過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」
2018年4月23日 更新

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (18245)

有馬新七とは?

有馬新七は、文政8年(1825)に薩摩藩伊集院郷の郷士の子として、現在の鹿児島県日置市で生まれました。父が有馬家に養子に入ったため、鹿児島城下の下加治屋町に転居します。
この郷中で、西郷隆盛や大久保利通、大山巌らと知り合い共に成長していきました。

新七は剣術に優れていただけでなく、秀才でもありました。
朱子学の一派である「崎門学」を修め、19歳で江戸に出ます。その後、安政4年(1857)には33歳にして薩摩藩邸学問所教授になりました。

ただ、彼は尊王攘夷思想が強く、薩摩藩内の尊王攘夷派である精忠組の中でも特に過激な部類に入っていました。島津久光を担いで武装蜂起を画策したため、逆に久光によって鎮圧され、そこで死を遂げることとなったのです。これが「寺田屋事件」でした。
石谷の石坂(鹿児島県鹿児島市)

石谷の石坂(鹿児島県鹿児島市)

万延元年(1860)、旧知の町田久成に招かれ、伊集院郷石谷村(鹿児島市石谷町)の奉行となった新七は、ここで青少年の教育などにあたります。
この際、悪いことをした者への罰として石坂を造らせたのですが、その一部が現存しています。
via 写真提供:鹿児島市

薩摩藩の「寺田屋事件」とは?

島津久光

島津久光

島津斉彬の死後、藩主・茂久の後見役として藩の実権を握ってい久光。
文久2年(1862)、島津久光は公武合体を進めるために京都へ上洛します。
新七ら精忠組の過激派は、関白や京都所司代を殺害し、その首を久光の元に持参して無理やり蜂起させようと画策していました。

ただ、久光には倒幕の意思はなく、かえって新七ら過激派の処遇に困っていたのです。
そして、久光は新七らの説得と抑え込みを図り、側近の薩摩藩士を寺田屋に派遣しました。しかしこの話し合いも決裂し、薩摩藩士同士の斬り合いに発展してしまったのです。

剣の達人だった新七ですが、斬り合いの中で刀が折れてしまいます。すると、相手を壁に押さえつけるなり「我がごと刺せ」と仲間に命じ、敵ごと刺し貫かれて絶命したのでした。

幕末に2つの大事件の舞台となった寺田屋(京都府京都市)

寺田屋

寺田屋

薩摩藩士の定宿となっていた船宿「寺田屋」は、今回の薩摩藩士の事件だけでなく、慶応2年(1866)に坂本龍馬暗殺未遂事件の舞台にもなりました。
当時の建物は鳥羽伏見の戦いで焼失したため、再建されています。
寺田屋にある坂本龍馬像

寺田屋にある坂本龍馬像

「寺田屋事件」といえば坂本龍馬の襲撃事件が思い浮かびますが、本来は薩摩藩士の事件のほうをさすようです。

寺田屋で死亡した9人の藩士の墓のある大黒寺(京都府京都市)

伏見寺田屋殉難九烈士之墓

伏見寺田屋殉難九烈士之墓

20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

歴史タレント・小栗さくらがナビ!大河ドラマ『西郷どん』スポットめぐり旅

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公の西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島では、各地で『西郷どん』関連施設がオープンし賑わっています。よりドラマが楽しくなる『西郷どん』関連スポットと、あわせて巡りたい西郷ゆかりの地を、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!連休や夏休みに出かけてみませんか?