【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』
2018年6月12日 更新

【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』

6月16日は「和菓子の日」です。平安時代、厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥」という行事がルーツとなり、昭和 54 年(1979)に全国和菓子協会によって制定されました。老舗和菓子店の「とらや」では、現在でも毎年この日にちなんだ期間限定の和菓子が販売されています。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

6月16日が「和菓子の日」といわれる由来

「和菓子の日」の由来は諸説ありますが、平安時代、仁明天皇の代に疫病よけと健康招福を願って、菓子や餅を神前に供え『嘉祥』と改元した古例にちなむともいわれています。
6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えたといい、以来『嘉祥』は厄除招福を願うめでたい行事として受け継がれてきました。

慶長の頃には、豊臣秀吉も「嘉祥の祝」を恒例行事として行っていたことが記録に残っており、江戸幕府でも「嘉祥頂戴」といって、江戸城大広間に2万個を超える羊羹や饅頭などの菓子が並べられ、将軍から大名・旗本へ与えられたといわれています。
「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

老舗和菓子屋のとらやには、宮中へ嘉祥用の菓子を納めた記録が残っています。
現在も6月16日「和菓子の日」の頃になると、その当時の菓子をもとにした『嘉祥菓子7ヶ盛』をつくっています。

江戸幕府の嘉祥菓子のひとつを再現した「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

via 株式会社 虎屋
また、江戸時代に嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現し、夏負けの防止効果があるとされる黒砂糖を加えて作られた「嘉祥蒸羊羹」も人気です。

こちらも数量・期間限定販売なので、早めの購入がおすすめ。気になる方はお近くの「とらや」の店舗をチェックしてみてください。
販売期間 :2018 年 6 月 10 日(日)~6 月 16 日(土)
※一部取り扱いのない店舗もございます
価 格 :1 本 2,160 円(税込)

江戸時代、宮中に納めた嘉祥菓子をもとにした「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

via 株式会社 虎屋
土器に盛った 7 種類の嘉祥菓子は、江戸時代末期、宮中に納めていたものを元につくられています。
こちらは予約受付が6月12日(火)まで、16日(土)の店頭販売は数量限定なので、気になる方はお見逃しなく!
予約承り期間:2018 年 6 月 1 日(金)~6 月 12 日(火)
お渡し日 :6 月 14 日(木)・15 日(金)・16 日(土)
店頭販売 :6 月 16 日(土)
販 売 店 :
【関東】
直営店、新宿伊勢丹、アトレ目黒 1、玉川髙島屋 S・C、横浜そごう

【近畿】
直営店、京都髙島屋、大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹

価 格 :3,240 円(税込)
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。
第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第3回は、江戸時代の名物料理・たまごふわふわ。将軍家の饗応料理の献立の一品でもあり、当時は武士や豪商が食したセレブ料理でした。あの新選組局長・近藤勇も愛したというたまごふわふわとはどんな料理なのでしょうか?
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
朝ドラ『まんぷく』のモデル!安藤百福とインスタントラーメン発祥の地・大阪池田

朝ドラ『まんぷく』のモデル!安藤百福とインスタントラーメン発祥の地・大阪池田

2018年10月より放送を開始したNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』。インスタントラーメンを生み出した夫婦の物語を描き、ヒロインは安藤サクラさん演じる今井福子、夫・立花萬平を長谷川博己さんが演じます。モデルとされるのは、日清食品創業者・安藤百福氏とその妻・仁子さん。史実の2人はどんな人物だったのか、ゆかりの地・大阪府池田市のカップヌードルミュージアムで開催中の特別展とともに紹介します。
縄文グルメ、ブラボー!『縄文ハンバーグ』を作ってみた【偉人が愛した肉料理:第6回】

縄文グルメ、ブラボー!『縄文ハンバーグ』を作ってみた【偉人が愛した肉料理:第6回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。昨今のジビエ&縄文ブームから、縄文人が食べていたといわれるイノシシ肉を使った料理に注目。第6回は、縄文時代も作られていたとみられる『縄文ハンバーグ』を実際に再現してみました!気になるその味とは…?
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

【18禁】春画と妖怪画がコラボ!春信などの人気絵師達が描く、古の大人の世界

春画は単にエッチというだけでなく、その高い芸術性が海外でも高い評価を受けています。10月16日(火)から京都の細見美術館で開催される『描かれた「わらい」と「こわい」展-春画・妖怪画の世界-』では、日文研所蔵のコレクションから、厳選された春画と妖怪画をご紹介します。ちょっと赤面しながら、かなりドキドキしながら、古の大人の世界を覗いてみませんか。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。