やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社
2018年8月8日 更新

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

自性院の猫地蔵堂

自性院の猫地蔵堂

猫地蔵2体が安置された猫地蔵堂。拝みたい方は2月3日に!
via 撮影:ユカリノ編集部

毛利輝元の家臣の墓がある雲林寺(山口県萩市)

かなりインパクトのある猫仏

かなりインパクトのある猫仏

via 写真提供:萩市観光協会
こちらも「猫寺」と呼ばれ親しまれている雲林寺。そのいわれは、主君・毛利輝元の後を追って殉死した長井元房の墓があることに発しています。
元房の死を悲しんだ愛猫が49日間、墓前に寄り添い、そののち舌を噛み切って亡き主人のあとを追ったとか…これを哀れに思った僧が供養したのが始まりといわれています。
毛利輝元

毛利輝元

豊臣政権五大老の一人であり、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将となった輝元。長州藩の藩祖でもあります。
雲林寺の目玉はなんといっても木彫りの猫仏。身体の不調なところを撫でるとご利益があるのだとか。ちょっと恐れ多い気もしますが、ぜひなでてあげてください。

さらに萩といえば、近くには吉田松陰や高杉晋作など長州藩ゆかりの地もたくさんありますので、あわせてめぐってみてはいかがでしょうか。
猫グッズも充実

猫グッズも充実

猫みくじ、猫のお守り、猫の絵馬とまさに猫づくし!
via 写真提供:萩市観光協会

新田義貞らにゆかりのある南部神社(新潟県長岡市)

南部神社と狛犬ならぬ狛猫

南部神社と狛犬ならぬ狛猫

via 写真提供:栃尾観光協会
新潟県長岡市の栃尾にある南部神社は、別名・猫又権現と呼ばれる神社です。
その成り立ちは古く、源平合戦で活躍した熊野水軍の統領・田辺湛増が熊野の神領争いに敗れ、一時ここに逃れたという伝承や、こちらの修験者が新田義貞の挙兵を越後新田党に告げたという「新田触れ」の伝承が伝わっています。
新田義貞

新田義貞

鎌倉幕府を攻撃して滅亡に追い込み、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者の一人となった義貞。のちに足利尊氏と対立、敗北します。
この地域が養蚕が盛んだったことから、猫が蚕をかじるネズミ除けの神様として祀られたのだそうです。

また栃尾は、上杉謙信が14歳のときから6年間を過ごした地でもあります。ゆかりの地めぐりとあわせてぜひ、お参りください。
南部神社の狛猫

南部神社の狛猫

招き猫に通じることから、商売繁盛、運気上昇にご利益があります。
via 写真提供:栃尾観光協会
43 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は上杉家ゆかりの御朱印をご紹介します。上杉家といえば上杉謙信の本拠地・春日山。そして上杉景勝の時代に移封となった米沢です。どちらも上杉家らしい、威厳と厳格が感じられる素敵な寺社が特徴的です。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!関ヶ原の戦いでの島津の退き口、ゆるカワな猫島津の戦いぶりには家康も降参? また、猫好きの聖地・仙巌園の猫神神社では「ねこねこ日本史」×「島津四兄弟」の最愛コラボ企画も決定!
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。