アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る
2018年6月19日 更新

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『ゴールデンカムイ』とは

『ゴールデンカムイ』1〜13巻(以下続刊)

『ゴールデンカムイ』1〜13巻(以下続刊)

野田サトル著
(ヤングジャンプコミックス/集英社)
作品の舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争の兵士だった「不死身の杉元」こと杉元佐一が、網走監獄の死刑囚によって隠された埋蔵金の話を聞くところから始まります。
ある目的のために大金を欲する杉元が、アイヌの少女アシㇼパと手を組み、大自然の脅威や埋蔵金を狙う他の一味からの攻撃に立ち向かいながら手がかりを掴んでゆく、歴史エンターテイメント作品です。

丹念な時代考証に基づいた世界観は歴史ファン垂涎まちがいなし。近代の日本、北海道で名を馳せた著名人も登場し、活躍を見せてくれます。
また、アイヌ研究の第一人者を監修に迎えて緻密に描かれるアイヌ文化も大きな見所。アイヌ文化を学ぶ入門書としても優秀な作品です。

今回は作品内に登場する舞台から、アイヌ文化や明治時代の北海道がわかる施設を紹介します。

今回紹介する『ゴールデンカムイ』ゆかりの地はこちら!

・杉元らが最初に訪れる場所:小樽(北海道小樽市)
・埋蔵金の発端になった場所:博物館 網走監獄(北海道網走市)
・陸軍第七師団がわかる:北鎮記念館(北海道旭川市)
・アイヌのことがわかる:阿寒湖アイヌコタン(北海道釧路市)
・これぞ真の聖地!?:北海道開拓の村(北海道札幌市)

杉元らが最初に訪れる場所:小樽(北海道小樽市)

小樽運河

小樽運河

埋蔵金の手がかりを探しに、杉元とアシㇼパが最初に訪れる街・小樽。
アイヌ語で「砂浜の中の川」を意味する「オタルナイ」が名前の由来とされています。
江戸時代中期に松前藩が交易場を置き、以来商業都市として発展しました。
鰊御殿

鰊御殿

小樽運河を中心に鰊御殿など近代の建物が多く存在し、散策しているだけでも『ゴールデンカムイ』で描かれた時代の雰囲気が楽しめます。
建物の多くは店舗として利用されているので、食事や買い物にも困りません。
新鮮な海産物が豊富な街で、100店舗以上ものお寿司屋さんが点在しています。

埋蔵金の発端になった場所:博物館 網走監獄(北海道網走市)

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

物語の鍵となる埋蔵金の発端となった網走監獄。
現在は「博物館 網走監獄」として、当時の建物と景観そのままに、刑務所での生活を展示公開しています。庁舎や舎房、独房など、臨場感満載の景観は必見です。

舎房内には、人形で脱獄を再現するという粋?な演出も・・・。
40 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

『ゴールデンカムイ』効果で注目!夏旅にもぴったりの北海道・博物館 網走監獄

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。
夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。
戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第16回は、戊辰戦争最後の地・函館にある、榎本武揚や土方歳三たち旧幕府軍ゆかりの地をご紹介します。2019年は箱館戦争終結、そして土方歳三没後150年の年。改めてその最期の舞台を巡ってみてください。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。