島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影
2017年11月29日 更新

島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸・仙巌園。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が魅力です。幕末の名君・28代島津斉彬がこよなく愛し、大河ドラマで知られる篤姫も足を運びました。その仙巌園で、名将・島津義弘の甲冑を着装して記念撮影ができる特別企画を実施。これは戦国ファンなら見逃せません!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

仙巌園を築いた19代・島津光久

19代島津光久が築いた別邸仙巌園。光久は、関ヶ原の戦いでの敵中突破で有名な島津義弘の孫にあたる人物です。光久は、鹿児島城下北部にあった家老・鎌田出雲守の旧宅、大磯下津浜門屋敷を御用地に定め、御仮屋を築きます。これが仙巌園のはじまりとなりました。
ちなみに「仙巌園」という名前は、中国江西省にある景勝地、龍虎山仙巌にその景色が似ていることからつけられたそうです。

近年では大河ドラマ『篤姫』の撮影も行われ、歴史ファンの方だけでなく島津家ゆかりの地として知られています。その仙巌園で、甲冑を身につけて写真撮影を楽しめる特別企画が実施。これは歴史ファンにはたまらないイベントとなりそうです。

島津家ゆかりの地・仙巌園ならでは!義弘公の甲冑で記念撮影

専門のスタッフが、着装と写真撮影を行います。

専門のスタッフが、着装と写真撮影を行います。

via 仙巌園
丸に十文字の家紋にテンションが上がりますね。

丸に十文字の家紋にテンションが上がりますね。

via 仙巌園
身も心も島津義弘公に!

身も心も島津義弘公に!

via 仙巌園
気分は「鬼島津」!雄大な桜島を背景に記念撮影

気分は「鬼島津」!雄大な桜島を背景に記念撮影

via 仙巌園
勇壮な甲冑を身にまとえば、身も心も武者に大変身!
桜島をバックに、島津の甲冑を着て写真が撮れる…なんて贅沢な企画でしょう。ちなみに着装できるのは、島津義弘のほか、「幕末の名君」島津斉彬の先祖にあたる伊達政宗、さらに子ども用として真田幸村の鎧も用意されていますよ。

戦国好きの皆様はもちろん、大河ドラマで注目が集まる鹿児島へ旅行される方は、ぜひ記念に参加されてみてはいかがでしょうか?

甲冑武者で記念撮影!

■開催日時:2017年12月8日(金)~10日(日)、15日(金)~17日(日)
①10:00~10:45、②10:45~11:30、③11:30~12:15、④12:15~13:00
⑤13:00~13:45、⑥13:45~14:30、⑦14:30~15:15、⑧15:15~16:00

■場所:仙巌園内 秀成荘

■料金:島津義弘鎧写(8,000円)、伊達政宗鎧写(6,000円)、子ども用 真田幸村鎧写(4,000円)※仙巌園入場料・撮影料込み

■所要時間:約45分(内、甲冑の着脱時間約25分)

■内容:
晴天時/計4パターン(室内2パターン・屋外2パターン)
雨天時/計4パターン撮影(室内4パターン)

・お客様がお選びになった写真1枚を現像し、他の写真データと合わせて後日ご郵送。
・同一時間に着装できるのは、最大2名様まで。

◎お申込みは、下記の申込フォームをご利用ください。
http://www.senganen.jp/yoroi/

【お問い合わせ】
099-247-1551(仙巌園代表)
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第6回は、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で注目が集まる西郷隆盛が好んだといわれる鹿児島の郷土料理・とんこつ。大河ドラマでも食するシーンがあるかもしれませんよ。
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
大河ドラマ「西郷どん」の主要人物揃い踏み!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第3回:西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島

大河ドラマ「西郷どん」の主要人物揃い踏み!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第3回:西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。
森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!