【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!
2018年4月13日 更新

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。

高桐みつちよ高桐みつちよ

修験道の聖地・豊前添田

英彦山神宮の入り口

英彦山神宮の入り口

修験道の聖地・英彦山の中腹に作られている英彦山神宮への階段。
空に向かってまっすぐ伸びていて、参道脇には山伏たちが泊まっていた宿坊があります。
だんだん角度が強くなっていく仕様で、登っているだけで修行になりそうです。
神仏習合時代の名残がいろいろとあって、こちらもおもしろいのですよ。
via 高桐みつちよ
豊前添田と言ってもどこでしょうという人のほうが多いのではないでしょうか…
豊前添田の現在の地名は福岡県添田町。福岡県の中でも大分県寄りの地域で、江戸時代は小倉藩に属していました。

もう少し時代をさかのぼると、豊臣秀吉の九州征伐が始まる直前では、島津氏についた秋月氏と大友宗麟がにらみ合う最前線でもありました。
添田町にある岩石城は秋月氏の城の中でも難攻不落の堅城。切り立った岩山の城で見晴らしがよく、実に攻めにくい城です。
撮影:ユカリノ編集部 (17426)

via 撮影:ユカリノ編集部
九州征伐でこの城を攻め落としたのは、他でもない戦国最強軍師・黒田官兵衛。
官兵衛は周到な調略を行って、この堅城をたった一日で落城させます。
この後、秋月氏が撤退時に壊した益富城(嘉麻市)を一夜にして修復して米の滝を作り、秋月氏を降伏させたというエピソードに繋がります。

そして、町内にある英彦山は、古くより霊山として信仰の対象となっており、修業の場として多くの修験者たちが集まる聖地でした。
英彦山という名前は時の朝廷よりいただいたとのことですが、元の名前は日子山だったそうです。
小倉藩主となった細川忠興も、英彦山とは友好関係を築こうとしていたようで、細川家の家譜である『綿孝輯録』には入府直後の慶長6年(1601年)より英彦山の名前を見ることができます。


さて、佐々木小次郎暗殺計画の前に、佐々木小次郎はなぜ添田出身といえるのか。
その辺を考察してみましょう!

豊前の有力豪族だった佐々木氏

九州征伐の結果、九州の地は豊臣系の大名たちが治めることになるのですが、それよりも以前は、島津氏、大友氏、龍造寺氏がそれぞれ大きな存在としてあるものの、各地を小さな豪族たちが治めている状態でした。
秋月氏もそうですが、例えば大河ドラマ『軍師官兵衛』に登場した宇都宮氏は、北九州エリア最大の豪族で、現在の福岡県築上町の付近を治めていました。

佐々木氏がいつから添田にいたのかは記録に残っていないそうなのですが、少なくとも鎌倉時代頃にはいたとみられ、英彦山と縁戚関係を作って統治していました。
九州征伐後、宇都宮氏が豊臣家に反抗した豊前国人一揆では、宇都宮氏とともに蜂起し、岩石城に籠城して戦っています。
大河ドラマ『真田丸』で信濃の国人衆の動向が細やかに描かれていましたが、九州もなかなかなもんです。そりゃ官兵衛も苦労します…。

そんな佐々木氏こそ、佐々木小次郎の家柄であるというのが添田町出身説です。

【検証1】佐々木小次郎の流派

実は、佐々木小次郎という名前。本名かどうかわかっていません。
いつからか宮本武蔵と戦ったのは佐々木小次郎と言われるようになりました。

巌流島の戦いが起きたのは、慶長17年4月13日。
そこから近い、当事者がまだ生きていそうなころに書かれた資料に登場する名前は、

「巌流と名乗る兵法の達人」 「岩流兵法の師範、小次郎」

ここからわかることは、少なくとも「巌(岩)流」という兵法を使っていた剣の達人だったということ。

添田の佐々木氏が本拠とした城の名前は岩石城。
添田町の文化財専門委員長・梶谷氏の調査によると「岩流兵法伝書(英彦山高田家文書)」などに、英彦山の山伏の流派を習った人物が、自分の流派を出身地にちなんで「岩流」としたと読み取れる記述が残されているのだそうです。

はたして、これは偶然の一致なのでしょうか?

【検証2】佐々木氏から剣術指南が登用される理由

細川忠興の入府後、岩石城は国境を守る城として家老の長岡肥後守忠直が守ることになります。
ちなみにですが、巌流島の戦いとは直接関係ないと思われますが、この方、慶長11年に誅殺されてしまいます。

細川家では、統治に「手永」という行政システムを使っていました。地域の有力者を惣庄屋(地域住民の取りまとめ役)として、小さな行政区分を作るという方法です。
英彦山を含む添田の惣庄屋は佐々木氏。

この地に来たばかりの細川家が安定して統治するためには、地元有力者の協力が必要不可欠です。
英彦山で修業していた山伏は、実質的には武士と戦うだけの兵力を持っている僧兵集団のため、佐々木氏には領地運営だけでなく英彦山の対応も求められていたと思われます。

統治のために、自分たちに協力的な地元有力者を高い地位で登用することはよくあることなので、地元有力者であり、英彦山との縁が深く、山伏の剣術を使う佐々木小次郎(仮名)が剣術指南として登用されることは、十分ありえる話なのです。

ただ、こういう縁故採用って、いつか邪魔になっちゃうんですよね。

これが佐々木小次郎暗殺計画だ!

