【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』
2018年6月12日 更新

【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』

6月16日は「和菓子の日」です。平安時代、厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥」という行事がルーツとなり、昭和 54 年(1979)に全国和菓子協会によって制定されました。老舗和菓子店の「とらや」では、現在でも毎年この日にちなんだ期間限定の和菓子が販売されています。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

6月16日が「和菓子の日」といわれる由来

「和菓子の日」の由来は諸説ありますが、平安時代、仁明天皇の代に疫病よけと健康招福を願って、菓子や餅を神前に供え『嘉祥』と改元した古例にちなむともいわれています。
6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えたといい、以来『嘉祥』は厄除招福を願うめでたい行事として受け継がれてきました。

慶長の頃には、豊臣秀吉も「嘉祥の祝」を恒例行事として行っていたことが記録に残っており、江戸幕府でも「嘉祥頂戴」といって、江戸城大広間に2万個を超える羊羹や饅頭などの菓子が並べられ、将軍から大名・旗本へ与えられたといわれています。
「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

老舗和菓子屋のとらやには、宮中へ嘉祥用の菓子を納めた記録が残っています。
現在も6月16日「和菓子の日」の頃になると、その当時の菓子をもとにした『嘉祥菓子7ヶ盛』をつくっています。

江戸幕府の嘉祥菓子のひとつを再現した「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

via 株式会社 虎屋
また、江戸時代に嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現し、夏負けの防止効果があるとされる黒砂糖を加えて作られた「嘉祥蒸羊羹」も人気です。

こちらも数量・期間限定販売なので、早めの購入がおすすめ。気になる方はお近くの「とらや」の店舗をチェックしてみてください。
販売期間 :2018 年 6 月 10 日(日)~6 月 16 日(土)
※一部取り扱いのない店舗もございます
価 格 :1 本 2,160 円(税込)

江戸時代、宮中に納めた嘉祥菓子をもとにした「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

via 株式会社 虎屋
土器に盛った 7 種類の嘉祥菓子は、江戸時代末期、宮中に納めていたものを元につくられています。
こちらは予約受付が6月12日(火)まで、16日(土)の店頭販売は数量限定なので、気になる方はお見逃しなく!
予約承り期間:2018 年 6 月 1 日(金)~6 月 12 日(火)
お渡し日 :6 月 14 日(木)・15 日(金)・16 日(土)
店頭販売 :6 月 16 日(土)
販 売 店 :
【関東】
直営店、新宿伊勢丹、アトレ目黒 1、玉川髙島屋 S・C、横浜そごう

【近畿】
直営店、京都髙島屋、大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹

価 格 :3,240 円(税込)
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第3回は、江戸時代の名物料理・たまごふわふわ。将軍家の饗応料理の献立の一品でもあり、当時は武士や豪商が食したセレブ料理でした。あの新選組局長・近藤勇も愛したというたまごふわふわとはどんな料理なのでしょうか?
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。
どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は三菱財閥の2代目・岩﨑彌之助とその息子・小彌太の集めた美術品を所蔵する静嘉堂文庫美術館です。江戸をはじめとする日本や東洋の貴重な美術品のなかでも国宝「曜変天目」の所蔵で知られる美術館の魅力をお届けします。
本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史

世界遺産候補!長崎と天草地方の潜伏キリシタンの歴史

今年、ユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県・熊本県)。江戸幕府がキリスト教を禁じていた17〜19世紀、ひそかに信仰を守り続けたキリシタンが育んだ独自の文化が世界で評価されることとなりました。その信仰の地と彼らの歴史をご紹介します。