気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館
2018年3月16日 更新

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。

加治まや加治まや

太田記念美術館とは?

原宿駅からすぐ近く。お買い物の合間に寄れる立地もポイント!

原宿駅からすぐ近く。お買い物の合間に寄れる立地もポイント!

via 撮影:ユカリノ編集部
皆さんこんにちは、モデルの加治まやです。「美術館 de 江戸巡り」、早くも連載2回目です!

今回伺った太田記念美術館は、浮世絵の展示を専門とした珍しい美術館です。原宿という賑やかな街にありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれるひっそりとした佇まいが魅力です。

こちらではほぼ毎月新しい企画展・特別展が開催されていて、ふらっと立ち寄るたびに新しい展示を見ることができます。また企画内容も、普段浮世絵を見慣れない方でも楽しめるユニークな切り口なのもポイントです。
日本庭園のような1階

日本庭園のような1階

1階は広いスペースを贅沢に使った展示がされています。中央には庭園風の休憩場と、靴を脱いで畳に上がれるエリアがあり、空間の雰囲気を味わいながらゆったりと浮世絵を鑑賞することができます。
via 撮影:ユカリノ編集部
2階

2階

吹き抜けの2階にも浮世絵がズラリ。
via 撮影:ユカリノ編集部

今回の展覧会:江戸の女装と男装

 (15722)

今回の企画展はズバリ「江戸の女装と男装」。当時の異性装の風習を浮世絵を通して知ることのできる企画展となっています。

近年では異性装をされているタレントさんがメディアにも多く出演されていますが、江戸時代と現代の異性装に対する価値観にはどんな違いがあったのでしょう?この展覧会を通じて、私のまだ知らない江戸文化の一面が見られそうで楽しみです!

祭礼で男装していた吉原芸者たち

一部畳敷きになっている館内は、リラックスして鑑賞するこ...

一部畳敷きになっている館内は、リラックスして鑑賞することができます。

via 撮影:ユカリノ編集部
江戸時代の男装がよく登場する場面として、吉原で催された「俄(にわか)」と呼ばれるお祭りが挙げられます。遊郭に出入りしていた女芸者(遊女とは別)たちが、鳶や歌舞伎役者の姿を模した格好で出し物をする風習があり、いくつもの浮世絵に描かれています。
「新吉原角街稲本楼ヨリ 仲之街仁和賀一覧之圖」落合芳幾...

「新吉原角街稲本楼ヨリ 仲之街仁和賀一覧之圖」落合芳幾 明治2年(1869) 国立音楽大学附属図書館蔵 竹内道敬文庫

via 写真提供:国立音楽大学附属図書館
こちらは吉原のメインストリートである仲之町の大通りで、手古舞(てこまい/山車を警護した鳶職)の男装をした女芸者たちが獅子舞を披露しているところを、遊女たちが眺めている場面を描いたものです。

祭りで女性が男装をするということにどのような意味があるのだろう…と考えながら見ていたのですが、観客や遊女たちの表情から、めったにみられない華やかなものが楽しいという空気を感じます。今でいう宝塚歌劇団的な楽しみ方をしていたのかもしれません。
「風俗三十二相 にあいさう 弘化年間廓の芸者風俗」

「風俗三十二相 にあいさう 弘化年間廓の芸者風俗」

月岡芳年
明治21年(1888)
太田記念美術館蔵
via 写真提供:太田記念美術館
今回の展覧会のポスターにもなっているこちらの絵は、「俄」で男装していた女性の半身ブロマイド。扇には大きく「俄」の文字が。顔は女性的でとても色っぽいのですが、髷の結い方や服装が手古舞の男装になっています。男装をしているからこその色気にどきどきしてしまいます!
42 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

加治まや

加治まや

1988年10月14日生まれ、日本×バングラデシュのハーフ。 江戸文化歴史検定2級を持ち、全国の神社仏閣を巡り御朱印採集、大政奉還150周年記念の幕末維新スタンプラリー(全国版)も全制覇するほどの歴史好きモデル。 明治学院大学では美術史を専攻、日本を含む東洋美術を学ぶ。好きな仏像は興福寺の阿修羅像。最近では歴史の知識を活かし、「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)など、クイズバラエティ番組に出演。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

刀剣女子必見!新しくなった刀剣博物館の魅力と「現代刀職展」の見方

国宝・重要文化財の刀剣を所蔵し、その保存と研究に励む「刀剣博物館」が墨田区両国に移転、2018年1月にオープンしました。新しくなった刀剣博物館の魅力と現在開催中の企画展「現代刀職展」の見どころを、「歴☆女子会」主宰で、刀剣にも詳しい磯部深雪さんがたっぷりご紹介します。
【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

時代劇でもお馴染み、池波正太郎の傑作『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川宣以(のぶため)という実在の人物がモデルになっています。今回は、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、四谷(東京都新宿区)の寺町界隈を古地図で巡りながら、宣以の生涯とゆかりの地をご案内します。
【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

【今も息づく「吉原遊郭」の光と闇】当時の街の形が引き継がれた現代の吉原を歩く

江戸文化の象徴の一つであり、屈指の賑わいを誇った吉原。浅草の北、吉原のあった地域は、当時の道や区画が、ほぼ現代に引き継がれているのが特徴です。歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、吉原の光と闇と共に、ゆかりの地をご案内します。
【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

【有楽町は有楽斎から!?】東京の地名の由来とゆかりの地・山手線編

地名にはそれぞれ由来がありますが、徳川幕府が置かれてから急速に発展した東京は、日本の歴史上、新しく生まれた地名が多く、由来が解明しやすいのが特徴です。今回は、東京23区民の足ともいえる山手線の駅名にちなんだ由来とゆかりの地をご紹介します。