佐々木小次郎豊前添田出身説のもう一つの主題が、巌流島の戦いは「佐々木小次郎暗殺計画だったのでは?」です。

宮本武蔵も謎の多い人生を送っていますが、近年の調査により、彼は、養父の宮本無二とともに、1570年代後半ごろから九州の地にいたことが発見されています。また、関ヶ原の戦い後は黒田家に仕えていたようで、ただの浪人ではなかったようです。

巌流島の戦いの直前、武蔵は、細川家の家老、沼田延元の門司で剣術師範をしていました。一方、佐々木小次郎は藩の剣術師範。立場が違う二人、特に藩の要職にあった小次郎が、孤島まで行って決闘をしなくてならない理由があったはず。
そこを考えてみましょう。

巌流島の戦いに至る経緯は不明

 (17424)

30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高桐みつちよ

高桐みつちよ

「歴史をポップに楽しみたい!」オタクカルチャーを交えて歴史コンテンツを発信する歴女ユニット「武蔵守歴女会LLP」所属。肥後細川家と石田三成をこよなく愛する歴史ライター時々マイ甲冑武者。関ケ原町を拠点とする甲冑武者団体「関ケ原組」での活動を経て、現在は甲冑劇の脚本演出を行っている。関ケ原合戦祭り『関ケ原合戦絵巻』(2014~)、関ケ原七武将物語(2015~)脚本演出。『真田幸村の系譜(河出書房新書)』執筆協力。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

理由は佐々木小次郎の出生地にあり?巌流島の戦いに隠された真実に迫る

理由は佐々木小次郎の出生地にあり?巌流島の戦いに隠された真実に迫る

宮本武蔵と佐々木小次郎による「巌流島の決闘」。その真相は、いまだ多くの謎に包まれています。しかし佐々木小次郎ゆかりの地とされる福岡県添田町では、その出生から新たな見方が強まっています。巌流島の決闘が行われた本当の理由とは…?歴史的剣豪・佐々木小次郎の知られざる真実に迫ります。
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

日本古代史の謎のひとつ・邪馬台国の場所。それを決定づける証拠として注目されるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。奈良県にある纒向遺跡の箸墓古墳を筆頭に、今年3月に福岡県赤村で見つかった古墳らしき地形も話題になりました。さらに静岡県沼津市にあるという説も…この中に本物はある?
甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

甲冑好き必見!長政や黒田二十四騎の甲冑像も見られる「甲冑にみる江戸時代展」

福岡市博物館で平成30年4月24日(火)~6月24日(日)開催中の「甲冑にみる江戸時代展5―武士と武人の甲冑像―」。同館が収蔵する江戸時代の復古調の甲冑を中心に、黒田長政や黒田二十四騎といった福岡藩ゆかりの人物の肖像画なども多数展示。まさに甲冑好き必見の本展の見どころを、同館学芸員さんにお伺いしました。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』放送記念!全国「麒麟」スポット

2020年放送の大河ドラマ『麒麟がくる』。主人公・明智光秀の謎めいた前半生に光をあてながら、最新の研究に基づいた英傑たちが描かれるとのことで、今から楽しみな方も多いはず。そこで気になるのが、タイトルの「麒麟」ではないでしょうか。あの首の長いキリンとは違う麒麟の正体と、麒麟にまつわる全国のスポットをご紹介します。
【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

【「雷切丸」も公開中】「宗茂と誾千代」がご案内!立花家史料館とゆかりの地・柳川

戦国最強夫婦といわれる柳川藩初代藩主・立花宗茂とその妻・誾千代。彼らの歴史を今に伝える立花家史料館の公式キャラクター「宗茂と誾千代」がユカリノに登場!宗茂と誾千代、そして宗茂の愛刀の化身である雷切丸に、彼らの活動拠点である立花家を中心に、柳川の魅力をたっぷりご紹介いただきました。
山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート

山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート

2018年3月、歴史好きの方のために開催された福岡県添田町モニターツアー。英彦山神宮奉幣殿での正式参拝や、山伏体験、さらに岩石城での甲冑体験など、町の歴史的魅力を存分に体験。その模様をレポートします。
福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

山岳信仰の遺跡として高い評価を受ける英彦山。2017年には国指定史跡となり、添田町は盛り上がりをみせています。しかし、町内にある歴史遺産は英彦山だけではありません。かの有名な武将たちが奪い合った「岩石城」も見逃せませんよ!
辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

福岡市博物館で開催中の「黒田如水の文芸」展。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水の、歌人としての面に注目した企画展です。如水の辞世の句や、和歌・連歌の世界における如水とはどんな人物だったのでしょうか?気になる見どころをレポートします。