信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催
2018年2月9日 更新

信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催

三方ヶ原の戦いで徳川家康を打ち破った後、甲斐に帰る途中で死去したと伝えられる武田信玄。諸説ある終焉地のうち、有力とされる根羽村横畑と阿智村駒場(ともに長野県下伊那郡)を訪ねるツアーが3月4日(日)に開催されます。地元の専門ガイドや住職から貴重な話が聞けるなど、信玄ファンにはたまらない特典も。地元で愛されるひな祭りも楽しめる、見どころ満載のツアー内容をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

武田信玄の終焉地を訪ねる貴重なツアー

武田信玄

武田信玄

甲斐に帰る途中に亡くなったとされる信玄の終焉地は?
甲斐国の戦国大名・武田信玄。国内統一の後、上杉謙信との川中島の戦いで信濃国をほぼ領国化し、さらに、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部と、着実に領土を広げていきました。

三方ヶ原の戦いでは徳川家康を撃破。逃げる途中に家康が脱糞したというほどの強さを誇った信玄ですが、その直後に病気が悪化。甲斐に帰る途中に死去したと伝わっています。
三方ヶ原の戦い

三方ヶ原の戦い

武田信玄と山県昌景ら赤備えが描かれた浮世絵。
信玄の終焉地については諸説ありますが、有力な比定地とされるのが長野県下伊那郡にある根羽村横畑と阿智村駒場です。3月4日(日)に開催される「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」は、そのふたつを訪ねるだけでなく、地元の専門ガイドさんやご住職からもお話が聞けるという、ツアーならではの特典もあり。信玄の終焉地に迫れるとあれば、信玄ファンならずとも参加しないわけには行きませんよね。

さらに、地元で開催されているひな祭りや、長野県第1位の巨木で国の天然記念物の「月瀬の大杉」など、長野県飯田市の魅力も堪能できるお得なツアーとなっています。

信玄終焉の比定地① 根羽村横畑

信玄塚

信玄塚

武田家ゆかりの人々により建てられた宝篋印塔が大切に守られている信玄塚。
武田氏の戦略・戦術を記した軍学書『甲陽軍鑑』には、信玄の死について「(信玄は)…三河・美濃・信濃三ヶ国の間、“ねばね”の上村と申す所にて御他界」と記されています。
このことから“ねばね”は根羽、さらに、悲しんだ兵士たちが旗を横にして通ったことから、この地を「横畑(旗)」と呼ぶようになったとか。地元のガイドさんから、どんな話が聞けるのでしょうか。

信玄終焉の比定地② 阿智村駒場

長岳寺

長岳寺

信玄の終焉地として、もうひとつ有力なのがこちら。阿智村の駒場で亡くなった信玄が、長岳寺で火葬されたという説です。
こちらではご住職からお話をうかがえるほか、信玄の肖像画や信玄ゆかりの兜の前立てなどの貴重な宝物を特別に見せていただけるとか。これは見逃せません!
武田信玄肖像画

武田信玄肖像画

長岳寺所蔵の肖像画。
根羽村横畑と阿智村駒場。どちらも有力でさらに迷ってしまいそうですが、ぜひ、あなた自身の目と耳で確かめてみてはいかがでしょうか?
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

かつて武士たちは戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。合戦といえば怪我がつきもの。そんな武士たちの傷を癒やすために各国の領主たちが使わせたのが「隠し湯」といわれる温泉です。そんな隠し湯と周辺のゆかりの地をご案内いたします。
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!
大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。
「敵に塩を送った」謙信&信玄ゆかりのイベント!長野県松本市の新春伝統行事「あめ市」

「敵に塩を送った」謙信&信玄ゆかりのイベント!長野県松本市の新春伝統行事「あめ市」

長野県の旧松本藩領で年始に行われる「松本あめ市」。その起源は戦国時代、かの有名な武田信玄に上杉謙信が塩を送ったことに由来しているそうです。「塩市」から「飴市」となり、今でも松本で親しまれている「松本あめ市」が2018年も開催。その由来と見どころを紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~武田信玄・勝頼編~

老若男女問わずブームとなっている御朱印。最近では寺社オリジナルの御朱印帳が作られたり、期間限定の御朱印などもできたりと盛り上がっています。 武将にゆかりのある寺社では、家紋や旗印をあしらった朱印も多く、歴史好きにはたまらないコレクトアイテムにもなっています。そこで戦国武将を中心に、歴史人物ゆかりの寺社でいただくことができる御朱印をご紹介。今回のテーマは「武田家ゆかりの神社」です。
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

戦国武将にも筆まめな人は数々いるのですが、中でも恋文もといラブレターを残した武将がいることはご存知でしょうか?愛する人への思いは誰でも同じ。戦に明け暮れ、次の日の生死すら予測できない日々において、彼らが書き送ったラブレターはどんなものだったのでしょうか?
第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載がスタート。第1回は「桶狭間の戦い」です。織田信長が今川義元を討ち取り、天下統一への足掛かりとした合戦はどんな場所で行われたのか?信長の足跡を辿りながら、合戦の経緯とゆかりの地をご紹介します。