島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影
2017年11月29日 更新

島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸・仙巌園。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が魅力です。幕末の名君・28代島津斉彬がこよなく愛し、大河ドラマで知られる篤姫も足を運びました。その仙巌園で、名将・島津義弘の甲冑を着装して記念撮影ができる特別企画を実施。これは戦国ファンなら見逃せません!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

仙巌園を築いた19代・島津光久

19代島津光久が築いた別邸仙巌園。光久は、関ヶ原の戦いでの敵中突破で有名な島津義弘の孫にあたる人物です。光久は、鹿児島城下北部にあった家老・鎌田出雲守の旧宅、大磯下津浜門屋敷を御用地に定め、御仮屋を築きます。これが仙巌園のはじまりとなりました。
ちなみに「仙巌園」という名前は、中国江西省にある景勝地、龍虎山仙巌にその景色が似ていることからつけられたそうです。

近年では大河ドラマ『篤姫』の撮影も行われ、歴史ファンの方だけでなく島津家ゆかりの地として知られています。その仙巌園で、甲冑を身につけて写真撮影を楽しめる特別企画が実施。これは歴史ファンにはたまらないイベントとなりそうです。

島津家ゆかりの地・仙巌園ならでは!義弘公の甲冑で記念撮影

専門のスタッフが、着装と写真撮影を行います。

専門のスタッフが、着装と写真撮影を行います。

via 仙巌園
丸に十文字の家紋にテンションが上がりますね。

丸に十文字の家紋にテンションが上がりますね。

via 仙巌園
身も心も島津義弘公に!

身も心も島津義弘公に!

via 仙巌園
気分は「鬼島津」!雄大な桜島を背景に記念撮影

気分は「鬼島津」!雄大な桜島を背景に記念撮影

via 仙巌園
勇壮な甲冑を身にまとえば、身も心も武者に大変身!
桜島をバックに、島津の甲冑を着て写真が撮れる…なんて贅沢な企画でしょう。ちなみに着装できるのは、島津義弘のほか、「幕末の名君」島津斉彬の先祖にあたる伊達政宗、さらに子ども用として真田幸村の鎧も用意されていますよ。

戦国好きの皆様はもちろん、大河ドラマで注目が集まる鹿児島へ旅行される方は、ぜひ記念に参加されてみてはいかがでしょうか?

甲冑武者で記念撮影!

■開催日時:2017年12月8日(金)~10日(日)、15日(金)~17日(日)
①10:00~10:45、②10:45~11:30、③11:30~12:15、④12:15~13:00
⑤13:00~13:45、⑥13:45~14:30、⑦14:30~15:15、⑧15:15~16:00

■場所:仙巌園内 秀成荘

■料金:島津義弘鎧写(8,000円)、伊達政宗鎧写(6,000円)、子ども用 真田幸村鎧写(4,000円)※仙巌園入場料・撮影料込み

■所要時間:約45分(内、甲冑の着脱時間約25分)

■内容:
晴天時/計4パターン(室内2パターン・屋外2パターン)
雨天時/計4パターン撮影(室内4パターン)

・お客様がお選びになった写真1枚を現像し、他の写真データと合わせて後日ご郵送。
・同一時間に着装できるのは、最大2名様まで。

◎お申込みは、下記の申込フォームをご利用ください。
http://www.senganen.jp/yoroi/

【お問い合わせ】
099-247-1551(仙巌園代表)
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
鹿児島の歴史を正しく楽しく!仙巌園学芸員・岩川氏【ゆかりの案内人|第1回】

鹿児島の歴史を正しく楽しく!仙巌園学芸員・岩川氏【ゆかりの案内人|第1回】

ご当地で歴史を伝え続けている「人」に注目する特集。第1弾は、2018年大河ドラマ『西郷どん』の舞台、鹿児島県にある名勝 仙巌園の学芸員・岩川拓夫氏に注目。自身も鹿児島出身である岩川氏は、地元鹿児島の歴史を新しい形で発信することをモットーに幅広く活動している。その活動内容や、今後の展望を教えていただきました。
村田新八、川口雪篷…西郷だけじゃない!遠島となった人物と現地での生活

村田新八、川口雪篷…西郷だけじゃない!遠島となった人物と現地での生活

西郷隆盛は、最初は奄美大島、次は徳之島を経て沖永良部島に流されました。幕末に遠島となる場合、九州方面なら南西諸島へ、江戸方面ならば伊豆諸島へ流されることが多かったようです。また、一部は領内の山奥と言う場合もありました。今回は、西郷と同じころに遠島となった人物たちの現地での生活やゆかりの地に注目しました。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。