

ここでの光政は名君としてやれることはすべてやったと言えるほど、内政に尽力しています。
まずはお決まりではありますが、質素倹約の奨励。そして、自身も儒教に通じた彼は学者を招いて全国初の藩校を開きました。加えて、日本最古の庶民のための学校「閑谷学校」も開きます。また、新田開発や治水事業など農業の振興にも尽くしました。

寛文2(1672)年に隠居した後もしばらくは実権を握り続け、天和2(1682)に74歳で亡くなりました。仁政を心がけ、家臣からの諫言を受け入れる姿勢を持ち続けた姿勢は、後世の人々にも尊敬されているのです。

ばら寿司誕生と光政

岡山名物ばら寿司

岡山名物ばら寿司

via 写真提供:岡山県観光連盟
質素倹約を奨励し、贅沢を禁じた光政は、派手な祭りや元日・祝い事以外の飲酒まで禁じました。
中でも「食事は一汁一菜」とまで決めており、これに対して庶民が何とかちょっと贅沢をしようと考え、発案されたものが“ばら寿司”であるといいます。魚や野菜をご飯に混ぜてしまえば「一菜」になるとしたわけですね。

ばら寿司は具をを細かくしてご飯に混ぜるもの、ちらし寿司は具をご飯の上に載せるもの、となってはいますが、基本は同じものです。

光政が発案したわけではありませんが、こんな由来があって、彼の命日である6月27日が「ちらし寿司の日」となったのだそうですよ。

ちらし寿司はバランスよく栄養が摂れるということで、食育の面からも注目されているそうです。ということで、6月27日はちらし寿司(ばら寿司)を作ってみてはいかがでしょうか。

(xiao)
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』

【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』

6月16日は「和菓子の日」です。平安時代、厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥」という行事がルーツとなり、昭和 54 年(1979)に全国和菓子協会によって制定されました。老舗和菓子店の「とらや」では、現在でも毎年この日にちなんだ期間限定の和菓子が販売されています。
第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第3回は、江戸時代の名物料理・たまごふわふわ。将軍家の饗応料理の献立の一品でもあり、当時は武士や豪商が食したセレブ料理でした。あの新選組局長・近藤勇も愛したというたまごふわふわとはどんな料理なのでしょうか?
ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが肉料理を紹介する連載。今回は巷で話題の「ラッコ鍋」から、海の動物たちに注目。縄文色が色濃く残った北海道や東北北部で、アイヌの人々が食べていた海の動物の肉、その意外な効果とは?気になる北方食文化に迫ります。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

徳川秀忠の四男ながらもその存在を隠された保科正之は、典型的な「御落胤」でした。のちに保科家を継いだ彼は、家臣として将軍家を支え続け、後の会津松平家の祖となったのです。今も名君として伝わる保科正之の数奇な人生をゆかりの地とともにご紹介しましょう。
徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?

徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?

縁結びにご利益のある寺社は女性に人気の観光スポットとして定着していますが、「縁切り」にご利益のある寺社はそうそう見かけません。しかし徳川幕府の時代、「縁切寺」は女性にとってありがたい救済スポットでした。現在でも縁切寺として知られる群馬県太田市の満徳寺で行われている縁切りとはどのようなものなのか?江戸時代に縁切寺が必要だった理由とともに追ってみました。
文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、11月29日「良い肉の日」ということで、明治の偉人たちも愛した牛鍋に注目。文明開化の象徴として、“食わない奴は時代遅れ”とされた牛鍋の歴史を辿ります。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
卑弥呼も食べていた?鳥肉の不老長寿効果【偉人が愛した肉料理:第7回】

卑弥呼も食べていた?鳥肉の不老長寿効果【偉人が愛した肉料理:第7回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、邪馬台国の女王・卑弥呼も食べていたとみられる“鳥肉”に注目。長寿だったという卑弥呼や邪馬台国の人々。現代のアンチエイジングの参考にもなる、彼らの長寿の秘訣となった鳥肉料理とはどのようなものだったのでしょうか?