気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館
2018年3月16日 更新

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。

加治まや加治まや

太田記念美術館とは?

原宿駅からすぐ近く。お買い物の合間に寄れる立地もポイント!

原宿駅からすぐ近く。お買い物の合間に寄れる立地もポイント!

via 撮影:ユカリノ編集部
皆さんこんにちは、モデルの加治まやです。「美術館 de 江戸巡り」、早くも連載2回目です!

今回伺った太田記念美術館は、浮世絵の展示を専門とした珍しい美術館です。原宿という賑やかな街にありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれるひっそりとした佇まいが魅力です。

こちらではほぼ毎月新しい企画展・特別展が開催されていて、ふらっと立ち寄るたびに新しい展示を見ることができます。また企画内容も、普段浮世絵を見慣れない方でも楽しめるユニークな切り口なのもポイントです。
日本庭園のような1階

日本庭園のような1階

1階は広いスペースを贅沢に使った展示がされています。中央には庭園風の休憩場と、靴を脱いで畳に上がれるエリアがあり、空間の雰囲気を味わいながらゆったりと浮世絵を鑑賞することができます。
via 撮影:ユカリノ編集部
2階

2階

吹き抜けの2階にも浮世絵がズラリ。
via 撮影:ユカリノ編集部

今回の展覧会:江戸の女装と男装

 (15722)

今回の企画展はズバリ「江戸の女装と男装」。当時の異性装の風習を浮世絵を通して知ることのできる企画展となっています。

近年では異性装をされているタレントさんがメディアにも多く出演されていますが、江戸時代と現代の異性装に対する価値観にはどんな違いがあったのでしょう?この展覧会を通じて、私のまだ知らない江戸文化の一面が見られそうで楽しみです!

祭礼で男装していた吉原芸者たち

一部畳敷きになっている館内は、リラックスして鑑賞するこ...

一部畳敷きになっている館内は、リラックスして鑑賞することができます。

via 撮影:ユカリノ編集部
江戸時代の男装がよく登場する場面として、吉原で催された「俄(にわか)」と呼ばれるお祭りが挙げられます。遊郭に出入りしていた女芸者(遊女とは別)たちが、鳶や歌舞伎役者の姿を模した格好で出し物をする風習があり、いくつもの浮世絵に描かれています。
「新吉原角街稲本楼ヨリ 仲之街仁和賀一覧之圖」落合芳幾...

「新吉原角街稲本楼ヨリ 仲之街仁和賀一覧之圖」落合芳幾 明治2年(1869) 国立音楽大学附属図書館蔵 竹内道敬文庫

via 写真提供:国立音楽大学附属図書館
こちらは吉原のメインストリートである仲之町の大通りで、手古舞(てこまい/山車を警護した鳶職)の男装をした女芸者たちが獅子舞を披露しているところを、遊女たちが眺めている場面を描いたものです。

祭りで女性が男装をするということにどのような意味があるのだろう…と考えながら見ていたのですが、観客や遊女たちの表情から、めったにみられない華やかなものが楽しいという空気を感じます。今でいう宝塚歌劇団的な楽しみ方をしていたのかもしれません。
「風俗三十二相 にあいさう 弘化年間廓の芸者風俗」

「風俗三十二相 にあいさう 弘化年間廓の芸者風俗」

月岡芳年
明治21年(1888)
太田記念美術館蔵
via 写真提供:太田記念美術館
今回の展覧会のポスターにもなっているこちらの絵は、「俄」で男装していた女性の半身ブロマイド。扇には大きく「俄」の文字が。顔は女性的でとても色っぽいのですが、髷の結い方や服装が手古舞の男装になっています。男装をしているからこその色気にどきどきしてしまいます!
42 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

加治まや

加治まや

1988年10月14日生まれ、日本×バングラデシュのハーフ。 江戸文化歴史検定2級を持ち、全国の神社仏閣を巡り御朱印採集、大政奉還150周年記念の幕末維新スタンプラリー(全国版)も全制覇するほどの歴史好きモデル。 明治学院大学では美術史を専攻、日本を含む東洋美術を学ぶ。好きな仏像は興福寺の阿修羅像。最近では歴史の知識を活かし、「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)など、クイズバラエティ番組に出演。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。