平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう
2018年2月13日 更新

平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

奈良・平安時代に食べられていた甘味料・あまづら。あの清少納言も「枕草子」でかき氷にかけて食べたと書いています。そんな幻のシロップ・あまづらを再現するイベントが福岡市で開催。気になる作り方、それは『ブンブン』すること?貴重な『あまづらブンブン』体験、ぜひ体験してみませんか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

奈良・平安時代に食された幻の甘味料「あまづら」とは?

 (14434)

夏ヅタの樹液を煮詰めた甘味料「あまづら」。
今から約1000年ほど前、奈良・平安時代に食べられていた幻のシロップです。
平安時代の才女・清少納言が記した『枕草子』 (四十二段) にもあまづらが登場しているんですよ。

清少納言の「枕草子」に登場するあまづら

「あてなるもの。(中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金まりに入れたる。」
(上品なもの。細かく削った氷に甘いつゆをかけて、新しい金の椀に盛りつけたもの)
via 『枕草子』より引用
清少納言は『枕草子』で、あまづらをかけたかき氷(削り氷)を「上品なもの」のひとつとして記しています。

平安時代貴重品だった氷を削り、さらにあまづらをかけて食べる・・・。
なんとも贅沢なスイーツだったことでしょう。

そんなあまづら、起源はなんと縄文時代まで遡るとみられますが、安土桃山時代に入り砂糖が輸入されると徐々に衰退。材料や作り方は忘れられつつありました。
しかし、北九州市の石橋氏により、あまづらの再現に成功!一般の方もあまづら作りを体験できるワークショップが開催されるのです。

キーワードは『ブンブン!』あまづらを再現しよう

2月17日(土)、福岡県福岡市の鴻臚館跡展示館でワークショップ「~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン」が開催。

現在、再現実験を続けている奈良女子大学のチームが考案した『ブンブン』する方法で、あまづらを作ってみよう!という非常にワクワクする企画です。

その名の通り、夏ヅタにロープをつけてブンブンまわし、遠心力を利用して樹液を採取。
今まで口でフーフー吹きながら集めていた樹液が、この方法だとずっと簡単に取り出せるのだそう。

採れた樹液を煮詰めれば、あまづらの出来上がり!
うまくできたら味見もできるとのこと。幻のシロップ・あまづら、いったいどんな味なのか非常に気になりますよね。
鴻臚館跡展示館

鴻臚館跡展示館

ちなみに鴻臚館は、奈良~平安時代、外国との窓口・迎賓館だった場所。きっと実際にここで味わっていたのではないでしょうか。
via 撮影:ユカリノ編集部
時を越えてゆかりの地でいただくあまづらは、清少納言のいう通り「あてなるもの」に違いありません。興味がある方は、ぜひ参加してみませんか?

~幻のシロップをつくろう~ あまづら ブンブン

提供:福岡市博物館 (14428)

via 提供:福岡市博物館
開催日:2月17日(土)
開催時間:13:30~17:00(※雨天中止)
場所:福岡県福岡市中央区城内1 鴻臚館跡展示館ウラ芝生広場
参加無料・申込不要
当日先着 20名
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

福岡県添田町にある日本三大修験山のひとつ、英彦山。古来より神の山として信仰され、県内唯一の神宮である英彦山神宮は今も多くの方に崇敬されています。修験の聖地として栄えた添田町には、今も山伏の坊舎跡や城跡などの史跡も多く残り、歴史の町として魅力ある町づくりに取り組んでいます。そんな「歴史のまち」添田町をもっと知ってもらうため、このたび歴史好きのために特別モニターツアーを開催。ここでしか体験できない貴重な企画盛りだくさん!ぜひご参加ください。
源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地

源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地

治承・寿永の乱(源平合戦)における戦いの一つ「一の谷の戦い」。源義経が馬に乗って急峻な崖を駆け下りる「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」が成功し、源氏軍は勝利を納めます。そんな義経の奇策はどこで行われたのでしょうか?戦いの様子を追いながら、ゆかりの地をご紹介したいと思います。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!
生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

1567年に生まれ、西国無双といわれた戦国武将・立花宗茂。その生誕450年を記念し、宗茂が初代藩主となった柳川にある立花家史料館と柳川古文書館の2館では特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」が開催。宗茂や、彼を支えた家臣たちゆかりの品や資料が一堂に会した本展と、柳川に残るゆかりの地をレポートします。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。