西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売
2017年12月25日 更新

西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジ!『鹿児島西郷(せご)しゃつ』が発売

明治維新150周年を記念し、“西郷隆盛公”の礼装を現代風にアレンジした「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-」と、“書生スタイル”をイメージさせる「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」が高山CHOYAソーイング株式会社より発売。限定販売ということなので、気になる方はお早めにチェック!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

着ればあなたも西郷どん気分!?『鹿児島西郷(せご)しゃつ』

鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-

鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-

価格:54,000円(税込)
サイズ:サイズオーダー(完全受注生産) ※150名限定販売
via 高山CHOYAソーイング株式会社
高山CHOYAソーイング株式会社が明治維新150周年記念として、鹿児島の偉人・西郷隆盛の礼装を現代風にアレンジした「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-」と、“書生スタイル”をイメージさせる「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」を発売しました。

西郷隆盛が150年もの昔、西洋文化として洋装を取り入れて礼装用として着用したことにちなみ、鹿児島の伝統工芸をふんだんに使い現代風にアレンジした「鹿児島西郷しゃつ-ゴールドステージ-」。明治維新150周年ということで、150着限定オーダー、シリアルナンバーを付けての受注販売となっています。
鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-

鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-

鹿児島の伝統工芸「大島紬」を使用した鹿児島しゃつ仕立ての礼装服となっており、胸元のクレストボタンは鹿児島の奄美大島で採れるマベ貝を加工したもの。
クレストボタン

クレストボタン

薩摩ボタンが使用されている

薩摩ボタンが使用されている

またカフリンクには、『薩摩志史』絵付け師・室田志保さんが一つずつ細かい手作業で創り上げられる伝統工芸品の薩摩ボタン「敬天愛人」と「梅」の2種類が用意。「鹿児島西郷しゃつ」にはもちろん、桐箱にもシリアルナンバーが入ります。
書生スタイルのシャツ「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ホワイ...

書生スタイルのシャツ「鹿児島西郷(せご)しゃつ-ホワイトステージ-」

価格:8,532円(税込)
サイズ:M(39-82)、L(41-84)、LL(43-86)
また、明治時代の書生スタイルをイメージした「鹿児島西郷しゃつ-ホワイトステージ-」もあわせて発売。こちらの方がお求めやすい価格となっています。

どちらも、綿100%の形態安定を使用した本場大島紬使いの鹿児島しゃつ。
ネットショップ「未来シャツ物語」または、鹿児島山形屋でもご注文受付中となっています。
大河ドラマ『西郷どん』の始まりを、西郷どんスタイルで迎えてみてはいかがでしょうか。
【鹿児島西郷(せご)しゃつ-ゴールドステージ-】
価格:54,000円(税込)
サイズ:サイズオーダー(完全受注生産) ※150名限定販売

【鹿児島西郷(せご)しゃつ-ホワイトステージ-】
価格:8,532円(税込)
サイズ:M(39-82)、L(41-84)、LL(43-86)
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

明治維新の立役者、西郷隆盛に関する史料で紹介する通年特別展「大西郷展」が、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」(京都府)で開催されています。3月18日(日)までの第1期は「西郷隆盛と薩摩藩」と題し、西郷が京都で活躍した時代や西南戦争の模様を約100点の史料で紹介。幕末ファンはもちろん、大河ドラマ「西郷どん」がより楽しめる、その見どころをご紹介します!
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第7回:西郷隆盛も尊敬!水戸藩の学者・藤田東湖ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第7回は、藤田東湖ゆかりの地・水戸。西郷隆盛が師として敬った水戸藩の学者・藤田東湖は、徳川慶喜の父・斉昭の側近としても活躍。西郷や吉田松陰だけでなく、全国の志士や大名にまで影響を与えた人物です。今回はそんな藤田東湖のルーツをご案内します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

【西郷のドタキャンで桂が激怒!?】歴史を大きく変えた世紀の盟約「薩長同盟」

慶応2年(1866)1月21日に締結された薩長同盟。当時は犬猿の仲だった薩摩と長州を、坂本龍馬らの仲立ちによって結ばれた同盟は、幕末のみならず日本の歴史においてとても大きな出来事でした。しかし、下関での会談では西郷隆盛がドタキャンして桂小五郎を怒らせるなど、なかなか大変だったようです。今回は薩長同盟締結に至るまでと、ゆかりの地をご紹介します。
第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。