やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社
2018年8月8日 更新

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

井伊家の菩提寺・豪徳寺(東京都世田谷区)

豪徳寺に奉納された「招福猫児」

豪徳寺に奉納された「招福猫児」

徳川家に仕え、譜代大名の筆頭となった井伊家の菩提寺である豪徳寺。その招福殿に祀られている白猫は「招福猫児」(まねぎねこ)といわれています。
井伊直孝

井伊直孝

彦根藩2代藩主の直孝は、井伊直政の次男で「井伊の赤牛」と呼ばれていたとか。
豪徳寺の言い伝えによると、それは彦根藩2代藩主・井伊直孝が鷹狩りに出たときのこと。小さな寺の前を通りかかると、手招きする猫がおり、直孝がその寺に入ると、しばらくして豪雨が襲ったのだとか。濡れずに済んだ直孝は寺に寄進、改築して井伊家の菩提寺にし、自らの法名にちなんで豪徳寺としたそうです。
さらに寺では、猫の手招きが隆盛のきっかけになったことから「福を招き縁起がいい」として祀るようになったといいます。
招福殿の横にある「招福猫奉納所」

招福殿の横にある「招福猫奉納所」

奉納するすき間を探すのが大変なほど招福猫児がたくさんいます。
豪徳寺では願をかける時、また願が成就した時に、白猫を奉納します。そのためこのようにぎっしりと白猫が並んでいるのです。よく見かける招き猫とは異なり小判を持っていませんが、直孝と白猫の伝説を思うと当然かも知れませんね。

招き猫の発祥ともいわれ、さらにはあの「ひこにゃん」のモデルでもある「招福猫児」。井伊家藩主のお墓参りも兼ねて、ぜひ奉納してみてください。
豪徳寺 招福殿

豪徳寺 招福殿

井伊直弼ら井伊家藩主の墓もあります。

太田道灌を救った猫が祀られた自性院(東京都新宿区)

自性院の招き猫の像

自性院の招き猫の像

新青梅街道沿いの門の付近に鎮座する像。なかなか渋いお顔…。
via 撮影:ユカリノ編集部
東京都新宿区西落合にある自性院は、江戸城築城で知られる太田道灌にゆかりがある寺です。
道灌が江古田・沼袋原の合戦で道に迷ったとき、一匹の黒猫が道灌を寺に案内して危機を救ったとか。その後、見事に勝利をおさめた道灌は猫に感謝し、猫の死後に猫地蔵を作って奉納したといわれています。
太田道灌

太田道灌

鎌倉公方に仕えていた関東管領・扇谷上杉家の家宰。武将としてはもちろん、学者としても一流だったといわれています。
江戸時代にも別の猫地蔵が奉納され、この2体の猫の地蔵があることから自性院は「猫寺」とも呼ばれています。
猫地蔵は毎年2月3日の節分の日にだけ開帳され、多くの人でにぎわいます。チャンスは1日だけですが、道灌が奉納したという地蔵が気になる方はぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
43 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は上杉家ゆかりの御朱印をご紹介します。上杉家といえば上杉謙信の本拠地・春日山。そして上杉景勝の時代に移封となった米沢です。どちらも上杉家らしい、威厳と厳格が感じられる素敵な寺社が特徴的です。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。