【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』
2018年6月12日 更新

【6月16日は和菓子の日】江戸時代の菓子を再現!とらやの『嘉祥菓子7ヶ盛』

6月16日は「和菓子の日」です。平安時代、厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥」という行事がルーツとなり、昭和 54 年(1979)に全国和菓子協会によって制定されました。老舗和菓子店の「とらや」では、現在でも毎年この日にちなんだ期間限定の和菓子が販売されています。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

6月16日が「和菓子の日」といわれる由来

「和菓子の日」の由来は諸説ありますが、平安時代、仁明天皇の代に疫病よけと健康招福を願って、菓子や餅を神前に供え『嘉祥』と改元した古例にちなむともいわれています。
6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えたといい、以来『嘉祥』は厄除招福を願うめでたい行事として受け継がれてきました。

慶長の頃には、豊臣秀吉も「嘉祥の祝」を恒例行事として行っていたことが記録に残っており、江戸幕府でも「嘉祥頂戴」といって、江戸城大広間に2万個を超える羊羹や饅頭などの菓子が並べられ、将軍から大名・旗本へ与えられたといわれています。
「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

「千代田之御表 六月十六日嘉祥ノ図」(虎屋文庫蔵)

老舗和菓子屋のとらやには、宮中へ嘉祥用の菓子を納めた記録が残っています。
現在も6月16日「和菓子の日」の頃になると、その当時の菓子をもとにした『嘉祥菓子7ヶ盛』をつくっています。

江戸幕府の嘉祥菓子のひとつを再現した「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

「嘉祥蒸羊羹」

via 株式会社 虎屋
また、江戸時代に嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現し、夏負けの防止効果があるとされる黒砂糖を加えて作られた「嘉祥蒸羊羹」も人気です。

こちらも数量・期間限定販売なので、早めの購入がおすすめ。気になる方はお近くの「とらや」の店舗をチェックしてみてください。
販売期間 :2018 年 6 月 10 日(日)~6 月 16 日(土)
※一部取り扱いのない店舗もございます
価 格 :1 本 2,160 円(税込)

江戸時代、宮中に納めた嘉祥菓子をもとにした「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

「嘉祥菓子7ヶ盛」

via 株式会社 虎屋
土器に盛った 7 種類の嘉祥菓子は、江戸時代末期、宮中に納めていたものを元につくられています。
こちらは予約受付が6月12日(火)まで、16日(土)の店頭販売は数量限定なので、気になる方はお見逃しなく!
予約承り期間:2018 年 6 月 1 日(金)~6 月 12 日(火)
お渡し日 :6 月 14 日(木)・15 日(金)・16 日(土)
店頭販売 :6 月 16 日(土)
販 売 店 :
【関東】
直営店、新宿伊勢丹、アトレ目黒 1、玉川髙島屋 S・C、横浜そごう

【近畿】
直営店、京都髙島屋、大丸京都店、ジェイアール京都伊勢丹

価 格 :3,240 円(税込)
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

【6月27日はちらし寿司の日】備前岡山藩主・池田光政とばら寿司の不思議な関係

6月27日は、備前岡山藩初代藩主にして江戸初期の三名君のひとりに数えられた池田光政の命日です。実はこの日、ちらし寿司の日になっているのをご存知でしたか?名君として知られた光政の政治から生まれたばら寿司誕生秘話こそ、この由縁なのです。その池田光政とはどんな人物なのか、ばら寿司との関係についてご紹介しましょう。
第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第3回:新選組・近藤勇の好物!たまごふわふわ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第3回は、江戸時代の名物料理・たまごふわふわ。将軍家の饗応料理の献立の一品でもあり、当時は武士や豪商が食したセレブ料理でした。あの新選組局長・近藤勇も愛したというたまごふわふわとはどんな料理なのでしょうか?
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

人魚の肉を食べて不老不死に?悲劇の八百比丘尼伝説【偉人が愛した肉料理:第3回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第3回は八百比丘尼が食べたといわれる『人魚の肉』です。食べると不老不死になるという伝説がある人魚の肉の正体とは?福井県小浜市に残るゆかりの地とともに、八百比丘尼伝説をご紹介します。