【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地
2018年2月4日 更新

【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

薩摩藩島津家の分家に生まれ、藩主・島津斉彬の養女となり、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫。2008年の大河ドラマ「篤姫」では宮﨑あおいさんの演技が印象的でしたが、同じく「西郷どん」では北川景子さんが演じ、注目が集まっています。明治維新後も江戸で暮らし、徳川の女性として生きた篤姫の生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

篤姫

篤姫

幼名は一(かつ、もしくは、いち)で、のちに島津斉彬の養女となり源篤子(みなもとのあつこ)に、さらに近衛忠煕の養女となった際には藤原敬子(ふじわらのすみこ)に名を改めます。

篤姫のふるさと・薩摩

篤姫は天保6年(1836)12月19日、薩摩藩の今和泉島津家に生まれます。
島津家の分家にあたり、けして身分は高くありませんでした。幼い頃から体が丈夫で活発、周囲に気配りもできる優しい性格は、兄妹たちからも慕われていたようです。
今和泉島津家別邸跡(鹿児島県指宿市)

今和泉島津家別邸跡(鹿児島県指宿市)

篤姫には3人の兄と3人の妹がいましたが、兄3人は体が弱く、そのため現在の鹿児島県指宿市岩本にある別邸で過ごすことが多かったようです。現存するのは石垣のみですが、前に浜があり、兄をいじめられた篤姫が相手に立ち向かっていったとの逸話が残っています。
via 写真提供:指宿市

島津斉彬との運命の出会い

薩摩藩11代藩主・島津斉彬

薩摩藩11代藩主・島津斉彬

「西郷どん」では渡辺謙さんが演じ、毎週話題になっています。
嘉永3年(1850)頃、将軍家より島津家に家定の正室を迎えたいとの話がきます。
今までの正室2人が共に早逝したためですが、嘉永4年(1851)藩主となった島津斉彬は、従妹の篤姫に白羽の矢を立てました。仙巖園の磯御殿での花見の折り、篤姫を見て気に入ったともいわれています。
篤姫と島津斉彬が出会った仙巌園(鹿児島県鹿児島市)

篤姫と島津斉彬が出会った仙巌園(鹿児島県鹿児島市)

via 写真提供:鹿児島市
万治元年(1658)薩摩藩2代藩主・島津光久が築いた別邸で、島津斉彬がこよなく愛したことでも有名です。「西郷どん」でもロケ地として何度も登場していますね。
後年、斉彬はここに工業群を作り、現在は仙巌園を含む史跡・建物が「明治日本の産業革命遺産」として、世界文化遺産に登録されています。

江戸、そして大奥へ

13代将軍・徳川家定

13代将軍・徳川家定

「西郷どん」では又吉直樹さんが演じる家定。うつけなのか?うつけなふりをしたキレ者で描かれるのか?こちらも大変気になります。
嘉永6年(1853)斉彬の養女となった篤姫は江戸の薩摩藩邸に入ります。安政3年(1856)には右大臣・近衛忠煕の養女となり、同年11月に13代将軍となっていた家定に輿入れします。
ペリー来航や12代将軍家慶の死去、さらに安政の大地震が江戸の町を襲い、篤姫の輿入れはたびたび延期になりました。こんなところも波乱万丈だったんですね。

実は、この嫁入り道具を調達したのが西郷隆盛でした。婚礼行列は先頭が江戸城に着いても末尾はまだ渋谷の薩摩藩邸にいたほど、壮麗なものだったようです。
3000人もの女性がいた!江戸城の大奥

3000人もの女性がいた!江戸城の大奥

33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:仙巌園

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた薩摩藩主島津家の別邸・仙巌園。『西郷どん』にも登場した28代斉彬もこよなく愛し、篤姫も足を運んだ仙巌園は、ドラマのロケ地としても度々登場しました。桜島や錦江湾が一望できる絶景はもちろん、薩摩の歴史的史跡がいまも残る仙巌園の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんと巡ってみましょう。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じ、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。