秋田美人のルーツを築いた!?「鬼義重」と呼ばれた猛将・佐竹義重ゆかりの地
2018年2月16日 更新

秋田美人のルーツを築いた!?「鬼義重」と呼ばれた猛将・佐竹義重ゆかりの地

戦国時代、多くの武将が割拠した関東地方で、常陸国(茨城県)の戦国大名・佐竹義重の存在感はずば抜けたものでした。しかし、「鬼義重」または「坂東太郎」の異名を誇った彼の生涯は、実は常陸で終焉を迎えたわけではなかったのです。秋田美人のルーツを築いたといわれる彼の生涯とゆかりの地をご紹介したいと思います。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

常陸国の戦国武将・佐竹義重

佐竹義重所用 黒塗紺糸威具足

佐竹義重所用 黒塗紺糸威具足

秋田市立佐竹史料館蔵

佐竹義重所用の甲冑。真っ先に目が行く兜の立物は、毛虫を象ったもの。後退することがない毛虫は、武士たちにとって縁起のよい虫でした。左右には鳥毛の脇立も付いた、インパクト大な甲冑です。
via 写真提供:秋田市立佐竹史料館
天文16年(1547)2月16日に誕生した佐竹義重は、16歳で家督を継ぎますが、父の急死により苦境に立たされます。そして常陸統一のため、彼は周辺勢力との熾烈な争いに身を投じることとなりました。
戦場では猛将として知られ、7人の敵を相手にしても一瞬で斬り伏せたという逸話から、「鬼義重」や「坂東太郎」という異名が付いたのです。
また、愛刀・八文字長義で敵に斬りつけると、相手は兜ごと真っ二つになり「八文字」のようになって倒れたという逸話もあるほどです。
北条氏政

北条氏政

佐竹氏の敵のひとり。北条氏康の後を継いで北条氏の勢力拡大に務めます。
当時は、南に北条氏、北には蘆名氏という強敵がおり、武力ではとても太刀打ちできない状況でもありました。そのため、義重は力に頼るだけではなく、自分の子供を養子や妻として送り込み、外交を巧みに駆使して佐竹氏の立場を固めていったのです。

伊達・北条とわたり合う

伊達政宗

伊達政宗

伊達政宗も義重には手こずった!?
蘆名氏が弱体化すると、その北に勢力を張っていた伊達政宗が南下し、義重を脅かすようになりました。そこで義重は蘆名氏らと連合軍を組み、人取橋の戦いで政宗を敗走させたのです。

ただ、南には依然として北条氏がおり、その脅威から常陸を守るため、義重は同時に2つの勢力と対峙することになったのでした。これは彼にとっては最大の危機でもありましたが、この時モノを言ったのが、早くから誼を通じていた豊臣秀吉とのパイプだったのです。

秀吉を味方につけ、常陸国統一へ

豊臣秀吉

豊臣秀吉

北条と険悪だった上杉や佐竹と、早くから手を組んでいた秀吉。
秀吉の北条征伐が始まると、義重は息子・義宣と共に早くから小田原に参陣して領土を保証してもらい、直後には秀吉の力をバックに、ついに常陸統一を成し遂げたのでした。

常陸国での居城・太田城(茨城県常陸太田市)

舞鶴城址の碑

舞鶴城址の碑

「関東七名城」のひとつでもある太田城は別名「舞鶴城」とも呼ばれていました。
佐竹氏3代・隆義が入城時に鶴が上空を飛んでいたことから「舞鶴城」とも呼ばれる太田城は、約470年間佐竹氏の居城となりました。
本丸跡は小学校となっていますが、敷地内に「舞鶴城址」の石碑があります。近くの若宮八幡宮にも「太田故城碑」があり、義重時代を偲ばせます。

佐竹氏発祥の地・佐竹寺(茨城県常陸太田市)

33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戦国最弱?だけど愛された武将・小田氏治の華麗なる戦績

戦国最弱?だけど愛された武将・小田氏治の華麗なる戦績

現在の茨城県にあたる常陸国の戦国武将・小田氏治。記録にあるだけでも20回近く戦に敗北するという最弱?ぶりながら、家臣や領民に慕われ、さらに上杉謙信や佐竹義重など自分を敗った武将より長生きしました。そんな氏治こと天庵が大好きな歴史ナビゲーター・歴史作家の長谷川ヨシテルさんが彼の華麗なる戦績を語ります!
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
神廟の再建、義元左文字の復元も…2019年は生誕500年を迎える今川義元がアツい!?

神廟の再建、義元左文字の復元も…2019年は生誕500年を迎える今川義元がアツい!?

現在の静岡市にあたる駿河国の戦国大名・今川義元。2019年に生誕500年を迎えるにあたり、地元の静岡市では「今川義元公生誕五百年祭推進委員会」を設置。来年に向けさまざまなイベントが企画されています。実は今川氏最大の勢力を誇った武将として義元を再評価しようという、戦国ファンなら見逃せない活動内容とは?
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。