位牌で歴代将軍の身長が判明?徳川家の菩提寺・大樹寺(愛知県岡崎市)
2018年4月9日 更新

位牌で歴代将軍の身長が判明?徳川家の菩提寺・大樹寺(愛知県岡崎市)

徳川将軍家の菩提寺といえば、東京の上野にある寛永時と、同じく芝の増上寺ですが、愛知県岡崎市にある大樹寺も菩提寺であるのをご存知でしょうか。徳川家の先祖にあたる松平家の墓も安置されているこの寺には、歴代将軍の身長がわかってしまうあるモノが祀られているのです。家康とのゆかりも深い名刹についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

松平家と徳川将軍家の菩提寺・大樹寺

大樹寺

大樹寺

via 写真提供:岡崎市
大樹寺は、文明7年(1475)、松平家の4代当主・親忠によって創建された浄土宗の寺院です。
その名前にある「大樹」とは「征夷大将軍」の唐名(中国風の名称)で、将来、松平家から将軍が誕生することを祈願して名づけられたと伝えられています。

天文4年(1535)には7代当主・清康によって、東海地方随一の美しさと称えられる多宝塔が建立され、現在では国の重要文化財に指定されています。
7代当主・松平清康

7代当主・松平清康

清康は家康の祖父にあたります。

家康の馬印になった「厭離穢土欣求浄土」の由来

徳川家康銅像

徳川家康銅像

家康が生まれた岡崎城にある銅像。
via 写真提供:岡崎市
親忠により松平家の菩提寺とされた大樹寺には、家康の父にあたる広忠まで松平家8代の墓が置かれていますが、この寺には、家康の命を救ったという言い伝えも残されています。

それは永禄3年(1560)に起こった桶狭間の戦いで、今川義元が織田信長によって討ち取られ、今川軍が敗走したときのことです。

このとき今川軍の先陣を任されていた19歳の松平元康(のちの徳川家康)は、織田軍の追手を逃れて大樹寺に逃げ込みましたが、前途を悲観し、先祖の墓の前で自害しようとしました。
しかし、住職であった登誉天室(とうよてんしつ)から、太平の世を目指す「厭離穢土欣求浄土(おんりえどごんぐじょうど)」という教えを説かれたことにより、生き延びて天下を平定し、平和な世を築くことを決意。以来、この言葉を馬印として掲げたといわれています。
大樹寺の本堂にも「厭離穢土欣求浄土」の文字が掲げられて...

大樹寺の本堂にも「厭離穢土欣求浄土」の文字が掲げられています。

via 写真提供:岡崎市

位牌の高さが将軍の身長!?

大樹寺にある徳川家康の霊廟

大樹寺にある徳川家康の霊廟

via 写真提供:岡崎市
家康はその死に際して、「遺体は駿河・久能山に葬ること、葬礼は江戸・増上寺で行うこと、位牌は三河・大樹寺に立てること」という遺言を残しました。
これに従い、家康の位牌は大樹寺に祀られましたが、江戸幕府の歴代将軍の位牌についても、家康と同じく祀られています。
大樹寺の位牌堂

大樹寺の位牌堂

現在、寺の位牌堂には、正面右手に歴代の松平家当主の位牌、正面左手には15代将軍・慶喜を除く歴代将軍の位牌が並んでいますが、後者の位牌にはある特徴があります。その特徴とは、位牌ごとに高さが異なっているのです。

実は、大樹寺に安置されている歴代将軍の位牌の高さは、それぞれ将軍の臨終時の身長に合わせて作られたといわれています。

身長が最も高いのは2代・秀忠、低いのは5代・綱吉で124cm!?

【大樹寺にある歴代将軍の位牌の高さ】

初代・家康:159cm
2代・秀忠:160cm
3代・家光:157cm
4代・家綱:158cm
5代・綱吉:124cm
6代・家宣:156cm 
7代・家継:135cm(満6歳で死去)
8代・吉宗:155.5cm(身長は6尺(約180cm)あったともいわれる)
9代・家重:151.4cm
10代・家治:153.5cm
11代・家斉:156.6cm
12代・家慶:153.5cm
13代・家定:149.9cm
14代・家茂:151.6cm
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じ、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

大河ドラマ「西郷どん」も、いよいよ明治へ突入。明治維新から10年後、西郷隆盛を中心とした薩摩軍と明治政府軍との間で日本最後の内戦・西南戦争が勃発します。なかでも激戦地となったのが、熊本市植木町の田原坂です。今も戦いの跡が残る現地で、その歴史を伝えている熊本市田原坂西南戦争資料館を取材してきました。
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

西南戦争の跡も残る薩摩藩島津家の本城「鹿児島城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第12回は鹿児島城をご紹介します。島津家が関ケ原合戦直後に薩摩藩の支配拠点として築いた鹿児島城。その見どころを写真を中心に紹介していきます。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。