戦国一波乱の人生を歩んだ女性・江ゆかりの地をめぐる
2017年11月6日 更新

戦国一波乱の人生を歩んだ女性・江ゆかりの地をめぐる

浅井長政とお市の間に生まれた浅井三姉妹の末っ子・江ほど、「波乱の人生」という言葉がぴったりな女性もいないのではないでしょうか。1626年(寛永3)11月3日、江戸城西の丸にて亡くなった江は、3度の結婚を経てようやくつかんだ穏やかな日々の中で、きっと自分がめぐってきた土地を思い返したことでしょう。今回はそんな江のゆかりの地をご紹介していきたいと思います。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

生まれてから二度目の結婚まで、城から城へ渡り歩く

江(崇源院)

江(崇源院)

養源院蔵
近江の戦国武将・浅井長政と織田信長の妹・お市の間に生まれた三姉妹の末っ子・江。1573年(天正元)8月に小谷で生まれたとされ、二度目の結婚までに数々の城を渡り歩いています。

まずは波乱の人生とともに、居城だったとされる3つの城をご紹介します。

生まれ故郷・小谷城跡(滋賀県長浜市)

小谷城 千畳敷曲輪

小谷城 千畳敷曲輪

父・浅井長政が義兄の織田信長を裏切ったことで小谷城に攻め込まれ、落城したのが1573年(天正元)、江が生まれてすぐのことでした。父の顔も知らない赤ん坊の江は、母・お市とふたりの姉・茶々と初と共に脱出、大叔父に当たる織田信次に預けられることとなります。最初から、波乱万丈だったことがわかりますね。

小谷城は、小谷山一帯の尾根や谷筋をそのまま活用した南北に長い山城です。落城後は、長浜城の建築資材とするため解体されてしまいますが、今でも大石垣が現存するなど、当時としては先進的で大規模な城であったといいます。

本丸付近までは車で行けますが、城内は山歩きになるので、歩きやすい服装、靴で出かけるのがおすすめです。今は紅葉も見頃ですよ!詳しくは以下のページをご覧ください。

幼い頃を過ごした?守山城址(愛知県名古屋市)

守山城址

守山城址

織田信次の居城は守山城でしたので、江はここで過ごしたと言われています。東西58m、南北51mの平山城だった守山城は、遡ること約40年、徳川家康の祖父・松平清康が家臣によって暗殺された(守山崩れ)地でもありました。

JR新守山駅から南に徒歩15分ほどの場所に宝勝寺があり、その裏手の高台に守山城址碑があります。城の遺構はほとんどありませんが、竹藪の中に堀があるのは確認できますよ。

母と永遠の別れをした北ノ庄城址(福井県福井市)

北ノ庄城址(柴田公園)

北ノ庄城址(柴田公園)

via 写真提供:公益社団法人福井県観光連盟
母の再婚により、三姉妹は柴田勝家が築いた北ノ庄城へ移ります。しかしここで過ごしたのはわずか1年でした。1583年(天正11)、勝家は賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉に敗れ、北ノ庄城は落城。勝家と母・お市はここで自害を選びます。

現在は、城の遺構の上に柴田公園があります。ここには、勝家やお市の像に加え、江ら三姉妹の像もありますよ。また、園内の北ノ庄城址資料館や、公園に隣接した柴田神社もぜひ訪れていただきたいです。勝家とお市が一緒に祀られています。

JR福井駅から徒歩5分とアクセス良好ですし、コンパクトに見どころが集まっているので、観光にはぴったりですね。
44 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
大和撫子なんて時代錯誤!ニッポンを牽引した強き女性たち「ニッポン銅像探訪記 第11回:女性像」

大和撫子なんて時代錯誤!ニッポンを牽引した強き女性たち「ニッポン銅像探訪記 第11回:女性像」

今回のテーマは女性像。今や男女同権が当たり前、筆者が属するメディア業界を見渡しても、前線で活躍しているのは女性が中心。向こう見ず、もとい、活発で聡明な女性スタッフに牽引されなければ、もはやコンテンツづくりなど成り立たないのではないかとさえ思います。日本史を見返しても、男社会を引っ張った女性は多くいました。男たちを先導し、時代を切り開き、さらには銅像となってリスペクトを受けるニッポンの「強き女性」たちを紹介しましょう。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

【武田軍と織田・徳川軍が激突!】革新的な戦術が勝敗を決めた「長篠の戦い」ゆかりの地

東の武田、西の織田、東西の有力大名が初めて激突した「長篠の戦い」。鉄砲を使った「三段式装填法」や、武田の騎馬軍団に対抗する「馬防柵」など、信長が考案した革新的な戦術が繰り出されたことでも有名です。その戦場となった長篠・設楽原(愛知県新城市)には、その名残が今も数多く残っています。今回は「合戦ナンバーワン」との呼び声も高い「長篠の戦い」ゆかりの地をご紹介します。
【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

北近江の戦国大名・浅井長政。織田信長の妹・お市の方を妻にもち、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の茶々・初・江三姉妹の父としても有名です。信長との戦いに敗れ、1573年(天正元)9月26日、29歳という若さで自害するも、信長は長政の武勇を認めていたと言われています。今回は浅井氏の居城となった戦国屈指の山城、小谷城を中心とした浅井長政ゆかりの地を紹介します。
武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。