平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう
2018年2月13日 更新

平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

奈良・平安時代に食べられていた甘味料・あまづら。あの清少納言も「枕草子」でかき氷にかけて食べたと書いています。そんな幻のシロップ・あまづらを再現するイベントが福岡市で開催。気になる作り方、それは『ブンブン』すること?貴重な『あまづらブンブン』体験、ぜひ体験してみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

奈良・平安時代に食された幻の甘味料「あまづら」とは?

 (14434)

夏ヅタの樹液を煮詰めた甘味料「あまづら」。
今から約1000年ほど前、奈良・平安時代に食べられていた幻のシロップです。
平安時代の才女・清少納言が記した『枕草子』 (四十二段) にもあまづらが登場しているんですよ。

清少納言の「枕草子」に登場するあまづら

「あてなるもの。(中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる。」
(上品なもの。細かく削った氷に甘いつゆをかけて、新しい金の椀に盛りつけたもの)
via 『枕草子』より引用
清少納言は『枕草子』で、あまづらをかけたかき氷(削り氷)を「上品なもの」のひとつとして記しています。

平安時代貴重品だった氷を削り、さらにあまづらをかけて食べる・・・。
なんとも贅沢なスイーツだったことでしょう。

そんなあまづら、起源はなんと縄文時代まで遡るとみられますが、安土桃山時代に入り砂糖が輸入されると徐々に衰退。材料や作り方は忘れられつつありました。
しかし、北九州市の石橋氏により、あまづらの再現に成功!一般の方もあまづら作りを体験できるワークショップが開催されるのです。

キーワードは『ブンブン!』あまづらを再現しよう

2月17日(土)、福岡県福岡市の鴻臚館跡展示館でワークショップ「~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン」が開催。

現在、再現実験を続けている奈良女子大学のチームが考案した『ブンブン』する方法で、あまづらを作ってみよう!という非常にワクワクする企画です。

その名の通り、夏ヅタにロープをつけてブンブンまわし、遠心力を利用して樹液を採取。
今まで口でフーフー吹きながら集めていた樹液が、この方法だとずっと簡単に取り出せるのだそう。

採れた樹液を煮詰めれば、あまづらの出来上がり!
うまくできたら味見もできるとのこと。幻のシロップ・あまづら、いったいどんな味なのか非常に気になりますよね。
鴻臚館跡展示館

鴻臚館跡展示館

ちなみに鴻臚館は、奈良~平安時代、外国との窓口・迎賓館だった場所。きっと実際にここで味わっていたのではないでしょうか。
via 撮影:ユカリノ編集部
時を越えてゆかりの地でいただくあまづらは、清少納言のいう通り「あてなるもの」に違いありません。興味がある方は、ぜひ参加してみませんか?

~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン

提供:福岡市博物館 (14428)

via 提供:福岡市博物館
開催日:2月17日(土)
開催時間:13:30~17:00(※雨天中止)
場所:福岡県福岡市中央区城内1 鴻臚館跡展示館ウラ芝生広場
参加無料・申込不要
当日先着 20名
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
【8月10日は妖怪出没注意】百鬼夜行日の逢魔刻に『妖怪ナイト』が開催

【8月10日は妖怪出没注意】百鬼夜行日の逢魔刻に『妖怪ナイト』が開催

福岡市博物館では、現在『幽霊・妖怪画の世界』展を開催中。その注目作品である「百鬼夜行絵巻」にちなみ、妖怪が出没すると言われる8月10日「百鬼夜行日」の逢魔刻に『妖怪ナイト』を開催。暑い夏の夜の思い出に、妖怪たちの世界を覗いてみませんか?
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第3回は八百比丘尼が食べたといわれる『人魚の肉』です。食べると不老不死になるという伝説がある人魚の肉の正体とは?福井県小浜市に残るゆかりの地とともに、八百比丘尼伝説をご紹介します。
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。