平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう
2018年2月13日 更新

平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

奈良・平安時代に食べられていた甘味料・あまづら。あの清少納言も「枕草子」でかき氷にかけて食べたと書いています。そんな幻のシロップ・あまづらを再現するイベントが福岡市で開催。気になる作り方、それは『ブンブン』すること?貴重な『あまづらブンブン』体験、ぜひ体験してみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

奈良・平安時代に食された幻の甘味料「あまづら」とは?

 (14434)

夏ヅタの樹液を煮詰めた甘味料「あまづら」。
今から約1000年ほど前、奈良・平安時代に食べられていた幻のシロップです。
平安時代の才女・清少納言が記した『枕草子』 (四十二段) にもあまづらが登場しているんですよ。

清少納言の「枕草子」に登場するあまづら

「あてなるもの。(中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる。」
(上品なもの。細かく削った氷に甘いつゆをかけて、新しい金の椀に盛りつけたもの)
via 『枕草子』より引用
清少納言は『枕草子』で、あまづらをかけたかき氷(削り氷)を「上品なもの」のひとつとして記しています。

平安時代貴重品だった氷を削り、さらにあまづらをかけて食べる・・・。
なんとも贅沢なスイーツだったことでしょう。

そんなあまづら、起源はなんと縄文時代まで遡るとみられますが、安土桃山時代に入り砂糖が輸入されると徐々に衰退。材料や作り方は忘れられつつありました。
しかし、北九州市の石橋氏により、あまづらの再現に成功!一般の方もあまづら作りを体験できるワークショップが開催されるのです。

キーワードは『ブンブン!』あまづらを再現しよう

2月17日(土)、福岡県福岡市の鴻臚館跡展示館でワークショップ「~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン」が開催。

現在、再現実験を続けている奈良女子大学のチームが考案した『ブンブン』する方法で、あまづらを作ってみよう!という非常にワクワクする企画です。

その名の通り、夏ヅタにロープをつけてブンブンまわし、遠心力を利用して樹液を採取。
今まで口でフーフー吹きながら集めていた樹液が、この方法だとずっと簡単に取り出せるのだそう。

採れた樹液を煮詰めれば、あまづらの出来上がり!
うまくできたら味見もできるとのこと。幻のシロップ・あまづら、いったいどんな味なのか非常に気になりますよね。
鴻臚館跡展示館

鴻臚館跡展示館

ちなみに鴻臚館は、奈良~平安時代、外国との窓口・迎賓館だった場所。きっと実際にここで味わっていたのではないでしょうか。
via 撮影:ユカリノ編集部
時を越えてゆかりの地でいただくあまづらは、清少納言のいう通り「あてなるもの」に違いありません。興味がある方は、ぜひ参加してみませんか?

~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン

提供:福岡市博物館 (14428)

via 提供:福岡市博物館
開催日:2月17日(土)
開催時間:13:30~17:00(※雨天中止)
場所:福岡県福岡市中央区城内1 鴻臚館跡展示館ウラ芝生広場
参加無料・申込不要
当日先着 20名
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

御朱印で巡る武将ゆかりの地。今回は平安末期に活躍した源義経とその従者をピックアップ!その悲劇的な最期が「判官びいき」という言葉を生んだほど日本人の心にグッとくる武将・源義経。さらに彼には個性豊かな郎党が従っており、「義経伝説」を鮮やかに彩っています。そんな彼らにゆかりのある地を巡ってみましょう。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年放送の大河ドラマ『麒麟がくる』。主人公・明智光秀の謎めいた前半生に光をあてながら、最新の研究に基づいた英傑たちが描かれるとのことで、今から楽しみな方も多いはず。そこで気になるのが、タイトルの「麒麟」ではないでしょうか。あの首の長いキリンとは違う麒麟の正体と、麒麟にまつわる全国のスポットをご紹介します。
【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

戦国最強夫婦といわれる柳川藩初代藩主・立花宗茂とその妻・誾千代。彼らの歴史を今に伝える立花家史料館の公式キャラクター「宗茂と誾千代」がユカリノに登場!宗茂と誾千代、そして宗茂の愛刀の化身である雷切丸に、彼らの活動拠点である立花家を中心に、柳川の魅力をたっぷりご紹介いただきました。
織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。